【女子旅】ホーチミンの定番観光地クチトンネルに行ってきました!意外と楽しいクチトンネルの見どころポイントをご紹介します。

こんにちは。ホーチミン観光の中でも2大人気を誇っているのがメコンデルタのツアークチトンネルのツアーです。定番の観光地として日本人にも人気の観光地ですが、今回はそんな2つの観光地のうち、クチトンネルのツアーに参加してきたので、その様子をお伝えしていきます。

クチトンネルとは?

そもそもクチトンネルのあるクチという場所は、ベトナム戦争において難攻不落の「鉄の三角地帯」として恐れられていた場所でした。なぜそんなにもアメリカ軍に恐れられていたのか。

その一番の要因がこのクチに作られた全長200kmのトンネルでした。ベトコンと呼ばれる「南ベトナム解放民族戦線」はこのトンネルを利用した作戦でアメリカ軍から「どこにもいないけど、どこにでもいる」といわれ、ゲリラ戦において非常に優勢な戦いを繰り広げていました。

このクチトンネルはこういった作戦に利用されていただけでなく、生活の一部として居住スペースを行き来するときにも使われていました。

クチトンネルの目玉アクティビティ

そんなクチトンネルで一番のアクティビティが、実際にこのクチトンネルに入って中を歩くことができるアクティビティです。もちろん追加料金なしに誰しも体験することができます。

長さは最短で20mから。20mごとに出口があり、最も遠い場所で100mまでトンネルの中を進むことができます。現在は高さ1mほどのトンネルですが、それでも絶妙に中腰の姿勢で歩かなければならないので思ったよりも疲れてしまいます…。この高さが当時は50~60cmとうから驚きです。

もちろん人がすれ違うことができるような幅もないので、当時の人がどのようにこの中を動いていたのかを冠がるとその大変さを容易に想像することができます。

また、トンネルを歩くだけでなく、「どこにもいないけど、どこにでもいる」といわれる所以となった落ち葉に隠されたゲリラ戦に備えた実際の出入り口を体験することもできます。

こちらはトンネル内を動くものではなく、上の写真のようにトンネルの入り口から入ったり出たりするものですが、こちらも当時の様子を実際に体験できるとあって人気です。

一見するとお尻や肩のような体のでっぱり部分が引っかかりそうなほどの大きさの穴が一つ空いているだけの場所ですが、これが見た目よりも意外と大きく、少しふくよかな方でも余裕をもって入ることができていました。

自分はつっかえてしまうかも…と遠慮せずぜひ体験してほしいアクティビティの一つです。

 

それ以外にも見どころがたくさん!

もちろん、クチトンネルの見どころはこれだけではありません。このクチという場所でゲリラ戦を繰り広げるにあたり、ベトナム人は多くの知恵を武器や罠に盛り込みました。

遠隔操作で爆発させることができる地雷や、一見罠だと気づかないような罠などなど、当時使われていたものが実際に展示されています。罠の中にはお腹の下あたりがひやりとするような痛そうなものも…。苦手な方は少しご注意ください…。

敷地の奥には実弾が打てる射撃場があります。

こちらの射撃場は別料金ですが、10発で3000円ほどとリーズナブル。特に資格など必要なく、簡単なレクチャーで体験することができるので興味がある方はぜひ体験してみてくださいね。

展示の最後には、当時のベトナム人が主食としていた「キャッサバ」という芋の一種を実際に試食することができます。このっキャッサバ、今話題のタピオカの原料となっている芋なんです。

タピオカになる前のキャッサバは日本人が通常口にするようなジャガイモやサツマイモに比べて少しもちもちしており、食べるとほんのり甘かったです。

ちょっともちもちした食感だったこと以外は言われなければタピオカのタの字も想像できないものでしたが、少しの量でおなかにたまり、甘さのおかげでそのままでも美味しく食べられたので、食料が貴重な戦争中はとても重宝していたことがうかがえました。

 

クチトンネルに行くにはツアーがおすすめ!

観光客に人気なクチトンネルですが、ここを訪れる方には自力ではなくツアーで行くことをおすすめします。というのも、このクチトンネル、自力で行こうとするとバスを乗り継ぎ2時間半~3時間ほどかかってしまうのです。

これがツアーだと直接クチトンネルへと向かうことができるので1時間~1時間半ほど、約半分の時間で到着します。もちろん場所に迷ったり乗るバスに迷うことなく行くことができるのもありがたいポイント。貴重な観光の時間を大幅に節約することができます。

もう1点はガイドが着くという点です。クチトンネルの展示には、トンネルの穴からの空気穴や先ほどご紹介したトンネルの出入り口など、戦争中に見つからないことを前提として作られたものがあるので、説明がないと見落としてしまいそうになるものもあります。

もちろんガイドが一緒であればそんな心配も不要!しっかりとどういう意図で作られたものなのか、どのように使われていたのかという説明を聞きながら観光できるので満足度も格段に上がります。

ツアーの値段もリーズナブルな価格設定になっているものが多いので、クチトンネルの観光をお考えの方はぜひツアーの利用を検討してみてください!

日本語ガイド付き
料金:$35~(840,000ドン、約4,000円)/1名様

 

まとめ

今回はホーチミンの観光地の中でも特に人気の高い「クチトンネル」についてご紹介してきました。ベトナム戦争のことについての展示ということもあり暗い場所を想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、当時のベトナム人の知恵や当時の生活の様子を見たり体験することができる貴重な場所でした!

クチトンネルはどちらかというと、ベトナム戦争でこの「クチ」という場所をどのように守ったかということについて説明している場所なので、安心して訪れてくださいね。

[jvs_footer]