チャンアン&ホアルー遺跡ツアー体験記!歴史豊かな観光地も日本語ガイド付きで安心解説!ハノイ発オススメツアーをご紹介します!


皆さんシンチャオ!
本日は弊社の大人気ツアー「ホアルー&チャンアンツアー$96~」をご紹介します。
先日私が実際に参加してきたので、ツアー体験記と共にお届けします。
ハノイ旅行をご検討中で予定を決めていない方、必見です!

ホアルー&チャンアンとは?

当ツアーで訪問するのは「古都ホアルー」そして「チャンアン渓谷」の2か所です。
上記2か所が位置するのは、ハノイより100キロほど南下したところにあるニンビン省。
自然豊かで文化的な名所も多くあり、近年注目され始めているところです。

古都ホアルーの遺跡等のいくつかの名所をを含めた「チャンアン景観遺跡群」は2014年にユネスコの世界複合遺産に登録されました。
世界遺産は世界中に多く存在しますが、文化遺産、自然遺産の両方のユネスコの基準を満たしている世界複合遺産はまだまだ貴重なのです。ハノイ旅行へ来たからには、外せないスポットです。

古都ホアルー


ベトナムとしての最初の王朝が誕生した土地が、このホアルーです。40年後にはタンロン(今のハノイ)へ遷都されたので短い間ですが今でも当時の建築物などが残されています。長期に渡り中国の支配下にあったため、建築物にも中国の影響が多く見られます。
ホアルーのような歴史的名所は、日本語ガイド付きのツアーでの訪問がおすすめです。

チャンアン渓谷


陸のハロン湾とも呼ばれているチャンアン渓谷。
ニンビン省といえば、石灰質の奇岩が織りなす山々の景色が「まるで水墨画のようだ」と有名でもあります。
チャンアンの名前の由来は、中国の「長安」から来ているとされています。ここでも、中国の影響を大きく受けていることが分かります。
チャンアン渓谷では、その雄大な景色の中、小舟クルーズをすることができます。

クルーズのコースは3種類あり、弊社ツアーでは2.5時間で4つの洞窟と2つのお寺を巡るコースを通ります。
ニンビン省がロケ地となった映画「キングコング-髑髏島の巨神-」のセットも展示されており、途中で見学することができます。

ツアーの1日の流れ


ここで重要なツアーのスケジュールを説明します。

7:30~8:30頃 日本語ガイドがホテルまでお迎えに上がります。
その後ニンビン省へ向け出発です。
ニンビン省までは車で2時間ほど、途中で休憩がございます。
10:00頃 古都ホアルーへ到着、1時間ほど見学します。
12:00頃 タムコックのレストランでご昼食をお召し上がりいただきます。
午後 チャンアンへ移動、2.5時間のクルーズをお楽しみくださいませ。
15:00頃 クルーズ終了です。ハノイへ向け、出発です。
18:30頃 ハノイ市内へ到着、ご滞在先ホテルへお送りします。

※無料送迎範囲には限りがございます。詳細はこちらの地図をご確認ください。
地図内のピンクに塗られたエリアが送迎範囲です。

スタッフが実際に参加してきました


実際に私が参加してきましたので、そのレポートを綴っていきます。

朝のお迎え

通常は送迎範囲内にあるホテルまで、日本語ガイドがお迎えに上がります。
私の自宅は送迎範囲外となるので、弊社ハノイ支店オフィスへ7:30に集合しました。


日本語ガイドと合流、バスに乗り込み出発です。
この日は私を含めて6人の参加者で、上の写真のような16人乗りのバンでの移動でした。
ニンビン省までは、休憩を含めて2時間弱ほどです。
朝早くの集合ということもあり、バスの中で爆睡…あっという間に到着でした。

古都ホアルーで歴史を学習

午前10時頃、古都ホアルーに到着です。


立派な門がお出迎えしてくれます。
遺跡はこじんまりとしたものですが、ガイドが丁寧な説明で、歴史的に重要な遺跡だと理解できます。
建物の至る所に刻まれた漢字から、中国の雰囲気を感じることができます。


歴史にはめっきり興味のない私ですが、「どの皇帝が~」「何代目の〇〇の奥さんが~」と
ガイドさんの説明のおかげで、面白く見学することができました。

ローカルご飯をいただきます

お昼ご飯はタムコックエリアへ移動します。ほかのお客様とまじって、一緒にいただきます。


ここではなんと、ニンビン省名物のヤギ肉をいただきます。
実はヤギ肉は低脂質で栄養豊富、女性に嬉しいヘルシーフードです。苦手な人は事前にお知らせいただければ、その他のメニューに変えることも可能です。写真左手の白いものは、こちらもニンビン省名物「コムチャイ」です。
お米を揚げたおこげのようなもので、スープに浸したりそのまま食べたりします。

チャンアンで自然満喫の小舟クルーズ

昼食後は、チャンアン渓谷でクルーズです。ガイドがチケットを購入し、並んで、乗船です。


6人乗りの小舟に乗り込みます。
ベテランの現地船頭さんが漕いでくれるので安心♪
ゆらゆらと穏やかな自然の中を、ゆっくり進んでいきます。


この景色を見れば、日常の悩みやストレス、一気に吹き飛びますね。途中で洞窟やお寺がいくつかあります。


洞窟は天井スレスレ!ぶつかりそう!でぶつかりません。
そこはベテラン船頭さんの腕の見せ所ですね。ちょっと冒険のようなスリルを味わうことができます。


最後に、2.5時間も小舟を漕ぎ続けた船頭さんに一人当たり5万ドンのチップをお渡しください。

これでチャンアンの小舟クルーズは終了です。

ツアー終了です

再びバンへ乗り、ハノイ市内へ戻ります。
ご滞在先ホテルが送迎班内の場合は、ホテルまでお送りします。
混雑していない平日で、帰着時間は16:30頃でした。ツアー後にレストランやスパの予約をしても、充分に余裕です。

まとめ


ツアー料金は、お一人様$96です。
移動車、日本語ガイド、昼食、緊急時に日本人スタッフが対応できる安心サービス
がついてこの価格は、とっっっっってもお得なのではないでしょうか。

ただし2名様以上での催行のため、1名様でお申し込みの場合は2名様分の料金をいただきます。
当日ほかのご参加者様がいらっしゃる場合は、ツアー後に返金させていただきます。
「1人で参加したいけど、2倍の料金はちょっと・・・」という方は
事前にお問合せいただければ、ご希望日の参加者の有無をお知らせすることも可能です。
お気軽にお問合せくださいませ。

以上が、弊社の大人気ツアー「ホアルー&チャンアンツアー」でした!
ハノイへいらっしゃるお客様、ぜひともご検討くださいませ。


☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚
現地TNKトラベルツアー
ご予約方法はこちらをご覧ください
社員(団体)旅行・工場見学・現地企業訪問など企業様向けのパッケージツアーやご希望のカスタマイズツアーも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

① 公式WEBサイトから予約する

TNKのWEBサイトこちらから♪ (https://www.tnkjapan.com/)

② ご来店の場合(店舗住所)

                               
ホーチミン 209 De Tham, Dist 1 Ho Chi Minh - バックパッカー街にあります。
ハノイ 7 Hang Chieu, Ha Noi - 東河門のすぐそば、APTトラベルオフィス内です。
ホイアン49 Phan Chau Trinh, Hoi An - インフォメーションセンター内にあります。
ダナン2F 21 Tran Quaoc Toan, Da Nang - カフェ(Gemini Coffee)の2階にあります。
シェムリアップ No.15A,Mondul1 Village,Sangkat Svay Dangkum - 旅行会社(DET)内にあります。

③ 電話のご連絡

                               
ホーチミン +84-904-201-926(日本から)0120-3657-477(ベトナム国内)
ハノイ +84-915-761-905(日本から)0945-107-755(ベトナム国内)
ホイアン+84-79-760-8731(日本から)079-760-8731(ベトナム国内)
ダナン+84-70-317-4369(日本から)070-317-4369(ベトナム国内)
シェムリアップ +855-60-965-835(日本から)060-965-835(カンボジア国内)

④ 各店舗直通 LINE ID Line ID

ホーチミン ID:tabiplahcmc209 ホーチミン LINE ID:tabiplahcmc209
ハノイ ID:tabiplahanoi ハノイ LINE ID:tabiplahanoi
ホイアン/ダナン ID:tabiplahoian ホイアン LINE ID:tabiplahoian
シェムリアップ ID:tabiplaangkor シェムリアップ LINE ID:tabiplaangkor

⑤ 各都市の街中 無料マップを持って日本人スタッフが街中を歩いてます!

マップをもらうついでにツアーお申し込みできます(‐^▽^‐)

●各支店情報!! ぜひぜひチェックしてください。(店舗ブログ)

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚

ホーチミン情報 はこちらから(旅はデタムから!!)

ハノイ情報 はこちらから (HANOI 365 DAYS)

中部(フエ/ダナン/ホイアン)情報 はこちらから (ホイアン情報発信局)

シェムリアップ情報 はこちらから(アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!)

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚