タンソンニャット空港完全ガイド【Wi-Fi・お土産・ラウンジ・タクシーなど】

ベトナム南部の空の玄関口、「タンソンニャット国際空港(英語:Tan Son Nhat International Airport ベトナム語:Sân bay quốc tế Tân Sơn Nhất)」。商業都市ホーチミンに位置する同空港は、ベトナム国内各地と連携したハブ空港として、さらに世界各国からの路線が就航するベトナム最大の国際空港となっています。

そんなタンソンニャット空港を利用する旅行者の皆さんに、施設の紹介や利用時の注意点、市内への移動方法などについて詳しく解説します。なお、空港内の地図は本記事の最後に掲載していますので、併せてご参考ください。

ホーチミンの空港といえば、タンソンニャット国際空港

ホーチミン市タンビン区にあるタンソンニャット空港は、市街地までタクシーで30分程度の便利な立地にあります。施設は国内線・国際線の2つのターミナルビルで構成され、乗客収容人数は年間1500〜1700万人の規模となり、連日旅行客で混雑しています。

ベトナム⇔日本間の直行便は、ANA・JAL・ベトナム航空・ベトジェット・ジェットスターを利用する事となり、成田空港や関西空港からは5.5~7時間程のフライトとなります。国内線はノイバイ国際空港(ハノイ)、ダナン国際空港、カムラン国際空港(ニャチャン)などへの移動に便利で、北部ハノイへは2時間弱で到着します。それでは、実際に日本からベトナムに入国するまでの流れを見てみましょう。

日本からベトナムへの入国審査、税関審査

日本からタンソンニャット空港に到着したら、入国審査に向かいます。ベトナムでは出入国カードの記入は不要で、数日間の旅行であれば有効なパスポートと出国用のEチケット控えを審査官に掲示すればOKです。

ベトナムの祝祭日前後や旅行シーズンになると、ゲート前は長蛇の列となり、通過まで1時間近くかかる事もあります。さらに遅延が多いLCCを利用する際は、滑走路からターミナルに入場するまで30分近くロストする事もあります。空港を出るまで最大で1時間半、スケジュールには十分な余裕を持って行動しましょう。

審査通過後は荷物をピックアップし、税関申告が必要な場合は申告書に記入し税関審査を受けます。申告物が無ければ、到着出口のゲートを出て入国完了です。

空港内で荷物紛失(ロストバゲージ)をした時の対処法

タンソンニャット空港に到着後、飛行機内に荷物を忘れたりキャリーケースが出てこなかったりと、荷物紛失の恐れがある場合は、近くの空港スタッフに相談しましょう。その後出口付近にある遺失物取扱所(Lost & Found Baggage)へ移動し、所定の書類に記入したら手続きはいったん終了です。

筆者は機内にスマホを忘れた際、ベトナム航空の職員さんが迅速に対応してくださり、すぐに回収する事ができました。

ベトナムドンへの両替、カードの購入

タンソンニャット空港の出口には、両替所、ATM、タクシーカウンター、通信会社やSIMカード販売業者のカウンターが並んでいます。

ここでの両替は少額に留め、手数料が安い市内に移動してから本格的に両替しましょう。SIMカードは1,000円程度から購入でき、その場で設定してもらえばすぐに利用できます。

空港発のバス・タクシーは無料WiFiを提供していない事もあるため、心配な方はSIM対応端末か海外用ポケットWiFiを持ち込みましょう。

ドンコイ通りの両替所「Eximbank 59」は、手数料が安くておすすめ。ベトナム以外にも東南アジアを周遊する方は、世界対応のSIMカードが便利。

空港のフリーWiFi、電源、トイレの利用方法

タンソンニャット空港内では、無料の空港WiFiにいつでもアクセスできます。スマホのWiFi設定をオンにして「TNS Free WiFi Express」を選択し、ログイン画面に表示される「Internet Access」のボタンを押すだけでアクセス完了。

電源はカフェや床・壁に備え付けられたコンセントを利用します。ベトナムで主流のCタイププラグは、少し力を入れると日本のコンセントでも差し込めます。

また、ホーチミンのトイレはほぼ水洗で、トイレットペーパーは流さずゴミ箱に入れるのが一般的。個室内には手動ウォシュレット用のシャワーホースが付いていますが、慣れないうちは床が水浸しになるのでご注意ください。

タンソンニャット空港での待ち合わせ場所

空港の出口付近は迎えの人々でごった返しており、ぼったくりタクシーの勧誘も多く、治安が良い環境とは言えません。蒸し暑い上にベンチは満席、空港のフリーWiFiも繋がりにくくなるため、出来れば空港内で待ち合わせしましょう。もしくは後述する国内線ターミナル前のスターバックスが快適です。

タンソンニャット空港から市内へのアクセス

タンソンニャット空港からホーチミンの市街地までは、主にバス・タクシーを利用します。バスは49番(シャトルバス)、109番(シティバス)、152番(ローカルバス)の3種類が便利で、乗車代は50~100円程、ホーチミン1区までの乗車時間は40分程度となります。

タクシーは出口を出て左に進み、タクシースタンドからさらに奥へ進むと、比較的ぼったくりが少ないとされるビナサン(VINASUN)タクシーとマイリン(MAILINH)タクシーに乗車できます。1区のホテルまでは30分程度、乗車代は概ね150.000ドン(約750円)+空港使用料10.000ドン(約50円)です。次に、ベトナムから日本に出国するまでの流れを見ていきましょう。

ホーチミン市内から空港へのアクセス

市内からタンソンニャット空港へのアクセスも同様に、バス・タクシーで向かいます。配車アプリのGrabを使っても入場できますが、空港使用料の支払いをお忘れなく。タクシーで向かう場合は、国際線・国内線ターミナルのどちらかを伝えましょう。

国際線の出国ロビーは2階、国内線は1階にそれぞれ停車します。各ターミナルは隣接しているので、降り間違えても徒歩10分程度で移動できます。国際⇔国内間を乗り継ぐという方も、スムーズに出来ると思います。

なお、ホーチミンの中心地は交通量が多く、通勤ラッシュの時間帯はタクシーが捕まらない上にバイク渋滞にも巻き込まれます。さらにスコールが重なると、最悪の場合身動きが取れなくなってしまう事も。

朝6時半~8時、夕方5時~6時半頃の乗車は極力避けて、離陸時間の2時間半~3時間前にはホテルを出るなど、時間に余裕をもって行動してください。

日本からベトナムへの出国審査、保安検査

タンソンニャット空港に到着したら、出国手続きに進みます。チェックインカウンターは英語・ベトナム語対応となりますが、流れは日本とほぼ同じですので安心してください。

但し、LCCベトジェットのプロモ・エコチケットで搭乗する場合、荷物の総重量が7kgを超えると委託手荷物手数料の支払いを求められます。お土産などで7kgをオーバーしそうな方は、事前にチケット予約画面で預け荷物(15kg~)を選択して支払っておきましょう。

その後出国審査へと進みますが、審査官から何か質問されることはほとんどありません。無事通過したら保安検査へと進み、X線検査を受けます。貴金属類は外してコートなどの上着は脱ぎ、靴も脱いだ状態でゲートを通ります。手荷物も電子機器類はトレーに出しておきましょう。未開封でもペットボトル飲料などの液体物は回収されます。

なお、入国審査と同様に、ベトナムの祝祭日及びハイシーズンは観光客で大変混雑します。さらに国内線ともなれば、手続きに不慣れな方やローカルファミリーで長蛇の列に。搭乗締め切り時間ギリギリでパニックにならないよう、空港に着いたらすぐに各種手続きを済ませましょう。

引用:https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=75562

タンソンニャット空港の免税店・お土産店

ここまで来たらひとまず安心です。後は搭乗開始時刻まで、施設内を見て回りましょう。保安検査場を出た2階が免税店・お土産店など、3階はフードコートやカフェ、マッサージスパなどを利用できます。免税店は海外の有名ブランドが出店しており、化粧品やバッグ、お酒、たばこを販売しています。

お土産店は食料品から雑貨まで、ポピュラーなベトナム土産を取り扱っていますが、免税でも元値が空港価格となっており高額です。ほとんどの商品がホーチミン市内でも購入できるため、空港での買い物は最小限に留めたいところです。

タンソンニャット空港のフードコート

エスカレーターで3階に上ると、フードコートとカフェ、マッサージスパ、小さなお土産店などが並んでいます。ちょっとした軽食からフォーを始めとするベトナム料理、日本料理も食べる事が出来ます。

座席数が多くソファー席もあるため、子連れでも快適に過ごせますが、冷房が強いので必ず長袖の羽織物を持ち込みましょう。フードコートに限らず空港内は涼しいため、上着を着ているローカルも多いです。

なお、フード類は夜10時を過ぎた頃から売り切れ始めます。深夜便に搭乗予定できちんと夕食を摂りたい方は、保安検査後すぐにフードコートへ向かいましょう。先にパン類を購入しておくのも良いと思います。

引用:https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=75562

ベトナムドンから日本円への両替

ドンから円への両替もベトナム国内で済ませておきましょう。出国エリアには両替所が点在していますが、手数料が気になる方はなるべく市内で済ませておき、両替額は最低限に収めたいもの。

日本での両替も可能ですが、ベトナムドンを取り扱う両替所はまだまだ少ないため、現地で両替するか使い切りましょう。

タンソンニャット空港のラウンジ、仮眠室、無料の休憩スペース

国際線ターミナルには、レ・サイゴンラウンジ(Le Saigonnais Lounge)、ロータスラウンジ(Lotus Lounge)、ローズラウンジ(Rose Lounge)、オーキッドラウンジ(Orchid Lounge)という4種類のラウンジがあります。

基本的にはビジネスクラスやファーストクラスの利用者などが対象ですが、オーキッドはプライオリティパスでも利用できるカジュアルなラウンジとなっています。

ラウンジを利用しない場合でも、空港内にはリラックスできる有料・無料のスペースが用意されています。26・27番ゲート付近の奥まった場所にあるSleep Zoneでは、1時間7ドル+デポジット10ドルで、個室の仮眠スペースを24時間いつでも利用できます。

もしくはSleep Zone手前にある無料の寝椅子で休む事もできますし、8・9番ゲート付近にも無料のリクライニングソファがあります。乗り継ぎや遅延などで離陸までの時間潰しに困っている方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

引用:https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=75562

ベトナムからの搭乗、離陸後の機内食について

搭乗開始時間が近づいてきたら、指定の搭乗ゲートへと向かいます。搭乗までの流れも日本とほぼ同じですが、LCCに搭乗予定の方は飲み物を購入しておきましょう。そして食べ物に関しても注意点があります。ベトジェットの機内食は5ドル(約530円)程度で、予約せず機内で注文した場合は全て現金払いとなり、クレジットカードは使えません。

さらに、ベトナム発の便はUSドルまたはベトナムドンのみ使用可能となります。現金払いが難しい方は、予め飲み物と軽食を購入しておきましょう。何事も十分なくらい準備しておいて損はありませんし、帰国まで気を抜かず、快適な空の旅を楽しめるよう努めましょう。以上がベトナムから日本へ出国するまでの流れとなります。

空港ターミナル外の商業ビルにはカフェ・レストランが密集

次は出国審査前の時間潰しに便利な、ターミナル外の施設について紹介します。国内線ターミナルの向かいには、駐車場、カフェ、レストランが一体になった商業ビルがあります。空港外での待ち合わせやチェックインまでの時間潰しに便利で、クーラーの効いた屋内の席でのんびり過ごせます。

勿論WiFiも完備しており、トイレもあります。カフェはスターバックスやハイランズコーヒー、R&B Teaの他、ベトナム料理を提供するレストランなどが入店しています。マクドナルドは24時間営業なので、深夜便や乗継便待ちをする方には心強いですね。

タンソンニャット空港の治安、タクシーのぼったくり事例

タンソンニャット空港はベトナム最大の国際空港として名高いながら、やはり安全性は日本の空港とは異なります。外務省の海外安全ホームページでは、偽タクシー・偽ドライバーのぼったくり事例を掲載していますが、毎年のようにトラブルが絶えません。

日頃から海外渡航に慣れているという方も、初めてベトナムに入国する際は注意が必要です。掲載されている事例を熟読すると共に、より安全な移動方法について、必ずご自身で下調べをしてください。

外務省:タンソンニャット国際空港における偽ドライバーや偽タクシー等に関する注意喚起

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=75562

また、手荷物のスリ・置き引き・引ったくりも忘れてはいけません。財布は勿論、スマホや腕時計、日本製のバッグなどもローカルにとっては高級品です。空港内で休憩や仮眠をとる際も、目を離さずしっかりと管理してください。

まとめ

以上、タンソンニャット国際空港に関する様々な情報をお届けしました。近年はベトナムを訪れる旅行者が急増しており、2019年には約95万人もの日本人観光客が訪れました。空港施設は今後ますますの開発・拡大が期待されており、さらなる利便性を追求した国際空港として進化していくことは間違いありません。

経済成長真っ只中にあるホーチミンの勢いを感じられるのもまた、タンソンニャット空港ならではの面白さ。みなさんも旅行で訪れた際は、ぜひ隅々まで見学してみてください!

★ターミナル内の地図

国際線ターミナル 出発ロビー

国際線ターミナル 到着ロビー

引用:https://www.vietnamairport.vn/tansonnhatairport/tin-tuc/thong-tin-dich-vu/so-do-nha-ga-2


☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚
現地TNKトラベルツアー
ご予約方法はこちらをご覧ください
社員(団体)旅行・工場見学・現地企業訪問など企業様向けのパッケージツアーやご希望のカスタマイズツアーも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

① 公式WEBサイトから予約する

TNKのWEBサイトこちらから♪ (https://www.tnkjapan.com/)

② ご来店の場合(店舗住所)

                                               
ホーチミン22 Bui Vien, Dist 1 Ho Chi Minh - TNKグループのオフィス内にあります。
ハノイ 7 Hang Chieu, Ha Noi - 東河門のすぐそば、APTトラベルオフィス内です。
ホイアン49 Phan Chau Trinh, Hoi An - インフォメーションセンター内にあります。
ダナン2F 21 Tran Quaoc Toan, Da Nang - カフェ(Gemini Coffee)の2階にあります。
シェムリアップ No.15A,Mondul1 Village,Sangkat Svay Dangkum - 旅行会社(DET)内にあります。

③ 電話のご連絡

                               
ホーチミン +84-904-201-926(日本から)0120-3657-477(ベトナム国内)
ハノイ +84-915-761-905(日本から)0945-107-755(ベトナム国内)
ホイアン+84-79-760-8731(日本から)079-760-8731(ベトナム国内)
ダナン+84-70-317-4369(日本から)070-317-4369(ベトナム国内)
シェムリアップ +855-60-965-835(日本から)060-965-835(カンボジア国内)

④ 各店舗直通 LINE ID Line ID

               
ホーチミン ID:tabiplahcmc209 ホーチミン LINE ID:tabiplahcmc209
ハノイ ID:tabiplahanoi ハノイ LINE ID:tabiplahanoi
ホイアン/ダナン ID:tabiplahoianホイアン LINE ID:tabiplahoian
シェムリアップ ID:tabiplaangkor シェムリアップ LINE ID:tabiplaangkor

⑤ 各都市の街中 無料マップを持って日本人スタッフが街中を歩いてます!

マップをもらうついでにツアーお申し込みできます(‐^▽^‐)

●各支店情報!! ぜひぜひチェックしてください。(店舗ブログ)

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚

ホーチミン情報 はこちらから(旅はデタムから!!)

ハノイ情報 はこちらから (HANOI 365 DAYS)

中部(フエ/ダナン/ホイアン)情報 はこちらから (ホイアン情報発信局)

シェムリアップ情報 はこちらから(アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!)

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚