ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

どうも久保です。

久保in五行山 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

ルンルンで階段をあがる久保

先日はじめてダナンの五行山に行ってきたので、旅行会社のスタッフ的な視点や知識もからめつつ、五行山の楽しみ方を丁寧に紹介していきたいと思います。

五行山とは

五行山の全体 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

遠目にみるとこんな感じ

ダナン市のほぼ南端に位置する五行山は、ダナンが観光地として発展するずっと前から、地元の人たちに大切にされてきた場所です。

五行山はその名の通り、半径500mほどのエリアに5つの小さな山が集まっています。
英語ではMarble Mountain(マーブルマウンテン)と呼ばれていますが、これは五行山が大理石でできているためです。

5つの山にはそれぞれ陰陽説に基づいて「火、水、木、金、土」の名前が与えられています。
観光客が訪れるのは、一番大きなトゥイソン(Thuy Son)と呼ばれる水山です。それでも標高は約100mほど

そのため現在では、ほとんどの人の共通認識として「五行山=トゥイソン」となっています。

元々はチャンパ王国があった土地で、チャム族というヒンドゥー教を信仰していた民族が、神を崇める地として五行山に集っていたと言われています。

五行山の場所

五行山の場所はダナンのほぼ南端、ダナンの中でもホイアン寄りの場所に位置しています。

ビーチからもほど近く、Truong Sa通りというリゾートホテルが立ち並ぶ通りに面しています。

そのロケーションから、ダナンからホイアンを訪れる際に立ち寄る人が多い印象です。

五行山の行き方

五行山の仏像 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

五行山には仏像がいっぱい

それでは、ダナン市内から五行山への行き方をご紹介。
4パターン紹介させていただきます。

タクシーでの行き方

空港タクシー - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

空港ではぼったくりが多発

最も簡単かつメジャーなのがタクシーです。
ダナン市内から大した距離もなく、ふらっと訪れることができる場所なので、タクシーで行く人が多いです。

ダナン空港からでもタクシーで20分ほど。大抵のホテルは空港より五行山寄りなので、ダナン市内からのアクセスはとても良いです。

料金はスタート地点により様々ですが、もしダナン空港から五行山に向かった場合でも、だいたい200,000ドン(約1,000円)ほど

でもぼったくりも多いので、それだけは気をつけてください。

ダナン・ホイアンのタクシーの乗り方と相場~ぼったくりを避けよう~

ローカルバスでの行き方

ローカルバス1番 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

番号が見えにくい車両もあります

バックパッカーや学生さんでお金を節約したい方におすすめなのが、ローカルバスです。
ダナン市内とホイアンを繋ぐ1番の黄色いローカルバスが、五行山でも停車します。

毎日朝の5:30から20分間隔で運行しており、料金は距離にかかわらず一律で30,000ドン(約150円)です。(観光客料金)

ローカルバスのバス停はこちらのページから確認できます。

現地ツアーでの行き方

ダナン大聖堂 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

これまた定番のダナン大聖堂

五行山以外の観光スポットも効率よく周りたい、ガイド付きで五行山を訪れたい、という方は現地ツアーに参加するのがいいでしょう。

料金的には少し高くなりますが、五行山以外の場所も訪れることを考えるとコスパの良いツアーも多くあります。

《五行山&リンウン寺》ダナン市内2大絶景スポットツアー(ダナン/ホイアン発)

ダナンの郊外にある、「五行山」「リンウン寺」という個人では行くのが難しい絶景スポットを半日で効率よく周るツアーです。解散場所はホテルまたは市内中心にあるハン市場での解散も可能なので、ツアー後はそのままショッピングなどもお楽しみいただけます。

徒歩での行き方

宿泊するホテルの場所によっては徒歩でも行くことができます
以下のようなホテルからであれば、徒歩で五行山を訪問できます。

・Melia Danang
・Hyatt Regency Danang
・Vinpearl Luxury Danang
・Centara Sandy Beach Resort

五行山の入場料

チケット売り場 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

チケット売り場は各入口にある

五行山の入場チケットには2種類あります。
一つはエレベーター付き、もう一つはエレベーターなしです。

それぞれでチケットを売ってる場所が違います。エレベーター付きはエレベーターの近く。
エレベーターなしは階段の近くで販売しています。

エレベーター付き入場料:55,000ドン(約270円)
エレベーターなし入場料:40,000ドン(約200円)

五行山のエレベーター - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

ユニークなエレベーター

エレベーターを使用すると、最初の100段くらい階段をスキップすることができます。
よっぽど節約したいという場合でなければ、エレベーターを使うことをおすすめします。けっこう疲れます。

入口のところにエレベーターがあり、基本的には違う出口から降りてくることになるので、片道だけエレベーターとなります。(15,000ドン(75円くらい) 追加で払えば往復エレベーターも可能です)

五行山観光におすすめの服装

頂上へと続く階段 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

景色のいい場所への階段は鬼

小さい山ではありますが、傾斜が険しい階段が多く、がっつり見て回るとかなり疲れます。
おすすめの服装としては、しっかり汗をかいても大丈夫な服装がよいと思います。

季節にもよりますが、乾季は日差しも強くなって、体感でいうと相当な暑さになります。日よけの帽子、タオルもあるとなお良しです。
雨季に訪れる場合は、傘よりもレインコートを持っていくのがよいでしょう。

急な階段が多いので、足元は運動靴がおすすめです。
雨が降っているとかなり滑りやすくなるので、雨季は必ず滑りにくい靴を用意しましょう。

五行山観光の所要時間

階段側の登り口 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

階段から登るとプラス10分ほど

五行山観光の所要時間は、どれくらいガッツリ見て回るかによって全く異なります。

久保が先日行った時は、休憩もたっぷり取りながら、見どころをほぼ全部見て回ったので、約3時間くらいかかりました。

要所だけ見るのであれば、2時間もかければ十分かと思います。本当に最低限だけ、という方は1時間でこと足りるという話も聞きます。

五行山の見どころ

五行山マップ - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

あまり優しくないマップ

ということで、全見どころを写真付きで公開していきます。
上の看板が五行山の敷地内いろんなところにあるので、看板の番号に沿ってご紹介

★=マスト(1時間コース)
☆=おすすめ(2時間コース)

1時間ほどで回りたい方は★マークのスポットだけ、2時間くらいかけたい方は併せて☆マークの場所も巡るといい感じかと思います。

あくまで久保が勝手に作った目安なので、信用しすぎないようお願いします。笑

1.七重の塔 (Xa Loi Tower) ★

七重の塔 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

ほぼ完璧な構図

エレベーターから上がると目の前に現れるのがこちらの七重の塔です。
内部に入ることもでき、中には仏像が祀られています。挨拶がてらお参りしましょう。

エレベーターを使わずに階段から行くと、順路を少しはずれる必要があるので気を付けましょう。

2.リンウン寺 (Linh Ung Pagoda) ★

リンウン寺- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

中まで見学できます

エレベーターではなく、階段から上がると最初に着くのがこのリンウン寺です。
ダナンにはもう一つリンウン寺という別のお寺があり、巨大なレディブッダ像が有名です。ややこしいです。

五行山のレディブッダ- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

周りの池はコイ祭り

このリンウン寺にも小さめのレディブッダがいました。ややこしいです。
そして、このお寺の裏に洞窟があるので、見逃さないよう気を付けましょう。

3.タンチョン洞窟 (Tang Chon Cave)☆

タンチョン洞窟- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

入り口はこんな感じ

五行山にある洞窟はどれも大した規模ではありませんが、確かに洞窟と呼ぶに値するくらいの洞窟感はあります。(←上から)

タンチョン洞窟の像- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

人差し指が気になる

タンチョン洞窟にはいくつかの立派な像があり、中でも碁を打っている像はユニークで印象的です。

タンチョン洞窟の奥部- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

わくわくする光景ではある

奥に行くと、がんばれば上まで登れそうなアドベンチャー感のある斜面があります。
登っていくと5番のバントン洞窟がある広場の方に出てきます。
しかし、普通に危ないので止めておきましょう。(経験者談)

4.見晴らし台① (View Point)

見晴らし台- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

景色は70点くらい

洞窟からリンウン寺に戻り、順路に沿って歩みを進めると、一つ目の見晴らし台があります。
そこまで大した景色ではないですが、ちょっと一休みにはちょうどいいかなと思います。(ベンチはありません)

5.バントン洞窟 (Van Thong Cave) ☆

そしてさらに階段を進んで行くと見えてくるのが少し開けた広場。
おばちゃん達が飲み物やお菓子を売っています。めっちゃ声かけてきます。ちょっとだるいです。

バントン洞窟の入り口- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

洞窟感あふるる入り口

売店の正面にあるのがこちらのバントン洞窟。
なかなかの洞窟感にテンションがあがります。

バントン洞窟内部- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

神秘の力を感じる

中はこんな感じで、上からの光が入ってくる素敵空間があります。
そしてその奥に、またしてもプチロッククライミング的な斜面があり、こちらはちゃんと道が続いています。

バントン洞窟の抜け穴

這い出てくる友人

かなり狭いですが、この隠れルート感、たまらんばい…。
人が多く賑わっている時は列ができてたりして、あんまり隠れルート感ないそうですが、今回は人の少ないタイミングで行けました。

そしてこの先に待ち受けているのが…

5.5.ヘブンゲート (Heaven Gate)☆

ヘブンゲート- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

海側も反対側も見れます

なぜか看板には書かれてないのですが、ヘブンゲートという大層な名前が付けられたこちらの見晴らし台。台って感じでもないですが。
眺望がよろしいプチ頂上です。せまいです。

川側の景色- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

反対側はこんな景色

景色がよく風も気持ちよかったです。何より至るまでの道のりが個人的には楽しかったです。

来た道の反対側にちゃんと整備された別の道もあったので、戻る時はそっちから戻りました。
長めの階段ですが、バントン洞窟から登るよりは楽なので、安全に登りたい人はバントン洞窟のある広場を抜けた先の階段を使いましょう

6.リンナム洞窟 (Linh Nam Cave)

リンナム洞窟- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

たぶん一番人気ない洞窟

バントン洞窟がある広場を抜けると休憩所があり、その休憩所を囲むように色んなスポットが集まっています

そのうちの一つであるリンナム洞窟。五行山にある洞窟では最も洞窟感がなかったです。笑

高さはあるのですが、奥行きがあまりなく、祀られた像もあまり手入れされてないんだなという感じでした。

脇にある横穴は真っ暗で楽しそうでしたが、入ってみると短くてがっかりでした。

7.休憩所 (Relaxation Area)☆

休憩所- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

もう少し椅子増やしてほしい

こちらが噂の休憩所です。ヘブンゲートから降りてきた後にここで一服するのがいいでしょう。

ここでも物売りのおばちゃん達がドリンクやらアイスやらを売っています。観光地価格ですが、ちゃんと何がいくらか看板に大きく書いてあり明朗会計です。

8.頂上 (The Highest Peak)★

頂上からの景色- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

きもちーーーー

そして休憩所の脇にある険しめの階段を上っていくと、本物の頂上 (The Highest Peak)に到達します。
天気悪くて映えてないですが、生で見るとなかなかに壮観です。曇ってるおかげで涼しく回れたので良しとしましょう。

さきほどのヘブンゲートもここから見えます。

頂上のスペース- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

謎空間

頂上にも特にベンチなどはなく、いびつに整備された謎スペースがあるだけです。
個人的にはもうちょっと快適空間づくりを頑張ってほしい。

晴天の五行山- ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

晴れた日の景色

ちなみに、ちゃんと天気がいいとこんな感じです。

9.ホアギエム洞窟 (Hoa Ngiem Cave) ★

ホアギエム洞窟 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

しっかりした入口

こちらも休憩所のすぐ近く、こんなゲートを抜けると見えてくるのがホアギエム洞窟。

ホアギエム洞窟のレディブッダ - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

レディブッダ再び

ダナンで流行りのレディブッダがこちらにもいらっしゃいました。(ほんとよく見る)

そしてこの奥に、五行山の一番の見どころともいえる洞窟が待ち受けています。

10.フエンホン洞窟 (Huyen Khong Cave) ★

フエンホン洞窟 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

狭い入り口からは予想しえない

それがこちらのフエンホン洞窟。でかい。
これは確かにパワースポット感があります。(五行山はパワースポットらしい)

フエンホン洞窟に降り注ぐ光 15/MAR <早> 久保 土屋 山本 HONG <遅> 内田 <休> 山本

光の護封剣

天井にあたる部分に空いた穴は、戦争時代の空爆によるものだそうです。
そこから差し込む光がまた神々しいの何のって。

山の中にこれだけのスペースを築けたことに驚きです。
あと、やたら高い位置にある大仏様もすごいです。

11.タムタイ寺 (Tam Thai Pagoda) ☆

タムタイ寺 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

ついつい拝みたくなる微笑み

休憩所周辺にあるスポットのラストはタムタイ寺。出口に向かう方向にあります。
大黒様が印象的なお寺で、久保が訪れた際にはお経が響き渡っていました。

五行山から帰る前にこちらでも挨拶しておくと良いでしょう。(何が良いのかは不明)
タムタイ寺の正面にある門をまっすぐ降りて行くと、出口につきます。

12.タムトン寺 (Tam Ton Pagoda)

タムタイ寺 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

風情を感じる佇まい

タムタイ寺から門を抜けてすぐ右側にあるのがタムトン寺です。
本堂ではないですが、木造の講堂のような建物が非常にいい感じです。個人的には五行山の寺シリーズでは一番好きです。

13.トゥータム寺 (Tu Tam Pagoda)

トゥータイ寺

とりあえず仏像だけ撮影

タムタイ寺の先に下に降りる階段があり、そこを降りて行くとトゥータム寺があるのですが、久保が行った時は入れませんでした…

整備のためにしばらく閉めているとのことですが、いつまで閉まってるかは不明です。近くには小さいやつですが犬がいて怖かったです。(犬苦手)

14.見晴らし台② (View Point)

最後の見晴らし台 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

夕暮れ時はいい感じかも

タムタイ寺の目の前にある小道を進むと、ハン川が良く見える見晴らし台があります。
五行山が楽しすぎて帰りたくない~ってなっちゃった方はここで心を鎮めましょう。

15.アンフー洞窟 (Am Phu Cave)☆

アンフー洞窟 - ダナン観光の定番「五行山」パーフェクトガイド | 行き方、入場料、所要時間など

エレベーターを上がる前にぜひ

最後に紹介するアンフー洞窟は、実は山のふもとにあります。エレベーターのすぐ横です。
なので、エレベーターからあがる前に訪れるのがおすすめです。

見逃しがちなスポットですが、思いのほか洞窟の規模は大きく、パワースポット感を味わえます。
洞窟内の階段を上がっていくと、ちょっとした展望も楽しめるので、ウォーミングアップにはちょうどいいと思います。

まとめ

っという感じで、思ってた以上に長い記事になってしまいましたが五行山、行きたくなったのではないでしょうか。
自分で行くの難易度高そうって思った方は、やはりガイド付きツアーで行くのが楽かと思います。

 

《五行山&リンウン寺》ダナン市内2大絶景スポットツアー(ダナン/ホイアン発)

ダナンの郊外にある、「五行山」「リンウン寺」という個人では行くのが難しい絶景スポットを半日で効率よく周るツアーです。解散場所はホテルまたは市内中心にあるハン市場での解散も可能なので、ツアー後はそのままショッピングなどもお楽しみいただけます。

天気がイマイチだったのが少し残念ではありますが、洞窟のミステリアスな雰囲気と頂上からの景色は素晴らしかったです。
暑い日は大変だと思いますが、訪れる価値がある場所だと思います。ダナンに来たらぜひ!

[jvs_footer]