【神秘の世界遺産】ベトナム北部・ハロン湾の歴史と伝説。これを読めば定番のハロン湾観光がもっと楽しくなる

はじめにハノイのベストシーズンは9月からはじまる!ということで、筆者はハノイに行ってきました。もちろんハロン湾にも!はじめてのハロン湾をみて浮かんだのは、日本は宮城県の「松島」でした。2年前に行った松島の遊覧船から見た風景のスケールがすごいバージョンだ、というのが素直な感想です。

松島が好きな方は絶対に好き!松島に魅力を感じなかった方も、もっとすごいスケールのハロン湾には魅力を感じるはず!今回は、ベトナム屈指の人気観光地・ベトナムを代表する世界遺産・ベトナム国内外の人々から愛し愛される大自然が生んだ奇跡の風景「ハロン湾」の歴史と伝説をお伝えします!

1:ハロン湾にぽこぽこ浮かぶ奇岩たち

ハロン湾 晴天

ハロン湾には、43400ヘクタールの広大なエリアに2000もの奇岩が浮いています。ハロン湾の奇岩はそれぞれ動物やモノに見えるといわれていて、ベトナムドンのお札にも香炉島が描かれています。ハロン湾に奇岩がなければ、かなり殺風景になると思います。

奇岩がなければハロン湾も世界遺産登録されなかったかもしれない……。そんな奇岩たちは、どうやって今日までハロン湾に残っているかご存知ですか?

ハロン湾の奇岩は2億5千万年前に海底で生まれたとされています。重なり合った生物の死骸が1キロメートルほどの石灰の層をつくりあげ、長い年月が層を隆起させていきました。そこからさらに月日は流れ、大地が削られていったことにより現在のハロン湾の姿が生まれたのです。

ハロン湾に向かうバスからは、陸地にもハロン湾にあるような奇岩があるのを見ることができます。それもそのはず、ハロン湾の奇岩の多くは陸地にあったのですが、11-12万年前の大地の変異・地盤の沈下により海に沈んでしまったのです。いまも残る陸地の奇岩はレアな存在。平坦な土地にぽこぽこと頂上が尖った奇岩が見え始めたら、ハロン湾に近付いている合図です。

2:ハロン湾の奇岩は龍が吐いた宝石たち

ハロン湾には、ある伝説があります。その昔、中国からの侵略に困っていたベトナムを守るために龍が舞い降りたという伝説です。ハロン湾の地に舞い降りた龍の親子は、中国から来た軍勢を追い払い打ち破りました。そのときに龍が吐き出した宝石たちがハロン湾に浮かぶ奇岩である。ということです。

3:ハロン湾は「龍が舞い降りた湾」という意味

ハロン湾を漢字で書くと「下龍湾」になります。日本人には馴染みのある漢字。なんとなく意味は想像できますよね。先ほどご紹介した龍と宝石伝説が、そのままハロン湾の名前になっているのです!ベトナムには龍の石像や龍モチーフのものが多いです。伝説のいきもの龍にこだわりがあるのは何故なのか……。

筆者は気になります。舞い降りたのが「麒麟」ではなく「龍」である理由はあるのでしょうか。龍の方が強そうだから……?ちなみに、龍といえばダナンには龍モチーフの橋があります。その名も「ドラゴンブリッジ」。ダナン名物ドラゴンブリッジは時間になると火を噴くショーがありますよ!

旧正月パッケージのペプ○を飾った獅子も龍と関係があるそうですし、単におめでたいかつ人の手が及ばない奇跡を生み出す神獣だから龍なのでしょうか……。それだけ、ハロン湾の奇岩がぽこぽこ浮いている風景が神秘的ということですね!自然の神秘です。

4:おまけ:ハロン湾で外しちゃいけないティエンクン洞窟

筆者がハロン湾ツアーで楽しかったのは、ハロン湾はもちろんのこと、ティエンクン洞窟です。「天国の洞窟」とガイドさんから説明を受けて洞窟の入り口までの階段を登っているときは「鍾乳洞でしょう……」と見慣れたアレを想像してあまり期待していなかったのに、入った瞬間に自分の目が輝いたのが分かりました。

ティエンクン洞窟、良いです。どこがいいかというと、鍾乳洞なのに涼しくないところ。じめっとしていて鍾乳洞らしさがない。
四方上下を柔らかそうで滑らかな表面の白い岩にかこまれているのに、指先に触れる岩はちっとも柔らかくないところもいいです。ミルクキャンディみたいな感じです。

東京ディズ○ーシーのマーメイ○ラグーンの中の岩みたいです。すごく作り物みたいなのに、作り物ではない。オリエンタ○ランドの美術さんがすごいのか、自然がすごいのか。天国の洞窟なんて名前負けしないか若干不安だった気持ちは消えました……あれは天国です。天国もあんな感じなのでしょうか。

ティエンクン洞窟にも、奇岩と同じようにフクロウに見える穴など動物に例えられる穴があります。ベトナムの人は動物に例えるのが好きなのだなぁと思いました。ガイドさんがいるからこそ聞ける説明ですね!

おわりに

ハロン湾の岩

ベトナムといえばハロン湾!といわれるくらい有名な観光地の伝説と歴史、いかがでしたか?ハロン湾と松島を並べると双方から怒られてしまうかもしれませんが、筆者は嬉しかったです。

地球はひとつで同じような場所がたくさんあると思います。たとえば、中国の桂林やラオスにもハロン湾のような奇岩と風景があります。

その土地に生きる人々はそれぞれの奇岩と風景を見て、神秘性を感じて、伝説を語り継いでいったのですね。ハロン湾は年間を通じて楽しむことができます。龍が舞い降りて吐き出した宝石で生み出された奇岩と大自然を観に行きませんか?

[jvs_footer]