ホーチミン旅行特集・ベトナム旅行|TNK&APTトラベルJAPAN

ホーチミン旅行特集。ベトナム旅行のTNKトラベルJAPAN
ホーチミンの歴史から市街の交通情報、エステやビーチの観光情報
クチトンネルツアーやメコンデルタツアーなど現地ツアー情報も満載

  • ホーチミン: 010-84-8-3920-5847
  • ハノイ: 010-84-4-3926-3594

HISTORYホーチミンの歴史

ホーチミンは、ベトナムの南部にある都市で、2009年の時点で人口600万人を超える街です。 今のホーチミンは、もともとはカンボジアの主な民族であるクメール人が住んでいました。
しかし、17世紀にベトナムでは内戦が起こり、その時逃げてきたベトナム人難民を当時のクメール王が定住を許可しました。 それから時が過ぎて、1858年のフエ王朝とフランスとの仏越戦争の敗退で、ベトナムはフランスの植民地となってしまいました。

現在のホーチミンは、当時サイゴンと呼ばれていました。 フランスの統治下にあったその時代から、ベトナムは「東洋のパリ」と呼ばれ、フランスパンなどの西洋風の食べ物が流通するようになりました。 ホーチミンでもその名残をご覧になることが出来ます。 例えば、サイゴン大教会。 1863年から1880年、まだホーチミがサイゴンと呼ばれていた時代にこちらも建てられました。その教会の前には大きなマリア像が立っており、聖母マリア教会とも呼ばれている。ホーチミンはカトリック教徒も多いらしく、日曜日のミサには入りきれないほどの人数になります。ちなみにレンガをはじめ、材料は全てフランスから運ばれてきています。

ホーチミンの歴史旅行・ツアー

世界遺産・アンコールワット・1泊2日ツアー
ツアーイメージ写真
時間
1泊2日
ランチ
昼食、夕食あり 伝統舞踊を見ながら夕食も♪
ツアー料金
457ドル~526ドル
ツアー
アジア有数の世界遺産、アンコール・ワットを日本語ガイド、プライベートカーでお楽しみください。
クチトンネル・半日ツアー
ツアーイメージ写真
時間
8:15~14:00
ランチ
なし
ツアー料金
5ドル~19ドル
ツアー
当時のトンネルの内の施設を見学

ホーチミン特集トップへ

CLIMATEホーチミンの気候

ホーチミンは1年中半袖で過ごせる熱帯地域です。乾季と雨季に分かれており、雨季にはスコールが降ることも。また、30度以上の日差しが直撃するので、日焼けや熱中症対策はしっかりとしましょう。水分はこまめにとるように心がけてください。

ホーチミン市近郊のビーチ

ムイネー・ビーチ
ムイネー・ビーチイメージ写真
交通
ホーチミンからバスで約5時間。

フーコック島と並ぶヌックマムの名産地です。ヌックマム工場見学ツアーもあるほど。また、砂丘ツアーが人気で、そこから望む夕陽は息をのむ美しさです。...more

ニャチャン・ビーチ
ニャチャン・ビーチイメージ写真
交通
ホーチミンから飛行機で約1時間。

ベトナムの代表的なビーチリゾート地。約5kmも続く白い砂浜とヤシの並木はリゾート気分いっぱいです。チェー島にある大型アミューズメントパークのヴィンパール・ランドは近年人気の観光地です。...more

フーコック島
フーコック島イメージ写真
交通
ホーチミンから飛行機で約40分。

黒コショウとヌックマムの生産地として有名です。海は青く透明度が高いので、ダイビングやシュノーケリングに最適!...more

コンダオ島
コンダオ島イメージ写真
交通
ホーチミンから飛行機で約1時間。

点在する島々はほぼ無人島で、希少な動物の棲む最後の楽園。沖にはジュゴン、イルカがいて、時期によってはウミガメの産卵も見られます。...more

ホーチミン特集トップへ

CURTUREホーチミン 旅行前に知っておきたい街の情報

チップについて

基本的に不要ですが、やはり気持ちの良いサービスを受けたら気持ちで返すのが良いでしょう。

トイレについて

ホテルやレストラン・デパート以外は、基本的に紙は備え付けられていません。
紙は流さず、近くに置いてあるゴミ箱へ捨てるようにしましょう。また、郊外の観光地のトイレはあまりきれいではないので、気になる方は抗菌ウェットティッシュ等をご持参ください。

銀行・クレジットカード

ベトコンバンク 営業時間 7:30~11:30・13:00~16:30

ベトナム国内に複数あります。ドルや日本円等、主要通貨の現金の両替、ドル・円建てのT/Cの現金化が可能です(要パスポート)。

ANZバンク 営業時間 8:00~17:00

ドルや日本円等、主要通貨の現金の両替、ドル建てのT/Cの現金化が可能(要パスポート)。24時間利用できるATMあり。

シティバンク 営業時間 8:30~16:00

米ドルの現金のみ両替可能。ドル建てのT/Cの現金化が可能(要パスポート)。シティカードを使って日本で入金し、現地でベトナムドンに換算し、引き出すことが可能。

クレジットカード

銀行で、「ビザカード」や「マスターカード」「JCBカード」のキャッシングが可能。雑貨屋やレストラン・タクシーなど利用可能なところが多いので、現金とあわせて持っていきましょう。3%の手数料がかかる。

空港からの交通

路線バスの場合

空港出口を出て、右へ進み道路を1本挟んだ所にバス乗り場があります。152番の路線バスが、空港-ベンタインバスターミナル間を運行しています。 デタム通りでも降車可能。所要約30分。6:30~18:00まで、15分間隔で運行しています。料金は3,000ドン。荷物が多いと二人分の料金を取られる場合もあります。

タクシーの場合

空港出口を出て、左側にメーター使用のタクシー乗り場があります。 市内まで約100,000ドン(約$5/2010年4月現在)。車の通行料で別途5,000ドンがかかる。所要時間は、約30分。 信用できるタクシー会社の代表例として「VINASUN TAXI」や「MAI LINH TAXI」「VINA TAXI」が挙げられます。しかし、やはりぼったくりドライバーもおりますので、最後まで気を抜かないようにしましょう! タクシーのフロントガラスや車内に4桁や3桁の数字があります。その数字が車体番号になるので、忘れ物やトラブルがあった際に覚えておくと便利。

郊外への行き方

ベンタインバスターミナル・ミエンタイバスターミナル・ミエンドンバスターミナルがホーチミンでの主要なバス乗り場です。 座席・寝台・ミニバス等様々なバスが走っています。 不安な方は、TNKトラベルでもオープンツアーバスの予約が出来るのでぜひ。

ホーチミン市の食べ物

クセがなくマイルドな味わいなので、日本人にも大人気のベトナム料理。 ベトナムと言えば生春巻きという印象が強いですが、現地の人には揚げ春巻き(チャー・ジョー)が主流なんです。 また、大人気のフォーには付け合せに生野菜がついていますが、不安な方は湯がいてもらえば一安心。

デパート・買い物

旅行者に人気のベンタイン市場は、生鮮食料品、衣料、雑貨まで何でも揃うホーチミン最大の市場です。但し、ぼったくりやスリ等の被害も多いので十分注意しましょう。また、ドンコイ通りやパスター通りも雑貨屋等が多く、お土産を買うには便利です。 食品を買いたいならグエンフエ通りにある国営百貨店へ。2階にスーパーがあるので、フォー等の乾燥麺やお菓子が売っています。

TNKトラベルでは、お得なクーポン券がついた「ドンコイ通りを歩こうMAP」を無料配布しております。デタムオフィスは、ベンタイン市場からも10分なので、お気軽にお立ち寄りください。雑貨店「KITO」店内の3Fにあるドンコイオフィスは、品川庄司さんのブログ「品川blog」で「ドンコイ通りを歩こうマップ」を紹介していただきました。

化粧品

日本製の化粧品も売っていますが、値段は一緒か割高です。シーズン遅れの化粧品ならチョロン地区にあるアンドン市場で定価の3分の1程の価格で売られています。

ホーチミン市内のエステ・スパ

センスパ - SEN SPA -
エステイメージ写真

日本人スタッフ常駐の展望スパ。眺めが最高!フェイシャルにはエスティローダーの化粧品を使用。 ...more

料金
35ドル~140ドル
ANAM QT SPA(アナムQTスパ)
エステイメージ写真

マッサージはタイ式、指圧などがあり、男性、カップルにも人気のスパ。ドンコイ通りから徒歩3分♪...more

料金
35ドル~160ドル
LAPOTHI QUAIRE SPA(ラポティケアスパ)
エステイメージ写真

自然派化粧品とハーブ治療が専門。事前の肌診断で、あなたの肌に合ったフェイシャルが受けられます。...more

料金
28ドル~50ドル

ホーチミン特集トップへ

スタッフ
デタム店
安宿、安食、バックパッカーのみなさん
ドンコイ店
雑貨、洋服、アクセサリー、ドンコイエリア宿泊の方
ハノイ店
ベトナム北部観光の拠点、ハノイにもオープン
フエ店
ベトナム中部の環境拠点 日本人スタッフ常駐