【セブお土産】ドライマンゴーだけじゃない!セブで買いたいおすすめのお土産をご紹介!

皆さんこんにちは、セブ島旅するライターの林ツイタチです。セブへご興味を持ってくださっている方々のために、セブの魅力を文章や写真で発信しています。

この記事では【セブのお土産】についてまとめました。

「セブのお土産って何があるの?」
「セブのお土産として定番なマンゴーはもう飽きたな・・・」
「他にもお土産が欲しい!」

といった方々のお役に立てる記事になっているはず!

この記事に表記されているpesoは2019年9月下旬現在1peso=2.08円で取引されています。2019年上半期は1peso=2.2円だったため両替の面で非常にお得なシーズンです。ご旅行の計画がある方は早めに渡比をオススメします!

セブのオススメのお土産3選

セブ旅行や語学留学のお土産にオススメなグッズを3つ紹介。購入することができる場所や店舗も合わせて紹介します。

誰が見てもまがい物!逆にそれが面白い!『偽物ブランド』

スタートを飾るのはまさかのフェイク、つまり偽物です。お土産をオススメする記事とは思えない出だしですが、著者としては抜群に薦めたいお土産の一つです。

こちらは日本のティーンエイジから人気を博しているブランド『LACOSTE』のロゴが刷られたポーチ。企業秘密と思われる繊細な削り出し、いかにも目の前で躍動しそうなワニのキャラクターなど、精巧に作られたポーチ、もちろんフェイクです。価格は3つで95peso。

日本でお暮らしの方々は当然ご存知かも知れませんが『LACOSTE』のポーチがこの値段で手に入ることはほぼありませんし、このスケール感のポーチは製作しておりません。

このような”マガイモノ”がセブにはたくさん販売されています。レイバンのサングラスのシールが貼られたサングラスはプラスティック製。およそ250pesoする超高級サングラスは風が強い日に目の前をかすめるカナブンの襲来からその瞳を守るのに精を出すことと思います。

つまり、その手のジョークグッズなのです。

“マガイモノ”や偽物ブランドを発掘したい方は”Park Mall”がオススメです。当モール2Fのブランド品売り場は、売られているもの全てが偽物であるとの噂があります。

著者は実際に確かめてきましたが、正直区別が付かないのが本音。Supremeのロゴが描かれたTシャツを見ても「これ本当にこの値段?」と300pesoの値札を見ながら驚いてると、その隣でルイ・ヴィトンのロゴが入ったサンダルが120pesoでadidasと肩を並べて商品棚に並んでいるのを見て現実に引き戻されます。

本場の偽物に触れてみたいかたはぜひ!Park Mallへ!

マニキュア

DSCF9304

「え?マニキュア」と思う方も多いかも知れませんが、価格面と大きさの面でオススメです。

1色あたりたったの20pesoで購入することが可能。フィリピン人は美意識が高いため様々な色が揃っています。

男性には全く必要がないマニキュアかと思いきや、僕は個人的に使いたくて買いました。ウクレレやギターのペイントに使えるからです。

そのほかにも無地の帽子やリュックサックに自分のデザインを描く際にマニキュアは便利です。

またマニキュアは非常に小さいため持ち運び便利。機内持ち込みも可能です。

ココナッツオイル

セブの2大ショッピングモールと言われているアヤラモールやSMシティでは様々なメーカーのココナッツオイルが販売されています。

SMシティ内に大規模展開されている『THE SM STORE』にはココナッツオイルだけのコーナーがあるほど、ココナッツオイルの需要の高さを伺えます。

おすすめである「COCOBODY」はオールナチュラルヴァージンココナッツオイルを手作りで抽出。仕入先はフィリピン中央のミンダナオ島。

ショップスタッフに話しかければテスターを試すことが可能。直接自分の皮膚に塗って香りや塗り心地を試すことができます。実際に試してみることができるのは嬉しいポイントです。

まとめ

「セブのお土産って何があるの?」
→色々ある!
「セブのお土産として定番なマンゴーはもう飽きたな・・・」
→色々ありますよ!
「他にもお土産が欲しい!」
→色々ありますって!

以上!ありがとうございました!