ホーチミンTEL: 84-8-3920-4276 ハノイTEL: 84-4-3926-3594 シェムリアップTEL: 855-60-965-835 (各国からの番号) お問い合わせはこちら
menu bar

シェムリアップ(カンボジア)の危険情報 - カンボジア・シェムリアップ情報 -

シェムリアップ危険情報

『カンボジア=地雷』を思い浮かべる人も多く、よく聞かれる質問でもあります。普段生活しているエリア、もしくは通常の観光スポットであれば地雷の心配は全くありません。 ただ、治安について心配されるのは当然だと思います。シェムリアップは観光地のためか、プノンペンに比べて治安が良いと言われています。 こちらではシェムリアップで起こる危険情報について紹介します。

ひったくり・すりについて

旅行者として最も気をつけるべきであり、一番犯罪率が高いのは“ひったくり”や“すり”です。
歩行中または自転車やバイクに乗っている時に、バイクに乗った犯人に手荷物をひったくられるという事件が多発しています。犯人はもちろん金銭目的ですが、手荷物をひったくる際に被害者を突き飛ばす、もしくは引きずってまで奪い取るということもあります。
被害に遭わないようにすることが重要ですが、もし遭ってしまった場合、手荷物は諦めて自分の身を守るようにしましょう。昼・夜関係なく、人通りの少ない場所の一人歩きはなるべく避けてください。
逆に人が多い場所やレストランなどでは、すりや置き引きの被害にご注意ください。人混みではカバンを前に持つことやポケットに貴重品を入れないようにすれば、大抵は被害を防げます。 レストランやカフェなどでは、貴重品はテーブルや椅子に置かず、なるべく身につけているようにしましょう。

ひったくり・すりについて

いかさま賭博詐欺について

東南アジアで流行っている“いかさま賭博詐欺”は、シェムリアップでも被害件数も被害額も増えてきています。
手口としては、路上で声をかけられ「自分の家族に日本に住んでいた人がいる」や「日本に移住するための資料を見て欲しい」など親日家であること称し、自宅に招待してきます。
その自宅と言われる場所へ行くと数人が待機しており、「絶対に負けないポーカー(ブラックジャック)の方法があるから、一緒に儲けよう」と言われ、断る間も無くゲームが始まります。最初は勝つように仕組まれており、次第に負けが続いて現金の他に金目の物は全て取られ、最終的にはATMで現金を引き出すように脅迫されます。この他にも似たような方法が続々と増えているそうです。
初対面の人に声をかけられたら、まずは警戒しましょう。日本人は優しく、断ることが苦手というところにつけ込んだ詐欺です。もし、良い人だと感じても気を緩めてはいけません。
自宅へついて行ってしまったら逃げ出すことは難しいですし、金銭を取られるだけではなく暴行される可能性もあります。

いかさま賭博詐欺について

ゲストハウスについて

滞在先が安全とは言えません。管理が行き届いているホテルなら大丈夫かもしれませんが、ゲストハウスやユースホステルなどでドミトリールーム(相部屋)がある場合は、いろんな人が出入りする可能性があるため特に注意が必要です。
安易に荷物を置いていくのは避けましょう。少しの外出であっても、セキュリティボックスがある場合は利用した方が良いです。パソコンやスマートフォン、時計など、ちょっと置いておいた隙に取られたという話を聞きます。
カンボジアでは“盗んだ人”よりも“盗まれた人”が悪いと言われるほど、自己責任が求められます。警察もあてにならず、全く動いてくれませんので・・・。

ゲストハウスについて

警察について

シェムリアップには、通常の警察とは別にツーリストポリスがいます。特にアンコール遺跡群の周りに多く配置され、外国人旅行者の安全を守ってくれています。
旅行者が多く集まる“パブストリート”の入り口付近には、ツーリストポリスの駐在所もできました。前項でも書かれているように、通常の警察はあてになりません。
何かトラブルが起きた場合や困ったことがあれば、彼らに連絡をしましょう。
しかし、保険金詐欺目的で盗難被害届を出すという問題が多発しているため、ツーリストポリスもなかなか届出を受理してくれません(盗難届が多いと国別犯罪率統計に影響するため)。
その代わりに紛失届であればスムーズに発行してもらえますが、$10~$50の支払いを命じられるそうです。

悪徳警察について

ドラッグについて

シェムリアップ市街を歩いていると「マリファナ?」や「コカイン?」などと声をかけてくるトゥクトゥクドライバーがたくさんいます。
日本では関わることのないドラッグも、世界各国のバックパッカーが多く集まるシェムリアップでは簡単に手に入ってしまいます。 しかしカンボジアのドラッグに対する法律は厳しく、罪も重いです。ドラッグの売買、所持、配達など使用に関する法律に反した者は、2年~5年の禁固刑と400万?1000万リエル($1000?$2500)の罰金となります。
さらに悪質だとみなされた場合は、20年?30年の禁固もしくは終身刑、4000万?1億リエル($10000?$25000)の罰金です。 ドラックやドラック使用者には近寄らないことが大事です。使用者と一緒にいるというだけで同罪とみなされてしまうので注意しましょう。

ドラッグについて

TNKトラベルJAPAN その他サービス

パッケージツアー・ゴルフツアー・格安Wifiレンタル・ホームステイなど現地に密着したサービスも取りそろえています!
まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーチミン・ハノイのパッケージツアーについて
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン ゴルフツアー
格安 WIFIレンタルサービス 実施中!
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン カンボジア シェムリアップでホームスティ

現地在住スタッフがオススメするベトナム・カンボジアのお役立ち情報満載!!

人気レストラン、ローカル屋台、スパ、マッサージ、雑貨店、観光スポットなど、最新のベトナム・カンボジア情報はこちら。

ホーチミンのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ハノイのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ダナン・ホイアン・フエ(ベトナム中部)のオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
シェムリアップのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ面白ブログ
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ紹介ページ
ホーチミンブログ 旅はデタムから
ハノイブログ HANOI 365 Days
ダナン・フエ・ホイアン ベトナム中部ブログ ぅ?クーラムチャム
シェムリアップブログ 楽しく過ごすために必要な7つのこと!
back to top