【新観光スポット情報】ホーチミンで最も賑わう、ブイビエン通りを歩いてみた!Part2【歩行者天国】

シンチャオー

米より麺派なヤナギーです。
さて、今回も前回に引き続き、今最も話題なホーチミンの通り「ブイビエン通り」を特集させていただきます。

[OCEAN(オーシャン)]はブイビエン通りの中でも賑わっているバーの1つです。
連日連夜、欧米人やイケてるベトナム人が集まってお酒を飲み交わしています。

ベトナムにはビアホイという文化があります。
「ビア」はBeer(ビール)、「ホイ」はガスで膨れている様子を表すそうです。
参考URL↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%A4

路上で飲むベトナムビールの一種で、世界的にみても安いとされるベトナムのビールの中でも、最も安いビールです。

今まででは、比較的お店として成り立っている店舗を紹介させていただいておりましたが、
実は、ブイビエン通りはホーチミンの中でもビアホイのメッカ(聖地)です。

今まで紹介させていただいた全てのお店の中でも最も安く、格安で旅をエンジョイしているバックパッカーもワイワイ楽しみながらお酒を飲めます。

 

「LOST IN SAIGON」は「ホーチミンで迷子になったらここにおいで!」というテーマが込められた、西洋人に人気のあるレストラン&バーです。テキーラをショットでいただきながら、

大人数でピッツァを頼めば、盛り上がること間違い無し!

「BANH MI ZON(バインミーゾン」はブイビエン通りにあるホイアンスタイルのバインミーをリーズナブルな価格で楽しめる店舗です。

オススメはビールとバインミーが一緒で59,000vndのセットメニューです。

「sahara(サハラ)」は、その名の通り、サハラ砂漠の中にあるオアシスをテーマに、ブイビエン通りのオアシスとなるような思いが込められたクラブ・バーです。


「CONG Caphe(コンカフェ)」は、ハノイ発祥の若者人気が高いコーヒー店です。
プロパガンダアートに飾られた店内は、けたたましさを感じさせるブイビエン通りの中でも、落ち着いて会話を楽しめる空間になっています。

「Meraki Boutiqe Hotel(メラキブティックホテル)」はブイビエン通りの中にあるミニホテルで、落ち着きある客室でルーフトップテラスがあり、リーズナブルな価格で快適なご滞在が可能です。

在住外国人が集まるブイビエン通りには、ベトナム料理だけでなく他国の料理もお楽しみいただけます。
日本と比べても割安な価格で、色んな料理が召し上がれるので、長期滞在でベトナム料理以外のご飯を召し上がりたい方にもオススメです。

 

 さーて、今回はここまで!

次回はコチラをクリック!!!

 

↓クリックひとつでベトナムが広がる↓

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です