ベトナムで安全なタクシー会社とは!その乗り方・注意点を徹底解説! 【ホーチミン・ハノイ・ダナン編】


皆様 こんにちは。
ハノイ支店インターン生の船橋です。

ベトナム旅行に来るとなれば、避けては通れないのが、タクシーの利用。
地下鉄や空港への列車等公共交通機関が発達していないベトナム旅行では、タクシーの利用がほぼ必須となってきます。

そこで今回は、ベトナム旅行の主要三都市で安心・安全にお乗り頂けるタクシー会社を徹底解説致します!
タクシーと聞くと高いイメージがありますが、日本と比べると非常にお安く乗車できるので、是非安心してご参考くださいませ。

まずはじめに…
残念なことに周辺の東南アジア諸国同様、ベトナムでも旅行者のぼったくり被害が多発しています…
中には安心してタクシーに乗れないという方も数多くいらっしゃるかと思います…

そんな方々もぼったくりタクシーのリスクを激減できる、ベトナムで安全なタクシー会社とその乗り方、注意点をここで解説していきます。
※ぼったくりを完全に避けることを保証するものではございませんので予めご了承下さいませ。

ベトナム タクシーの乗り方


タクシーの乗り方はいたって簡単です。
日本と同じように、道端で手を挙げていれば、タクシーが止まってくれ、乗車を促してくれます。ただ、『タクシーだ!』と思ってこの行動を取ると、悪質タクシーを捕まえてしまうことも多くあります。遠目で見るとまともそうなタクシーに見えても、近くにくると優良タクシー会社(下で説明)の装飾に似せた、いかにも胡散臭いタクシーだったなんてことはベトナムあるあるです。

そんな時におすすめなのが、ホテル・レストランの人にタクシーを呼んでもらうという方法です。

ホテル・レストラン・お土産屋さんなどのスタッフにタクシーを呼んでもらう

ぼったくりタクシーを避けるには、ぼったくりタクシーの避け方を知っている現地の人にタクシーを呼んでもらうのが、一番てっとり早いです。外国人向けのレストランやお土産屋さん、スパや3つ星以上のホテルなどのスタッフに頼めば、ほぼ100%タクシーを呼んでくれます。タクシーに乗りたい場合は、近くにあるホテルやレストランに入り、タクシーを呼んでくださいと頼んでみましょう。

ちょっとめんどくさくて、厚かましい感じがして少し嫌だ、、、という方もいらっしゃるかと思いますが、ここはベトナムです。嫌な顔をされることは滅多にありませんのでご安心ください。

また、誰かにタクシーを呼んでもらうときは、『〇〇タクシー呼んでください!』とタクシー会社を指定するのがおすすめです。ベトナムは日本と同じく、各地域によってタクシー会社が全然違います。
下でおすすめのタクシー会社を紹介致しますので、そのタクシーを呼んでもらうようにしましょう。

運転手とのコミュニケーション

ベトナムタクシーの運転手は、英語を話せる人が極めて少ないです。
「大教会」「オペラハウス」「~市場」などの名称を英語で伝えても、理解してもらえない。あるいは、理解したつもりで全く違う場所に連れていかれるなんてことがあります。。。
そんなベトナムのタクシーを使う際に重要になるのは住所です。
住所を伝えればほぼ間違いなく目的地に辿り着けるので、紙に住所を書いて渡すもしくは、Google Map等で住所を見せるようにしましょう。

ホーチミンのおすすめタクシー会社

ベトナム南部の都市ホーチミンでは、下のビナサンとマイリンの2社が優良タクシーとなっています。

VINASUN(ビナサン)


ビナサンタクシーは、白地のボディーにオレンジと緑色のラインが入ったタクシー会社です。
ボディーには、オレンジ色と緑色の半円の矢印が2つ、屋根の上にVINASANTAXIと看板が付いているのが目印。

ビナサンタクシーは比較的新しい車が目立つのが特徴です。
また、使用車のほとんどがトヨタ車(カムリ・フォーチュナなど)を使用しているのも妙に親近感が湧き、覚えやすいかと思います。

もちろんメーターを使ってくれ、なおかつメーター付近に顔写真やドライバー氏名などの情報もあるので比較的安心できます。
また、ビナサンタクシーのドライバーは基本的に制服を着用しています。これも安心と見極めのポイントです。

MAI LINH(マイリン)


お次は、マイリンタクシー。
ベトナムで最もわかりやすいと言われるのがこのマイリンタクシーです。
全体が緑の車体をしているので、遠くにいても一目でわかります。

なかなかタクシーの見分けがつきにくいベトナムではありがたい存在です。
こちらもドライバーの多くは制服を着用しており、安心と見極めのポイントとなります。

ただ一つ注意点があります。
エムタクシーというマイリンタクシーに似せたタクシーがホーチミンのベンタイン市場周辺にいます。
このタクシーには要注意です!ぼったくりにあう可能性が非常に高いです。
必ず乗らないようにしましょう。

引用:tripping.jpより

偽物のタクシーは白の車体を似せたものが多く、塗装にお金のかかる緑の車体はほとんどありません。
マイリンタクシーのポイントは、緑の車体と覚えることをおすすめします。

ハノイのおすすめタクシー会社

ベトナムの首都ハノイにもMAI LINH(マイリン)タクシーが走っていますが、その多くがビジネスエリアに限定され、観光地エリ(旧市街)ではなかなか見つけれない存在です。
そんな中で、ハノイのおすすめできるタクシー会社は、「Taxi Group」「ABC Taxi」の2社です。

Taxi Group

引用:http://laixetaxi.blogspot.com/より

白い車体に赤いラインと青の文字、屋根の看板にTAXIGROUPと書いてあるのが特徴のタクシー会社。
ハノイで一番車体数が多く、見つけやすいおすすめのタクシー会社です。

コンパクトな4人乗りの車からセダンカー、7人乗りの乗用車までの車種がありますが、ハノイは道が狭く4人乗りのコンパクト・セダンタイプが目立ちます。
タクシーグループもホーチミンの2つと同様に、メーター付近に顔写真と氏名があり、また制服を着用しているので安心と見極めのポイントとなります。

ABC Taxi

引用:viethich.comより

ハノイでもう一つお勧めできるタクシー会社は、こちらのABCタクシーです。
ピンクのかわいい見た目にABCタクシーと書かれているためわかりやすく、見つけやすいです。
基本的にはコンパクトタイプ・セダンタイプのもののみとなります。
何より、ABCと名前が覚えやすいので、誰かにタクシーを呼んでもらう時に簡単かと思います。

ダナンのおすすめタクシー会社

ベトナム中部最大の都市ダナンでも「VINASUN(ビナサン)」や「MAI LINH(マイリン)」が走っています。
数も多く見つけやすいので、基本的にはこの2社に乗るようにしましょう。

ただ、上記2社に合わせ、ティエンサタクシーも比較的安全ということで知られています。

ティエンサタクシー

引用:blog.vietcam-oh.comより

このタクシーは車体の黄色い塗装とても目立ちます。
マイリンタクシーと同じく、遠目からでも簡単に認識できるので、ありがたいです。

配車アプリ-Grab(グラブ)

Grabとは、マレーシアやインドネシア、タイをはじめ東南アジアで爆発的に広がっている配車アプリのことを指します。
一般的に配車アプリといえば、UBERを浮かべる方も多いと思いますが、UBERと全く同じ要領でベトナム国内主要都市で利用可能のものがこのグラブです。

タクシーを使うと、目的地を伝えるという手間やその目的地が合っているのか、メーターは大丈夫かと気にする必要があることから気疲れしてしまいますが、グラブを使えばその心配がほとんどありません。
グラブは、アプリを通じて目的地を共有し、その目的地に応じてドライバーがお客さんを選んでいるため、目的地をわざわざ伝える必要がありません。
また、料金も予め予約時に確定、表示されているので表示額以上を支払う必要がなく、ぼったくりに遭うなんてこともほぼほぼありません。

そんなグラブの使い方について紹介している動画はこちら。

①グラブのアカウントを作ります。
これはFacebookのアカウントを使うと現地の番号も必要ないのでおすすめです。

②アカウント作成を終えたらドライバーの手配です。
自分の現在地もしくは、迎えに来て欲しい場所の住所を登録、その後、目的地を登録します。
車両タイプ(バイク・4人乗り乗用車・7人乗り乗用車)とその金額を確認し、希望の配車を確定。

③近くに停車しているドライバーとマッチングします。
マッチング完了後、ドライバーの情報やピックアップ場所への到着時間が表示されます。
車両が到着したら、表示情報の車体ナンバーと実際のナンバーを照らし合わせ、乗車します。
乗車後は、目的地をもう一度聞かれる場合がありますが、その際はスマホの画面を見せましょう。

④目的地に到着後は決められた金額を支払い、下車します。
グラブはお客さんがドライバーを星の数で評価し、星の数がドライバー情報となるシステムなので、自然とドライバーの質も良くなります。
ドライバーも星が欲しくて仕方がないので、悪質行為を行うドライバーはほとんどいません。
また、タクシーと比較しても料金が安い点も含め、とてもおすすめです。

悪質なぼったくりタクシーを避けるための注意点


悪質なタクシーを避けるに、いくつか注意しなければいけないことがあります。
ここでは、その注意点に関していくつか解説していきます。

客引きしてくるタクシーには要注意!

当たり前ですが、善意で客引きをするタクシードライバーなどほとんどいません。
客引きしてくるドライバー全てを悪質なドライバーと思い込むのは違いますが、ぼったくりやトラブルに遭う可能性が高いので避けて頂くことをお勧めします。
しつこく声をかけてくるドライバーには、しっかり『NO!』と伝えましょう。

ただ、特にホーチミンでは街の至る所にマイリンタクシーなどタクシー会社が数多く待機しているタクシースタンドがあります。ドライバーとは別に、征服を着たスタッフがいる場所に関しては比較的安全です。安心できる場所でのスタッフは問題ありませんので、行先等を相談しましょう。

交渉してくるタクシーには要注意!

わざわざ交渉をして、目的地にメーターより安くつけるタクシーなどほとんど存在しません。
交渉を始めようとしたら、『NO!メーター!』という降りることをお勧めします。

※目的地が非常に遠方な場合や、雨でタクシーの需要が高い際は、交渉に妥協しなければどのタクシーにも乗車できない場合があります。ある程度の妥協点を決めて、交渉、乗車しましょう。

ボロボロのタクシーには要注意!

他のタクシーに比べ、明らかに車がボコボコに凹んでいるタクシーには乗らないことをおすすめします。
運転が下手、運転が荒い証拠です。ぼったくり以前に身の危険や事故などのトラブルに遭ってしまったら元も子もありません。

また、見るからに古いボロボロの車に乗っているドライバーは、いわゆる白タクが多いです。トラブルを避けるには、比較的新しい車のタクシーに乗ることをおすすめします。

番外編


ここからは番外編です。
ベトナムのタクシー事情をいくつか紹介していきます。

メーターの読み方

ベトナムはハイパーインフレにより、通貨の桁が日本とはまるで違います。
そのため、ベトナムでは1000ドン以下の単位は繰り上げされることが多いです。

タクシーも同じく、100ドン単位は使わず、下3桁は省略されています。
例えばタクシーメーターが12の場合は、その数に1000をかけ、12,000ドンが金額となります。

また、ややこしいことに小数点がついているパターンのメーターもあります。
この場合、小数点第1位のものが100の単位となります。
例えば、メーターの数字が88.3の場合は、この数字に1000をかけ、88,300、
1000ドン以下はほとんどの場合繰り上げとなり、この300ドンも繰り上げなので料金は89,000ドン。

繰り上げと言ってもたった1,000ドン(5円)なので、気にせず支払うのが吉です。

メーターと違う額を請求される

日本と同じですが、深夜はタクシー料金が高くなる傾向があります。
初乗りの料金がそもそも高いというパターンもあれば、メーターが少し早い、到着後メーターに+αの料金を請求されるなど様々ですが、
普通よりちょっと高い料金であれば、チップと思って気にせず払ってあげてください。
警戒感が強くなってしまうのはわかりますが、ただの深夜割増であることが多いです。

また、市内ー空港を利用する際も、メーターとは違う料金を請求されます。その理由は、空港ターミナル内への入場料です。
特に大都市の空港では車のサイズによって異なりますが、25,000ドンほどの入場料が必要となります。

雨の時はタクシーが全く捕まらない

雨季には何かと局所的な雨が多くなるベトナムですが、そのような雨天のタイミングでタクシーを捕まえるのは至難の技です。ベトナム人にタクシーを呼ぶよう頼んでも数十分くらいタクシーが来ないということはざらにあります。そういう時は根気強く我慢する、また交渉されたら妥協するしかありません。
もしくは、レストランなどお店の前で立って待ち、降りてくる人のタクシーにすぐに乗り込むという手段をおすすめします。

まとめ


色々な会社を紹介いたしましたが、残念ながらいずれも100%安全を保証できるものではございません。
安全だと言われているタクシー会社にも悪質なドライバーはいます。特にまだベトナムに慣れていない外国人旅行者を狙った、空港から市内へ向かうタクシーはそれが顕著です。

実際にベトナムに住んでいる日本人スタッフでも、空港タクシーを利用することはほとんどありません。少々割高にはなりますが、時間や安心を買うのであれば、専用車の手配が絶対的におすすめです。事前に専用車の手配をリクエストしておくことを、強くお勧めします。

弊社の空港送迎プランは以下から詳細をご確認ください。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg

 

東南アジアでは、まだまだ空港での詐欺や危険な目に合う被害が後を立ちません。 旅のスタートとなる空港で嫌な目に会いたくない方や深夜の空港で心配な方に向けて送迎サービスを提供しています。弊社では、安心できる日本語スタッフが・・・

 

以上。
ベトナムで安全なタクシー会社とは!その乗り方・注意点を徹底解説! 【ホーチミン・ハノイ・ダナン編】でした!安心・安全にタクシー利用して、より効率的で楽しいベトナム旅行をお送りください!!


☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚
現地TNKトラベルツアー
ご予約方法はこちらをご覧ください
社員(団体)旅行・工場見学・現地企業訪問など企業様向けのパッケージツアーやご希望のカスタマイズツアーも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

① 公式WEBサイトから予約する

TNKのWEBサイトこちらから♪ (https://www.tnkjapan.com/)

② ご来店の場合(店舗住所)

                               
ホーチミン 209 De Tham, Dist 1 Ho Chi Minh - バックパッカー街にあります。
ハノイ 7 Hang Chieu, Ha Noi - 東河門のすぐそば、APTトラベルオフィス内です。
ホイアン49 Phan Chau Trinh, Hoi An - インフォメーションセンター内にあります。
ダナン2F 21 Tran Quaoc Toan, Da Nang - カフェ(Gemini Coffee)の2階にあります。
シェムリアップ No.15A,Mondul1 Village,Sangkat Svay Dangkum - 旅行会社(DET)内にあります。

③ 電話のご連絡

                               
ホーチミン +84-904-201-926(日本から)0120-3657-477(ベトナム国内)
ハノイ +84-915-761-905(日本から)0945-107-755(ベトナム国内)
ホイアン+84-79-760-8731(日本から)079-760-8731(ベトナム国内)
ダナン+84-70-317-4369(日本から)070-317-4369(ベトナム国内)
シェムリアップ +855-60-965-835(日本から)060-965-835(カンボジア国内)

④ 各店舗直通 LINE ID Line ID

ホーチミン ID:tabiplahcmc209 ホーチミン LINE ID:tabiplahcmc209
ハノイ ID:tabiplahanoi ハノイ LINE ID:tabiplahanoi
ホイアン/ダナン ID:tabiplahoian ホイアン LINE ID:tabiplahoian
シェムリアップ ID:tabiplaangkor シェムリアップ LINE ID:tabiplaangkor

⑤ 各都市の街中 無料マップを持って日本人スタッフが街中を歩いてます!

マップをもらうついでにツアーお申し込みできます(‐^▽^‐)

●各支店情報!! ぜひぜひチェックしてください。(店舗ブログ)

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚

ホーチミン情報 はこちらから(旅はデタムから!!)

ハノイ情報 はこちらから (HANOI 365 DAYS)

中部(フエ/ダナン/ホイアン)情報 はこちらから (ホイアン情報発信局)

シェムリアップ情報 はこちらから(アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!)

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚