【一番最初に読んで欲しい】「セブ島」ってどんなところ?留学先や旅行先としてよく聞くフィリピン・セブ島の基礎知識をシンプルに解説いたします。

「セブ島」ってどんなところ?

青い海に白い砂浜、マリンスポーツにスパといったビーチリゾートだけでなく、最近では英語の語学留学先としても人気を集めているセブ島。セブ島、気になっていたけどそれってどんなところなの?というあなたにまず読んでほしい、セブ島の基礎知識を解説します。

セブ島ってどこ?

「セブ島」ってどんなところ?

セブ島(英語: Cebu Island)は、フィリピン中部のビサヤ諸島にある島。首都マニラに次ぐフィリピン第2の都市です。セブ島として多くイメージされるリゾートエリアは実はセブ島内にはなく、ほとんどがセブ州として周囲にある150もの島々。一番のリゾートエリアは国際空港があるマクタン島で、セブ島と橋で繋がっています。

時差は日本のー1時間とほとんど変わらないため、時差ボケにもなりにくいのもありがたいところ。日本からは東京(成田空港)または大阪(関西国際空港)から直行便が出ており、飛行時間は5時間前後です。

時差 「セブ島」ってどんなところ?

同じアジアのリゾート地と比較すると、タイのプーケットは日本からの直行便がなく最低1回は乗り継ぎが必要だったり、インドネシアのバリ島へは直行便がありますが、飛行時間が7時間半と長めだったりします。セブ島のように直行便があり、飛行時間も短いところは案外少ないため、気軽に行けることも人気の理由のひとつとなっています。

セブ島の気になる治安

治安 「セブ島」ってどんなところ?

セブ島の治安は、東南アジアの中でも比較的安全な方です。細い路地など通常の旅行者が行くべきではない場所には行かないなどを守っていれば危険はありません。とはいえ日本の治安とは異なりますので、スリや置き引きには十分注意が必要です。また中心地やリゾートエリアなど場所によっても異なるため、ここでは大きく2つのエリアで解説します。

・セブシティ

セブシティ 「セブ島」ってどんなところ?

その名の通り、セブの中心地。市場やレストラン、ショッピングモール、ホテルなどが集まる繁華街です。また語学学校が多く集まるのもこのエリア。セブ島に限ったことではありませんが、中心地となる魅力ある繁華街は多種多様の人々が集まる分、滞在中は十分な考慮が必要です。

特に注意したいのは携帯電話。スリだけでなく路上で電話をしている際に奪われるケースもあるため、むやみに携帯電話を手にするのは控えましょう。カフェやレストランで携帯電話をテーブルに置きっぱなしにするなども、日本ではついついやってしまいがちなので要注意。

・マクタン島

「マクタン島 セブ島」ってどんなところ?

セブ島と2本の橋で陸続きになっているマクタン島はセブ島のリゾートエリア。またセブ島の国際空港があるのもこのマクタン島です。美しいリゾート内には一流ホテルが点在し、セキュリティチェックも厳しいためリゾートエリアはセブ島内で最も安全なエリアと言えます。

しかし、リゾートエリア以外のマクタン島内はセブシティよりも発展しておらず、夜は電気もない暗い道がほとんど。リゾートエリアから出る場合は安易に歩かずにホテルでタクシーを手配してもらうか、送迎ツアーなどを利用するのが賢明です。

セブ島の気候

気候 「セブ島」ってどんなところ?
セブ島の平均気温は26.5℃。基本的にTシャツ短パンで過ごすことができます。年間通して暖かく冬でも半そでで過ごすことができるため、セブ島は1年中リゾート気分を味わえます。湿気がなくカラッとした気候であることも日本人に人気の理由。

「セブ島」ってどんなところ?

セブ島の季節は6月〜11月の雨季と12月〜5月の乾季に分かれ、乾季は比較的気温も低く雨が少ないので過ごしやすい季節です。雨季の間でも1日中雨が降るようなことはなく、ほとんどは局地的なスコールのため観光にはそれほど支障がなく、いつでもリゾートを楽しむことができます。

8月~10月は台風の時期でもありますが、沖縄と比べても上陸する確率は少なくアクティビティがキャンセルになることはあまりありません。

「セブ島」ってどんなところ?

年間で最も気温が高いのは5月。セブ島の中でも真夏と呼ばれ、最高気温は平均で33℃ほど。また、最も気温が低くなる12月から2月にかけても最低気温で23℃ほどあるため、年間を通して寒いということはありません。

平均気温 「セブ島」ってどんなところ?

ベストシーズンは12月、1月、2月。この時期は乾季のため湿気が少なく、一年で最も気温の低い時期のためとても過ごしやすくなっています。とはいえ、ショッピングモールやレストランなどの室内は冷房が強くきいている場所も多いため、羽織ものは1枚持っておいたほうが安心です。

セブ島の物価

「セブ島」ってどんなところ?

セブ島の物価は、ずばり日本より安い!2019年8月現在で 1 ペソ= 2.03円。100ペソで約200円なので、2倍にすればおよその日本円を計算できます。またフィリピンの平均月収は 9,000ペソ程度、日本円でおよそ18,000円。

セブ島の交通機関

交通機関 「セブ島」ってどんなところ?

電車がないセブ島ではタクシーやジプニーと呼ばれる乗り合いバスが現地の足となっています。タクシーは初乗り 40 ペソ=約80 円、そこから300mごとに2.5 ペソ(約5円)ずつ空港からセブシティ中心ホテルまでタクシーで300ペソ(600円)ほど。ジプニーは7ペソ(14円)/人とかなり安価です。

セブ島の食品

食品 「セブ島」ってどんなところ?

全体的に日本の3分の1程度の価格。500mlのミネラルウォーターは15ペソ(30円)ほどです。お酒も安く、350mlのビールが1本35ペソ(70円)。ただし日本製品は日本のおよそ2倍の価格になるため、インスタントラーメンや味噌汁などは日本で購入していきましょう。

セブ島のレストラン

レストラン 「セブ島」ってどんなところ?

レストランも安価な場所が多く、地元フィリピン料理のレストランなら500ペソ(1000円)でたらふく食べられます。吉野家等の日本食は同等か割高。

セブ島のマッサージ

スパ 「セブ島」ってどんなところ?

マッサージやスパは女性のみならず男性にも人気です。有名店でも1時間700ペソ(1400円)ほどで受けられ、ローカルなお店であれば1時間150ペソ(300円)なんてところも。しかしローカルになるほど衛生面は不安になってくるので要注意です。

セブ島はなぜ留学先としても選ばれるのか?

留学 「セブ島」ってどんなところ?

実はフィリピンは世界3位の英語大国。公用語がタガログ語と英語のため、ほとんどの国民は英語を話すことができます。アメリカやイギリスといったネイティブと比較するとどうなのかという意見もありますが、フィリピンでは小学校1年生(7歳)からすべての授業が英語で行われ、日本人同様に英語を学んで身に付けるため英語学習の勘所が的確です。そのため訛りが少なく、コールセンターのオペレーターは世界トップクラス。

またフィリピンにある語学学校のおよそ6割がセブ島内に集中しており、さらにその半分は日本が資本の学校ということもあり、特に今、日本人に人気が高まっています。

「セブ島」ってどんなところ?

そして先述した物価の安さから、アメリカ、イギリス、カナダ等の先進国と比べ費用を抑えられる点も人気の理由のひとつ。日帰りで行ける近隣の島も多いため、語学学校に通いながら様々なアクティビティが楽しめるのも魅力です。

観光旅行に留まらず、語学学習やビジネスの拠点としても人気のセブ島。あなたはどんなことを目的に訪れたいと思いましたか?セブ島で、ぜひ充実した時間を過ごしてくださいね。