ハロン湾宿泊ボート値段を比較!値段からオススメのボートをご紹介!気になるあのクルーズ船はなぜ高い?【高級ボートからコスパが高いボート他】


自称、ハロン湾を知り尽くした男、藤原です。
最近、ハロン湾のことをブログにすることが非常に多いですが、あのボートはなぜ高いのか、対してあのボートはなんで安いのか!
話題のハロン湾宿泊ボートを料金という観点から徹底解説いたします。
 

料金比較表 (1部屋当たり)

ボート名 料金 ランク 停泊港 特徴
アテナエレガンス $278~ 4つ星 ハロン港 新造船・コスパ
アリサ $338~ 4.5つ星 ハロン港 コスパ・清潔・安定
アフロディーテ $383~ 5つ星 ハロン港 ご飯良し・スタッフ良し
モンシェリ $428~ 5つ星 ハイフォン港 コスパ・ボートでゆったり
ジンジャー $589~ 5つ星 ハイフォン港 ジャンク船・高級・ゆったり
パラダイスラグジュアリー $595~ 5つ星 ハロン港 元祖高級船・全てハイランク
バイオレット $669~ 5つ星 ハロン港 高級・少人数・大理石

今回は上記7つのボートを取り上げます!
これだけ見てみても、ボートによってだいぶ1組あたりの料金に差があるのがわかります。

料金順に上から並んでいるのですが、一番上のアテナエレガンス号から、一番下のバイオレット号まで、1組あたり$209もの差額があります。
ここに並んでいるのは、日本人のお客様にも自信を持っておすすめできるボートのみですので、
実際は1組$100程度の宿泊船もございます。

それではなぜこんなにも価格に開きがあるのか、みてみましょう。

※今回ご紹介するのは上の7つのみですが、弊社では30以上のボート取り扱いがございます。
お客様にあったボートをご相談させていただきますので、以下よりお気軽にお問い合わせください!

 

業界随一のハロン湾宿泊ボート取り扱い数を誇るTNKトラベルが、あなたの要望に合ったボートを紹介いたします。ハロン湾宿泊ボートを知り尽くしたスタッフにお任せくださいませ!お問い合わせはこちから。

 

 

ハロン湾宿泊ボートの価格差はなんなのか


ハロン湾宿泊ボートには、ホテルと同じくランクというものがございます。
実はこれらのボートはあくまで、観光業界的には宿泊施設という認識なのです。

つまり、ハロン湾宿泊ボートはハロン湾ツアーの訪問サポートがついているホテルという認識でいるとわかりやすいと思います。
もちろん、ホテルと同様に綺麗なボート、対して汚いボート・ホスピタリティ性があるボート、ホスピタリティ性がないボート・ご飯が美味しいボート、美味しくないボート、、、、、
といういうような形で本当に色々なボートがございます。

結局、ハロン湾のボート価格の軸となるのは以下です。

ボートの設備と清潔感


おそらく皆様にとって最も大事なのはこれではないでしょうか。
いくらハロン湾に行くことが目的でも、ボートそのものの設備や清潔感が整っていなければ、寝床にもしたくないですよね。
当たり前ですが、こちらの記事でオススメしているハロン湾宿泊ボートに関しては、最低限の清潔感と最低限の設備は完全にクリアしています。

設備でいうと、ボートによってはクーラーがないボート、部屋ごとにシャワールームが付いていないボート、
そもそもシャワールームが付いていない、給湯器がないボートなどなどその種類は多岐に渡ります。

ハロン湾の訪問先とアクティビティ


せっかくのハロン湾の観光、美しい場所に訪問したいのは当たり前ですよね。
僕がお客様の対応をしてきた体感としては、ハロン湾宿泊を選ぶ理由のほとんどは、
より多くのスポットをゆっくりと回りたい、という方がほとんどです。

宿泊ボートには、アクティビティにいろんな特徴がありますが、ほぼ全てのボートで行うアクティビティとそうでないものがあります。
そしてアクティビティと料金との関係性ですが、訪問先が多ければ料金が高くなる、というわけではありません。

むしろ、訪問先が比較的多くない、ゆったりしたスケジュールの方が、料金が高いです。
なぜなら、航行距離と料金に相関関係があるからです。

ボートによって異なるアクティンビティ


当たり前ですが、ボートのよって訪問する場所は違います。
ハロン湾宿泊ボートは大きく分けて3つのエリアがあります。

Ha Long Bay (青枠内)

日本人の方が聞いたことがある、95%以上のボートは本物の(?)ハロン湾をメインに伺う形になります。
ここに伺うボートの多くは、トゥアンチャウ(Tuan Chau)という島から出発いたします。

所謂、定番の観光地を抑えるのであれば、Tuan Chau島発のボートを選ぶのが圧倒的におすすめです。

Ha Long Bayの観光地

・ティートップ島・スンソット鍾乳洞・ルオン洞窟・ティエンクン鍾乳洞・闘鶏岩など…

Lang Ha Bay (黄枠内)

ランハー湾に伺う多くの宿泊船は、ハロン市の隣町、ハイフォン市はカットハイ(Cat Hai)港から出航します。
ハノイから見ると、ハロン湾よりかなり近く、片道2時間半ほどの陸路の移動となり、単純に楽です。

また、このエリアの特徴は、ボートが少ないため、とにかく静かで落ち着いています。
ボートなどででゆったり、のんびりされたい方にオススメのエリアになります。

Lang Ha Bayの観光地

・カットバ島・ピーチビーチ・病院洞窟など…

Bai Tu Long Bay (赤枠内)

バイトゥーロン湾に向かうボートのほとんどは、2泊3日プランのボートになります。
特に秀でた観光地があるわけではないですが、僻地にあるため落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。

1泊2日プランでも、このエリアに向かうことはできますが、出発地がよりバイトゥーロン湾に近い、
ホンガイからの出発となります。

>Bai Tu Long Bayの観光地

・ティエンカインソン鍾乳洞など…

上記を、踏まえ再度おさらいをすると、
航行距離が比較的短い、Ha Long Bayに伺うボートは比較的安く、
航行距離が比較的長い、Lang Ha Bay(黄枠内)・Bai TU Long Bay(赤枠内)に伺うボートが高くなる

ということでございます。

ハノイ~ハロン間 陸路の移動


2018年9月に入り、ようやくハロン市までの高速ができたことにより、さらに陸路の移動のオプションが増えました。ハロン湾までの道のりは、主に以下の4パターンに分かれます。

1. ラグジュアリー車・高速道路利用
2. ラグジュアリー車・高速道路利用なし
3. 通常のバス、もしくはバン・高速道路利用
4. 通常のバス、もしくはバン・高速道路利用なし

1から順に料金が安くなっていくことになります。
普通に考えれば、「なんで高速道路利用しないんだ!」と言いたくなるところですが、実は新しくできた高速道路、たった25kmの長さにも関わらず、めちゃくちゃに高いんです。明石海峡大橋を車で通るよりも高い料金設定になっております。

なので今でもなお、高速道路を利用しない会社があるということです。

ボートスタッフのホスピタリティ


気になるボートスタッフのホスピタリティ、当たり前ですが1部屋$100~200くらいの格安ボートにはホスピタリティのかけらもございません。安いボートには安いなりの理由がありますが、それが最も顕著となって現れるのが、スタッフの質でしょう。

高いお金を払えばいい、というわけではございませんが、これをスタッフの質を担保するのであれば、1部屋$450は用意した方がいいでしょう。もちろん弊社掲載のボートは、全て安心して乗船していただけるもののみですので、ご安心ください。

ご飯のランク


ボートによってご飯のランク・ご飯の数・量など、かなり違いがあります。コース料理を採用しているものから、ビュッフェスタイルのもの、格安のものの中にはご飯がついていないのもあります。例えば、ハロンで最も美味しいコース料理を提供している、とか噂のパラダイスエレガンス号のご飯はこんな感じです。

なんとサーモンにホタテの貝柱、キャビアまで付いてきます。率直に言って鬼ウマです。
他にも、ベトナムの有名レストランと提携しているボートや、2つ星レストランでシェフをしていた人がクルーズに同情しているボートなど、本当に色々な特色があり面白いですよ。逆に言うと、フレンチが美味しいボート、などのボートリクエストも出来ちゃうわけなんです。
 

各ボートの比較

つらつらと料金の違い、その要因について述べてきました。
では、今回紹介している7つのボートについて、比較をしていきます。
各項目に関して、5段階で評価をしていきます。あくまで紹介している7つのボートの中での相対評価です。
ハロン湾宿泊ボート全体で言えば、こちらのボートは合格点以上の質を持っているので、ご安心ください。

設備 訪問先 移動バス スタッフ質 ご飯ランク
アテナエレガンス ★★ Bai Tu Long Bay 高級×高速 ★★★ ★★★
アリサ ★★★ Ha Long Bay 高級×下道 ★★★★ ★★★
アフロディーテ Ha Long Bay 高級×下道 ★★★★★ ★★★★
モンシェリ ★★★★ Lan Ha Bay 高級×高速 ★★★ ★★★
ジンジャー ★★★★★ Lan Ha bay 普通バス×高速 ★★★★★ ★★★
パラダイスラグジュアリ ★★★★ Ha Long Bay 高級×下道 ★★★★★ ★★★★★
バイオレット ★★★★★ Ha Long Bay 普通バス×下道 ★★★★★ ★★★★★

それでは以下より、ボート毎により細やかに解説をしていきます。
スタッフの質に関しては、客観的な記述が難しいので、飛ばしていきます。
 

アテナエレガンス号

控えめに言っても、アテナエレガンス号は、今運行しているボートの中で、最もコストパフォーマンスが高いボートだと断言できます。4つ星さながらの設備に、これ以上ないほど清潔なお部屋、美味しいご飯に素晴らしいスタッフと、全ての品質に置いて間違い無いです。
それでは一つずつ解説をしていきます。

料金 設備 訪問先 移動バス スタッフ質 ご飯ランク
$278~ ★★ Bai Tu Long Bay 高級×高速 ★★★ ★★★

設備

2018年5月に公開されたばかりなので、非常に綺麗です。清潔感にはなんの心配もいらないでしょう。4階建て構造のこの船は、レストランはもちろん、バー・スパ・サウナまでも備えております。

もちろんお部屋もかなり清潔です。こちらの写真は一番スタンダードなお部屋になります。バルコニーやバスタブなしの部屋になりますが、何一つ滞在に不自由することはないでしょう。

訪問先

こちらのボートはBai Tu Long Bayに向かう、数少ないボートの1つです。比較的穏やかでのんびりした時間を過ごすことができます。主な訪問地はティエンカインソン鍾乳洞とブンビエン水上生活村跡地でのカヤッキングです。かなり航行距離が長いボートにはなりますので、そこから見ても相当コスパの良い宿泊船だと言えます。

移動バス

ラグジュアリー車仕様、尚且つ高速道路移動で超快適な陸路移動となっております。シートはふかふかで首宛てもついています。
なんでこんなに安いのかさらに不思議に思います。

ご飯ランク

コースメニューは季節によって変わるので、あれがでる!というほどの詳しいことは言えないですが、クオリティは半端じゃなく高いです。ミシュラン星つけても良いんじゃないかくらいの料理を食べることができます。

季節によっては、伊勢海老が出てきます。どれほどアテナエレガンス号がお得かご理解いただけましたでしょうか。

料金は冒頭で紹介したように、1部屋$278~です。まさに破格。
というのも、公開から1年間はプロモーション価格で提供してくれるボートが多いのです。
このアテナエレガンス号もその一つ。
藤原も普通にオススメしているボートでございます。

2018年5月に新たに運行開始した新ボート。アテナ・エレガンス号は、3つの美しいデッキと、21種類のキャビンが5つの異なるスタイルでデザインされています。

 

アリサ号

アリサ号は私藤原が、最もお客様をハロン湾に送り出しているボートでございます。
その理由は、安定している、というところです。料金はもちろん抑えめ、だけど全てにおいてハイランクという理想的なボートです。
それでは一つずつ解説をしていきます。

料金 設備 訪問先 移動バス スタッフ質 ご飯ランク
$338~ ★★★ Ha Long Bay 高級×下道 ★★★★ ★★★

設備

こちらは、2017年1月に公開されたばかりなのです。非常に綺麗なので、こちらもまた清潔感にはなんの心配もいらないでしょう。レストラン・スカイバー・スパ・スカイデッキなどを用意しております。ボート自体がかなりでかいので、ハロン湾にいてもとても目立ちます。

一番スタンダードなお部屋がこちらのジュニアスイートルームになります。このボートの良いところは、海側が一面窓となってるので、バルコニーなしでもハロン湾を部屋から楽しめちゃうところです。

訪問先


Ha Long Bayに航行するボートになります。アクティビティはオーソドックスそのものです。
カヤッキングもしくは真珠村の訪問・ティートップ島・スンソット鍾乳洞と、とにかくアクティビティが豊富です。
ハロン湾の定番を楽しむにこれ以上ないボートになります。

移動バス

ラグジュアリー車仕様で、現状は高速道路の利用はありません。
シートはふかふかで首宛てもついています。単純に見た目がかっこいいです。

ご飯ランク


コース料理となりますが、これまたクオリティが高いです。いわゆるベトナミーズフレンチの料理がたん盛りと出てきます。
お酒の種類も豊富で、気の利いたスタッフがおすすめのお酒などを教えてくれます。とにかくスタッフの質が良いので、それほど苦労することはないでしょう。

料金は冒頭で紹介したように、1部屋$338~です。これまた破格。
5つ星ながらにこの価格です。5つ星ながらも、変に気張らなくて良い、ちょうど良い高級感がアリサの魅力の一つです。

アリサ号は、2017年3月に完成したばかりの新造船となり、ハロン湾最大級の大きさを誇ります。特にお子様やご高齢のお客様などファミリーで楽しむことができるアリサ号・・・

 

アフロディーテ号


2017年度ハロン湾満足度ランキングではえある2位を獲得したボートです。とにかく気が利くボートになります。
スタッフの対応力は業界随一、お客様に楽しんでいただくことをとにかく徹底しているボートであります。
それでは一つずつ解説をしていきます。

料金 設備 訪問先 移動バス スタッフ質 ご飯ランク
$383~ ★★★ Ha Long Bay 高級×下道 ★★★★ ★★★

設備

ジャンク船をモチーフにしたボートであるアフロディーテ号は、とにかく見た目が整っておりカッコ良いです。2011年11月に公開されたボートになりますので、少々古いボートになりますが、その分スタッフが洗練されています。
左が最もスタンダードなお部屋、右がアップグレードしたバルコニー付きのお部屋です。スタンダードな部屋に関しては、少々シックなら作りなっており、おすすめはやはりバルコニー付きの部屋になります。

訪問先

訪問先はアリサ号と全く同じです。
カヤッキングもしくは真珠村の訪問・ティートップ島・スンソット鍾乳洞と、とにかくアクティビティが豊富。
やはりこちらもハロン湾の定番を楽しむにこれ以上ないボートになります。

移動バス

ラグジュアリー車仕様で、現状は高速道路の利用はありません。
ここまではアリサ号と変わらないですが、アフロディーテ号はハノイ市内であれば、ほとんどのホテルを無料お迎えエリアにしてしています。あの僻地、JW MARRIOTTにまでお迎えに上がれる数少ないボートです。

ご飯ランク


こちらのボートはご飯には相当の力を入れております。豊富な海鮮食材を用い、ミシュラン2つ星レストランクラスの食事を提供してくれます。

料金は冒頭で紹介したように、1部屋$383~です。これまた破格。
とにかくスタッフの対応力が素晴らしい。宿泊していて心地よささえ覚えてします。日本人の気持ちを理解してくれるそんな数少ないボートです。

アフロディーテ号は、愛と美を司るギリシア神話の女神アフロディーテをモチーフにした、5つ星の美しいボートです。その真っ白な船体はハロン湾のエメラルドグリーンの海に映え・・・

 

モンシェリ号

2018年2月に公開されたばかりのこの船は、とにかく清潔感に溢れ、とんでもない部屋の広さをもつボートになります。また、ハイフォン港発着のため、移動が非常に楽で、またカットバ島へ伺うことも可能です。
それでは一つずつ解説をしていきます。

料金 設備 訪問先 移動バス スタッフ質 ご飯ランク
$428~ ★★★★ Lan Ha Bay 高級×下道 ★★★ ★★★

設備

このボートはもう、とにかくでかいです。レストラン・スパ・巨大なサンデッキを持っています。

全室バルコニー・バスタブ付きのボートになります。まさにラグジュアリーボートといった具合です。部屋の大きさはなんと35㎡からと、部屋の広さもまたとんでもないです。

訪問先

Lan Ha Bayを航行するこのボートは、ハロン湾で最も大きな島であるカットバ島に訪問することができます。カットバ島には国立公園があり、またそこにはカットバラングールと呼ばれる、カットバ島固有の猿が生息してます。

そんな自然豊かなカットバ島をサイクリングしながら、洞窟病院に伺うことができます。ハロンの豊かな大地と、過去の戦争の歴史をも学ぶことができる、アクティビティの質を重視したボートでもあります。

移動バス

ラグジュアリー車仕様で、高速道路を利用します。とはいってもハイフォン発着のボートなので、新しくできたハイフォン-ハロン間の高速道路は利用しません。

ご飯ランク

スペイン系の会社が出資をしているのでスペインテイストの料理がございます。ただ基本的にはベトナム料理のコースです。やはり美味いです。

料金は冒頭で紹介したように、1部屋$428~です。1部屋あたりの料金を考えると、これまた破格。
こちらも新造船のキャンペーンということが料金に反映されています。
お得な今のうちに、ぜひモンシェリ号でハロン湾に伺ってみてください。

モンシェリクルーズは、2018年2月に完成したばかりの新造船となります。特にご高齢の夫婦、普段お忙しい在住者様カップルにオススメ・・・

 

ジンジャー号

2018年6月に公開されたばかりのこの船は、ベトナム古来のジャンク船をモチーフにしたボートです。ボートにプール付きで歴史と最新が重なり合っており、とにかく快適にボート上でも船旅を楽しむことができます。
藤原の最もお気に入りかつ、おすすめのボートがこちらです。
それでは一つずつ解説をしていきます。

料金 設備 訪問先 移動バス スタッフ質 ご飯ランク
$589~ ★★★★★ Lan Ha Bay 普通バス×下道 ★★★★★ ★★★

設備

まるで摂政にでもなった気分になれるこの部屋。まさにベトナムという雰囲気を存分に楽しむことができます。最近は綺麗さを重視するボートが増えてきていますが、こういったボートはなかなか少ないです。というよりか、あるはあるけど、おすすめできるほどの清潔感がありません。
部屋は全部屋バルコニー・バスタブ付きで、部屋の中でも十分にハロン湾を楽しむことができます。

訪問先


Lan Ha Bayを航行するこのボートは、ハロン湾で最も大きな島であるカットバ島に訪問することができます。国立自然公園近辺をメインにサイクリングを行います。サイクリングが難しいという方には電気カーも用意しているのでご安心ください。

移動バス

普通のバスやバンでの移動となりますが、ハイフォン発着のボートなので、移動時間は2時間半と短いです。

ご飯ランク

画像はありませんが、ハイランクかつハイセンスなベトナム料理を食すことができます。
ハノイ市内のそこら辺の有名なレストランより全然美味しいです。

料金は冒頭で紹介したように、1部屋$589~です。
かなり高級なボートにはなりますが、絶対にこの料金を払う価値があることを保証します。
様々な場所で高い評価を得ている、Heritage Line社のホスピタリティは、日本基準を大きく上回ってきます。
まさに唯一無二のクルーズ船がこちらのジンジャー号です。

ジンジャー号は、2018年に一新された姿が公開された最新のボートになります。最新の船ながらも、その姿はベトナムの伝統的・・・

 

パラダイス ラグジュアリー号

2008年1月に公開されたパラダイスラグジュアリー号は、ハロン湾のラグジュアリーボートを象徴する宿泊船となります。もはやパラダイスクルーズというブランドが完全に確立されているのです。とんでもない高級感があるボートではないにしても、どこかラグジュアリーかんを感じざるを得ない、洗練された宿泊船です。
それでは一つずつ解説をしていきます。

料金 設備 訪問先 移動バス スタッフ質 ご飯ランク
$595~ ★★★★ Ha Long Bay 高級車×下道 ★★★★★ ★★★★★

設備

サンデッキの画像を見るだけで、このボートがどれだけデザインセンスに優れているのかが見て取れます。そこにいるだけで気分が良くなってしまうボートがパラダイスラグジュアリー号なのです。

部屋も何も文句のつけようがありません。ふかふかのベッドに、そこにいて心地よいデザイン、ほのかに香るいい匂い、全てが気分を高めてくれます。

訪問先

訪問先はアリサ号と全く同じです。カヤッキングもしくは真珠村の訪問・ティートップ島・スンソット鍾乳洞と、とにかくアクティビティが豊富。
定番どころを抑えた、ハロン湾1回目の方でも楽しめるスケジュールとなっております。

移動バス

ラグジュアリー車仕様で、現状は高速道路の利用はありません。ですが、経験豊富なガイドが楽しい車移動へと導いてくれます。

ご飯ランク

有名ホテルでのシェフがご飯に関する指導をしています。美味しくないはずがありません。
豪華かつ、洗練されたベトナム料理をボートに乗りながら楽しむことができます。

料金は冒頭で紹介したように、1部屋$595~です。
かなり高級なボートです。ですが、とんでもなく心地の良い一生に一度のハロン湾での船旅を提供してくれるボートになります。

パラダイス号はハロン湾宿泊船ボートの中でも最も信頼・実績があるボートです。その信頼の理由は何と言ってもボートクルーのホスピ・・・

 

バイオレット号

バイオレットはこのボートの中にたった6部屋しかない、超高級ボートになります。当然ですが、たった6部屋なのでそこにいるスタッフのサポートというのは、比にならないほど手厚いものになります。
それでは一つずつ解説をしていきます。

料金 設備 訪問先 移動バス スタッフ質 ご飯ランク
$669~ ★★★★★ Ha Long Bay 普通バス×下道 ★★★★★ ★★★★★

設備

これはラウンジです。家具から伝わってくる高級感には、目を見張るものがあります。
部屋も何も文句のつけようがありません。なんとボートのあちこちに大理石が埋め込まれているという、徹底ぶり。
こんなボートは他にはありません。

訪問先

Ha Long Bayへ向かうボートになりますが、できる限りボートでの生活を楽しんでほしいという思いから、アクティビティが非常に少ないです。訪問するは水上生活村跡地とティートップ島のみとなります。移り変わるハロン湾の景色をゆっくりとボートの上から楽しむことができる、そんなボートになります。

移動バス

普通のバスやバンでの移動となります。ただいま高級車と高速道路を導入を検討している段階となります。

ご飯ランク

当たり前のように、質の高いベトナム料理が出てきます。全てが洗練されており、こんな美味しいに決まってるがな、と思わず叫びたくなります。

料金は冒頭で紹介したように、1部屋$669~です。
かなり高級なボートです。本当に落ち着いた、かつ高級感のあるボートでの船旅をしたい、そんな方におすすめです。せっかくのハロン湾の旅、ゆっくりと最高級のボートで楽しむのもありですね。

バイオレット号は、ハロン湾クルーズ船の中でも、際立ってお洒落なクラシックデザインの豪華客船です。ご夫婦での大切なお時間が欲しい・・・

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ハロン湾宿泊ボートは、様々な要素が重なり合って料金が決まってきます。
こちらを踏まえ、あなたの希望に少しでも合うボートを見つけていただければ、ただただ嬉しいです。

もちろん、これを見てもわからない!という方は、以下お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
豊富な知識を持ったスタッフが、あなたの船旅をサポートいたします。

業界随一のハロン湾宿泊ボート取り扱い数を誇るTNKトラベルが、あなたの要望に合ったボートを紹介いたします。ハロン湾宿泊ボートを知り尽くしたスタッフにお任せくださいませ!お問い合わせはこちから。

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚
現地TNKトラベルツアー
ご予約方法はこちらをご覧ください
社員(団体)旅行・工場見学・現地企業訪問など企業様向けのパッケージツアーやご希望のカスタマイズツアーも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

① 公式WEBサイトから予約する

TNKのWEBサイトこちらから♪ (https://www.tnkjapan.com/)

② ご来店の場合(店舗住所)

               
ホーチミン 209 De Tham St., Dist. 1 Ho Chi Minh バックパカー街にあります。
ハノイ 5 Hang Chieu 東河門のすぐそば、APTトラベルオフィス内です。
ホイアン49 Phan Chau Trinh St., Hoi An インフォメーションセンター内にあります。
シェムリアップ No.15A,Mondul1 Village,Sangkat Svay Dangkum エレファントトラベル内にあります。

③ 電話のご連絡

               
ホーチミン +84-904-201-926(日本から)0120-3657-477(ベトナム国内)
ハノイ +84-915-761-905(日本から)0945-107-755(ベトナム国内)
ホイアン+84-121-760-8731(日本から)0121-760-8731(ベトナム国内)
シェムリアップ +855-60-965-835(日本から)060-965-835(カンボジア国内)

④ 各店舗直通 LINE ID Line ID

ホーチミン ID:tabiplahcmc209 ホーチミン LINE ID:tabiplahcmc209
ハノイ ID:tabiplahanoi ハノイ LINE ID:tabiplahanoi
ホイアン ID:tabiplahoian ホイアン LINE ID:tabiplahoian
シェムリアップ ID:tabiplaangkor シェムリアップ LINE ID:tabiplaangkor

⑤ 街中 無料マップを持って日本人スタッフが街中を歩いてます!

マップもらうついでにお申し込みできます(‐^▽^‐)ぜひぜひ参考にしてくださいね♪

●各支店情報!! ぜひぜひチェックしてください。(店舗ブログ)

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚

ホーチミン情報 はこちらから(旅はデタムから!!)

ハノイ情報 はこちらから (HANOI 365 DAYS)

中部(フエ/ダナン/ホイアン)情報 はこちらから (ぅ~ クーラオチャム♫)

シェムリアップ情報 はこちらから(アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!)

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚