【セブ島スパまとめ】いつも頑張るあなたにご褒美を。2019年最新情報のおすすめ人気店を一挙ご紹介します。

皆さんこんにちは、セブ島旅するライターの林ツイタチです。セブの魅力を文章や写真で発信しながら生きています。

この記事はスパ特集!!!パスタじゃないよ!スパだよ!

ということで、このブログで紹介を重ねてきた数々のスパをまとめました!

紹介するのはこちらのスパです!

  • IMPERIAL SPA
  • CHEEVA SPA
  • TREE SHADE SPA
  • YOLO SPA
  • SHIMA SPA

それぞれの魅力やアクセス方法を紹介していきます!

この記事に表記されているpesoは2019年9月下旬現在1peso=2.08円で取引されています。2019年上半期は1peso=2.2円だったため両替の面で非常にお得なシーズンです。ご旅行の計画がある方は早めに渡比をオススメします!

IMPERIAL SPA

アクセス

セブ市マボロの動脈『F.カバホグストリート』のサロッサホテルの目の前。

タクシーで行き先を告げる際は「インペリアルスパ」または「サロッサホテル」でOKです。

魅力

高いクオリティとコストパフォーマンスのバランスが絶妙です。僕の印象だと、高すぎず高品質という無印良品のようなスパ。アヤラモールやITパーク周辺に滞在している旅行者の方は『IMPERIAL SPA』の利用をオススメします。

CHEEVA SPA

アクセス

セブシティ・マボロエリアに位置する『Cheeva Spa』はジプニー(03A)やBEEP(ルート2)が通るF.カバホグストリートに面しています。

タクシーでは『Cheeva Spa』で伝わる確率は3割ほど。最寄りのキャッスルピークホテルの方が認知度が高いためイイ目印です。

魅力

日本人の友人や先輩から「最高級スパ」「家族を連れてきたならここをオススメする」などの声を聞くほどのクオリティ。僕も固まったお金が手に入ったらこのスパを利用します。

TREE SHADE

アクセス

セブ市のITパークから徒歩圏内。メインのエントランスから徒歩1分です。

タクシードライバーの認知度はそれなりにある印象。『TREE SHADE』と伝えてドライバーの頭上に?マークが浮かんでいた場合は『ITパーク』と伝えましょう。マクタン島内にも『TREE SHADE』があるためご注意ください。

魅力

『TREE SHADE SPA』の魅力は24時間営業。セブ本島のほとんどのスパが深夜2時あたりでクローズしてしまうため貴重。

また、ここはスパなのか?と錯覚するほどにお土産コーナーの品揃いが多い点も魅力の一つ。セブから発つ旅行者が空港から飛び立つ前のシメでこのスパを利用している傾向が高い様子です。

またITパークから近いためアクセスも良好です。

YOLO SPA

アクセス

アヤラモール内のRustansから徒歩で5分。

・Rustansの地下1階(食材売り場)から屋外に出る
・黄色の看板が目印である「Maybank」がある道をセブンイレブンに向かって歩く
・セブンイレブンがある角を右

でYOLO SPAヘたどり着くことができます。

魅力

『YOLO SPA』の魅力は24時間営業。セブ本島のほとんどのスパが深夜2時あたりでクローズしてしまうため貴重です。

上記で紹介した「TREE SHADE SPA』は深夜の便でマクタン空港を利用する予定の客で埋まっている可能性があります。

『YOLO SPA』も深夜3時以降はアジア圏の客で混みやすい傾向にあります。ご利用の際は参考まで。

SHIMA SPA

アクセス

所在地はマリバゴエリア。「Maribago Public Beach」や「Jpark Island Resort and Waterpark,Cebu」などのリゾート地の近く。

SHIMA SPAが面している道路「M.L.クレソン・ナショナル・ハイウェイ」はマクタン島屈指の交通の動脈。ジプニーやタクシーが24時間絶えずに走っている国道のためアクセスは良好です。

魅力

この記事で取り上げるスパでは唯一のマクタン島にあるスパ。マクタン島のリゾート地にありながら最低価格が300peso/1Hであるというコスパが最大の魅力。

まとめ

  • IMPERIAL SPA
  • CHEEVA SPA
  • TREE SHADE SPA
  • YOLO SPA
  • SHIMA SPA

の5つのスパを再度紹介しました。スパ放浪記はまだまだ続きます。乞うご期待!