ホーチミンTEL:+84-904-201-926 ハノイTEL: +84-24-3926-3594 シェムリアップTEL: +855-60-965-835 (各国からの番号) お問い合わせはこちら
menu bar

阮(グエン)朝王宮 - フエと周辺の観光スポット

阮(グエン)朝王宮

阮(グエン)朝王宮の外観

阮(グエン)朝王宮

阮朝王宮は、かつてベトナムに存在した阮朝の拠点で世界遺産登録もされているフエで最も大きい観光スポットです。阮朝は1802年から1945年まで続いた王朝で、最初の王宮は興って間もない1803年に建てられ、その後1833年現在の位置に移されたと言われています。1955年から1975年の間に起こったベトナム戦争によって多くの建造物がダメージを受けましたが、その大部分は復元されています。その後1993年には「フエの建造物群」として、ユネスコの世界遺産登録を受けました。

午門

王宮の南側に位置しており当時正門としても機能を持っていた「午門」は、当時の阮王朝の隆盛を示すかのような煌びやかな作りをしています。まず午門にたどり着くまでには、当時敵の侵入を妨げるために作られた水濠を橋で渡る必要があります。現在は、蓮池として7月から9月にかけて数多くのハスの花をご覧いただけます。

余談ですが、ハスの花はベトナムの国花に指定されています。ベトナムは昔から仏教の国として有名で、仏様が上に座ってたり等々、ハスの花は仏教徒にとって大きな意味を持ちます。橋を渡り午門に到着すると門が5つに分かれていることが確認できます。真ん中の門は皇帝や各国の大使ら、その左右の門はそれぞれ武官と文官が利用していました。さらに一番外側の二つは兵士や馬、象が利用しており、女性はたとえ皇后であってもこの午門を通行することは許されていませんでした。

太和殿

午門を通ってすぐのところにある建物が「太和殿」で、主に王の即位式、他重要な儀式等で用いられていました。この太和殿も例外なく女人禁制で、皇后すら立ち入ることは許されていませんでした。現在の太和殿はベトナム戦争中に破壊されたものを1970年に再建したものになってます。内部には当時の皇帝が座していた天蓋に覆われた玉座や、当時の様子を映し出すモニター等が設置されています。

当時とても重要な建物として用いられた太和殿を見学する上で、ドレスコードと写真撮影の禁止はしっかりと守らなければいけません。ドレスコードといってもそんな堅苦しいものではなく、脱帽をすることや露出度の激しい格好をしない等簡単なルールのみが設定されています。また、内部の写真撮影は禁止となっているため、カメラをカバンの中にしまうことをお忘れ無く。

紫禁城

中国にかつて存在した明朝の王朝が置かれていた故宮の中には「紫禁城」という皇帝の政務、生活専用スペースである宮殿エリアが設けられており、宮廷の中でも最も有名な観光スポットの一つですが、この阮朝王朝にも紫禁城という名称の建物群があり、そこで当時の皇帝は生活し、政務を執り行っていました。紫禁城の周囲は約1kmで高さ3mの防壁で囲まれており、サイズ的には中国の紫禁城よりもだいぶ小さくした感じになります。当時は、政務を行う建物や皇帝の寝室等の建物が軒を連ねていましたが、1947年のフランス軍の攻撃により現在はその基壇となるタイルのみが残っている状態です。

トゥドゥック帝廟

トゥドゥック帝廟の内部

トゥドゥック帝廟正面門

閲是堂

当時音楽劇場として機能していた「閲是堂」では、皇帝や皇族らが舞台や音楽鑑賞を楽しんでいました。特にベトナムの宮廷音楽として演奏されていた「ニャーニャック」は、2009年にユネスコの無形文化遺産に登録されてます。中国に源流をもつこのニャーニャックは漢字で「雅楽」と表記され、演奏方法等も日本の雅楽にそっくりです。

元々宮中で演奏されていたこのニャーニャックですが、阮王朝の滅亡やベトナム戦争勃発により消滅の危機にありましたが、フエ大学に宮廷音楽コースが設置される等の影響で、現在では気軽に鑑賞することが出来ます。ここ閲是堂でも現在1日2回40分間の定期演奏が行われており、追加料金を払うことで鑑賞出来ます。公演時間外は、内部に展示された宮廷楽器等や仮面等を見ることができます。

太平樓

1921年に12代皇帝カイディン帝によって建てられて「太平樓」は、皇帝の書斎として用いられていた建物で2010年から2015年にかけて再建工事が行われ、再建費用総額は日本円にして1億円以上と言われています。当時皇帝はこの建物で作詩や読書を楽しんでいました。建物の周りは美しい庭園となっており、紫陽花等の綺麗な花が咲き乱れます。

他にも宮廷の東西には、歴代皇帝・皇后を祀る寺院や、阮王朝の前身となる広南国の皇帝を祀る廟等がありますが、経年劣化やフランス軍の攻撃やベトナム戦争による被害からの再建がまだ行われていなく、廃墟のような表情を見せるエリアも数多くあります。

注意点

他のベトナムの観光スポットと同様、過度な露出のある衣服の着用は控えましょう。また、写真撮影不可の施設があるので、しっかり係員や案内板を確認してから撮影するように心がけましょう。

アクセス

新市街地から車で5分程度と好立地にあるので、タクシーやバイタク、シクロといった交通手段が便利です。

住所:Thành phố Huế, Thua Thien Hue, Vietnam
入場料:大人15万VND(約750円程度)・子供3万VND(約150円程度)
開館時間:7:00〜18:00

Googleマップはこちらから

TNKトラベルJAPAN その他サービス

パッケージツアー・ゴルフツアー・格安Wifiレンタル・ホームステイなど現地に密着したサービスも取りそろえています!
まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーチミン・ハノイのパッケージツアーについて
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン ゴルフツアー
格安 WIFIレンタルサービス 実施中!
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン カンボジア シェムリアップでホームスティ

現地在住スタッフがオススメするベトナム・カンボジアのお役立ち情報満載!!

人気レストラン、ローカル屋台、スパ、マッサージ、雑貨店、観光スポットなど、最新のベトナム・カンボジア情報はこちら。

ホーチミンのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ハノイのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ダナン・ホイアン・フエ(ベトナム中部)のオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
シェムリアップのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ面白ブログ
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ紹介ページ
ホーチミンブログ 旅はデタムから
ハノイブログ HANOI 365 Days
ダナン・フエ・ホイアン ベトナム中部ブログ
笑顔系で。メコンデルタツアー集合写真
シェムリアップブログ アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!
黒ブログ ベトナム在住8年目の女子ブログ
back to top