日本でもベトナムエッグコーヒー店がOPEN! 実はハノイが発祥の地です。ハノイの美味しいエッグコーヒーカフェお教え致します!

シンチャオー!

ハノイ エッグコーヒー

ハノイ支店の中山です。最近は日差しが強くて、日焼け止めが全く効かない状態で、
どんどん色黒になっています。

今日は、そんな暑いハノイでのご旅行中に、是非一休みしたい時に、
オススメ!!甘くて美味しいベトナムコーヒーについて、紹介したいと思います。

ベトナムコーヒーについて

実は、ベトナムは世界第2位のコーヒー原産国です。
第1位がブラジル、第3位がコロンビアなどの南米の国に続いての堂々の順位ですね。
ベトナムは、コーヒー豆を栽培する上で重要な要素が全て揃っている国なんです。
コーヒー栽培に最も適していると言われている、赤道付近に位置していて、
さらには適切な雨量、適切な日照量が確保できる地理的な特徴を持っています。

特にベトナム南部の高山地域ダラットが昔からコーヒーの生産地として有名で、
実際にコーヒー農家さんを訪れることも可能です。
>>ダラットについてのリンク

【ダラットパーフェクトガイド】在住者によるおすすめを完璧にご案内! Vol.1

【ダラットパーフェクトガイド】在住者によるおすすめを完璧にご案内! Vol.2

ベトナムで最も主流の豆のタイプは「ロブスタ種」です。約90%がロブスタ種です。
最も一般的な豆「アラビカ種」はよく珈琲屋さんで使われている豆です。
ロブスタ種はストレートで飲むと癖が強くて、あまり好まれる方が少ないです。
だからこそ、ベトナムではどうやってこのコーヒーを美味しく飲むかということが
非常に工夫されてきました。

ドリップの仕方も非常にユニークです。まず初めに、カップの中にあらかじめコンデンスミルクを
入れておきます。これが、ベトナムコーヒーが甘い理由です。ベトナムコーヒー専用の、アルミまたは、
ステンレス製のフィルターを使ってドリップします。数分待って完成です。

飲み慣れるまでは、甘すぎると感じますが、慣れてくるとただのコーヒーでは味わえないベトナムコーヒーの魅力に取り憑かれるはずです。

ハノイ発世界的に注目されるエッグコーヒーについて

エッグコーヒーについて

卵をクリーム状になるまでかき混ぜてソースとしてトッピングすることで、
まるで、カスタードクリームやティラミスを飲んでいるような独特な味になる、
ハノイ発祥のコーヒーです。

発祥のキッカケは、牛乳が手に入りにくかった1946年代に、当時ハノイの5つ星ホテルで
バーテンダーをしていたグエン・ザンさんが考案したのが「エッグコーヒー」。
牛乳の代わりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使ったことが、きっかけだったのだそうです。
その独特な味に惹かれて多くのコーヒー好きがその味を求めて、ハノイにやって来ています。

そして日本でも大きく取り上げられました、2018年4月23日にはなんと、日本横浜にエッグコーヒーを作り続けて、70年のパイオニアのお店の二号店がオープンしています。
ハノイに来たら是非本店の味をお楽しみください。

作り方は実は簡単。卵黄2個、砂糖、練乳を泡立つまで掻き混ぜます。濃い目のコーヒーを用意致します。
出来上がったソースを、作っておいたホットコーヒーの上に注いで完成です。
耐熱ガラスのグラスを使えば綺麗に二層に分かれてインスタ映えするのでオススメです。
美味しくするポイントとしましては、「できるだけ濃い目のコーヒー」をご準備ください。
これが味の決め手です。

もちろん、通常タイプのエッグコーヒーも美味しいですが、最近ハノイでは、さらにアレンジを
加えたニュータイプなエッグコーヒーが続々と生まれて来ています。
その一つとして紹介したいのが、「ウィスキーエッグコーヒー」です。(冒頭の写真のコーヒーです)
味は少し苦いウィスキーの風味と、エッグコーヒーならではの甘い味が絶妙な風味を作り出しています。
まだグーグルマップにも載っていない名も無きお店ですので、ご興味がある方がいましたら、
ご案内致しますのでお問い合わせくださいませ!

個人的にはこちらもおすすめ!
エッグコーヒーの次はこれが来るぞ! 「ココナッツコーヒー」

シャーベット状にしたココナッツミルクに、濃いベトナムコーヒを上からかける、
どちらかというとスムージに近い新感覚コーヒーです。

南国らしいココナッツの濃厚な香りと、いい渋みが効いたベトナムコーヒーとの
相性が抜群です。Cong Capfeと呼ばれる、ベトナム北部発祥の
「古き良き時代の文化をテーマにした、レトロカフェ」などで飲むことができます。
街歩きに疲れた際に、飲むのがオススメです!

もちろんエッグコーヒーも飲めるおすすめのカフェ3選

Giang Cafe

住所 39 Nguyen Huu Huan Street , Hoan Kiem
言わずと知れた、エッグコーヒーのパイオニア店。
70年の歴史をもつハノイ随一の老舗。
店内は、昔ながらの歴史を感じるいい意味での古さが残るお店です。
オススメはもちろん、エッグコーヒーです。

Cong Capfe (カウゴー店)

住所 Cau go Street, Hoan Kiem
ベトナム全土で急速に展開している、
ベトナムレトロをコンセプトにした、お洒落なカフェです。
ベトナムの記念日には、スタッフさんもアオザイや伝統衣装を
着て業務をしたり、ベトナム文化を垣間見ることのできる機会も多いです。
メニューも非常に豊富で、何回でも来たい素敵なカフェです。

Coffe&Tea shop

住所 11A Ngo Bao Khanh
こちらのカフェは、カフェというよりはコーヒー豆の販売を専門でしているお店です。
もちろん入れ立てのコーヒーをお飲みいただけます。
オーナーさんがなんと、日本在住歴10年のかなりの日本通です。もちろん日本語も話せます。
そんなオーナーさんがこだわりに、こだわり抜いた厳選させたコーヒーを是非試して見てください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。コーヒー好きな貴方も、コーヒーあまり飲まない貴方も
きっと大好きになるベトナムコーヒー。美味しいお店や、お土産屋さんをお探しの際は、
弊社までお気軽にお問い合わせくださいませ。

ハノイに来た時は、ぜひ1度はエッグコーヒーをお試しください!

<その他参考記事はこちら>

ベトナムの飲み物事情。知っておきたい飲み物8選!!!

ハノイ旧市街のおすすめ隠れ家カフェ3選!


☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚
現地TNKトラベルツアー
ご予約方法はこちらをご覧ください
社員(団体)旅行・工場見学・現地企業訪問など企業様向けのパッケージツアーやご希望のカスタマイズツアーも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

① 公式WEBサイトから予約する

TNKのWEBサイトこちらから♪ (https://www.tnkjapan.com/)

② ご来店の場合(店舗住所)

               
ホーチミン 209 De Tham St., Dist. 1 Ho Chi Minh バックパカー街にあります。
ハノイ 5 Hang Chieu 東河門のすぐそば、APTトラベルオフィス内です。
ホイアン49 Phan Chau Trinh St., Hoi An インフォメーションセンター内にあります。
シェムリアップ No.15A,Mondul1 Village,Sangkat Svay Dangkum エレファントトラベル内にあります。

③ 電話のご連絡

               
ホーチミン +84-904-201-926(日本から)0120-3657-477(ベトナム国内)
ハノイ +84-915-761-905(日本から)0945-107-755(ベトナム国内)
ホイアン+84-121-760-8731(日本から)0121-760-8731(ベトナム国内)
シェムリアップ +855-60-965-835(日本から)060-965-835(カンボジア国内)

④ 各店舗直通 LINE ID Line ID

ホーチミン ID:tabiplahcmc209 ホーチミン LINE ID:tabiplahcmc209
ハノイ ID:tabiplahanoi ハノイ LINE ID:tabiplahanoi
ホイアン ID:tabiplahoian ホイアン LINE ID:tabiplahoian
シェムリアップ ID:tabiplaangkor シェムリアップ LINE ID:tabiplaangkor

⑤ 街中 無料マップを持って日本人スタッフが街中を歩いてます!

マップもらうついでにお申し込みできます(‐^▽^‐)ぜひぜひ参考にしてくださいね♪

●各支店情報!! ぜひぜひチェックしてください。(店舗ブログ)

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚

ホーチミン情報 はこちらから(旅はデタムから!!)

ハノイ情報 はこちらから (HANOI 365 DAYS)

中部(フエ/ダナン/ホイアン)情報 はこちらから (ぅ~ クーラオチャム♫)

シェムリアップ情報 はこちらから(アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!)

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚