ホーチミンTEL:+84-904-201-926 ハノイTEL: +84-24-3926-3594 ダナンTEL: +84-70-317-4369 シェムリアップTEL: +855-60-965-835 (各国からの番号) お問い合わせはこちら
menu bar

【貸切VIP車+豪華ランチ】半日で巡るアンコールワット朝日鑑賞+アンコールトム+タプロームツアー

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

  • 豪華プライベートカーで優雅にアンコール半日観光!

ご利用料金と概要

商品コード:021.PV_SR+ANG_LUX
料金:
$80〜 / 1名様(大人 13歳以上)
$60〜 / 1名様(10~12歳)
$40〜 / 1名様(3~9歳)
2歳未満は無料
お1人様でご予約する場合は2倍の料金になります。他のお客様が参加された場合、お1人様分は返金させていただきます。

大人1名様、子供1名様〜複数名様でご予約する場合は、子供1名様分が大人料金で扱われます。

日程概要:半日ツアー 5:00〜14:00 (約9時間)
出発場所:シェムリアップ

お客様レビューはこちらから ご予約はこちらから

ツアーの魅力と見どころ

【プライベート・貸切ツアー】

《当ツアーの魅力》
アンコールワットを観光するにあたり厄介なのが厳しい暑さです。乾季のピークには40度近くまで上がる気温と、日本ではまず感じることのない猛烈な日差しは、遺跡観光の体力をものすごいスピードで奪います。なるべく体力を温存できるよう、広々としたVIP車でマイペースに周れる貸切の半日ツアーです。
主要な遺跡はちゃんと見たいけど、とにかく疲れたくないという方におすすめです。

朝日鑑賞も含まれるため朝は早いですが、比較的涼しい午前中に遺跡を周るので、あまり疲れずにアンコールワット観光を楽しむことができます。

《当ツアーの見どころ》
~アンコールワット~
貸切で行くアンコールワットの朝日鑑賞は格別です。いくつか朝日を見るスポットがあるのですが、貸切なのでお好きな場所を選ぶことができます。
また、朝の涼しい時間にアンコールワット内部を周るので、体力の消費を最低限に抑えることができます。
また朝日だけ見てホテルに帰る観光客が多いため、朝のアンコールワットは、写真をいっぱい撮りたい方にもおすすめです。経験豊富な日本語ガイドが、おすすめの撮影スポットを教えてくれます。

~アンコールトム(バイヨン)~
アンコールワットに並ぶ有名かつ巨大な遺跡です。その主要寺院であるバイヨンは、ヒンドゥー教色の強く残る寺院です。第一回廊にある全長470mにも及ぶレリーフには史実的な絵やヒンドゥー教における伝説の物語なども描かれています。

~タプローム~
寺院に絡みつく巨木が印象的なタプローム。一度見ると忘れることのできない不思議なパワーを感じる光景です。遺跡は何度も修復を重ねていますが、いつどこが崩壊するか分からない状態と言われています。

~絶品ランチ~
昼食で利用するViroth'sというレストランはシェムリアップにあるレストランの中でもかなり高級な部類のレストランです。
カンボジアの食材をふんだんに使った絶品カンボジア料理コースをお楽しみください。

スケジュール

5:00: ホテルお迎え
送迎範囲はシェムリアップ市内中心部、主要ホテルとなります。
無料送迎可能エリア
無料送迎可能ホテルリスト
(シェムリアップ主要ホテル)

ご不明の場合はお気軽にご連絡ください。
アンコール遺跡入場チケットを購入します。
(すでにお持ちの方はガイドにお伝えください。)
5:30: アンコールワットご到着

アンコールワット朝日鑑賞
(日の出の時間は季節によって異なります。)
7:00: アンコールワット見学
日が昇り新鮮な空気に満ちた寺院を見学します。
人も少なく涼しい時間帯です。
8:30: 遺跡の近くのカフェで朝食
米・麺・パンのいずれかのメニューをお選びいただけます。
※ドリンク代はお客様負担となります。
9:00: アンコールトム(バイヨン)見学
古くに栄えた王国を探索します。立ち並ぶ四面仏は必見。
11:00: タプローム見学
遺跡に絡みつくガジュマルの巨木が幻想的な遺跡です。
倒壊してしまった部分もそのまま保存されています。
13:00: Viroth'sレストランにてカンボジア料理のコースランチ。
カンボジアの食材を使った一番人気のコースです。
14:00: ホテルお送り

注意事項とその他について

注意事項

・自然現象のため、時期や天候により朝日・夕日が見れない場合がございます。
・アンコールワットの第三回廊は、ショートパンツやタンクトップ等の露出の多い服装では見学いただけません。
・カンボジアの仏教の日(1か月に4~5日)にはアンコールワット第三回廊の見学は出来ません。
・お一人様でのお申込み・ツアー催行となりました場合は2倍料金となります。
・プライベートツアーをご希望の場合はお問い合わせ下さいませ。
・貴重品や所持金は必ずご自身の責任で管理をお願い致します。貴重品、金品の破損、紛失に関しては、責任を負いかねます。
・ツアー前までに旅行約款の注意事項をご確認ください。

【ツアーに関して、ご参照くださいませ】
 プライベート・貸切(専用)ツアーとは?

ツアーに含まれるもの

日本語ガイド、移動費、朝食、昼食  ※食事の際のドリンク代除く

ツアーに含まれないもの

アンコールワット入場料(1日券:$37 / 3日券:$62 / 7日券:$72)

キャンセルについて

ツアー催行の3日前~前日の20:00まで ………… 代金の50%
ツアー催行当日(前日20:00~)…………………… 代金の100%
※20:00以降のキャンセルは翌日扱いとなりますので、ご了承ください。
※上記時間はカンボジア時間となります。
※事前連絡がなくご参加されなかった場合も当日キャンセル扱いとなります。

カンボジアにお越しになる前にコチラをご覧ください。

このツアーで訪れる事が出来る場所のご紹介

アンコールワット

アンコールワットは12世紀前半に30年以上もの年月をかけて、王の墳墓を持つヴィシュヌ神寺院として建てられました。建てたのはスーリヤヴァルマン2世王です。
当時、繁栄を誇ったアンコール王朝のシンボルとして最高の技術が用いられました。美しく荘厳な景観の中に秘められた、高度なクメール建築の技術に触れることができます。

一際高い中央塔と第一回廊の角を結ぶと135度の二等辺三角形になるという幾何学構造。大きさの揃った石材を隙間なく積み上げる技法など、幾多のミステリアスな秘密が隠されています。

アンコールトム

アンコール・トムは「大きな都」という意味です。 中心寺院はバイヨン寺院。その周囲に複数の寺院や兵のための史跡が。 周囲を3km四方の塀と8mもの高さの城壁で囲み、王も庶民も住まう堅固な城塞都市としました。

バイヨン寺院は、ヒンドゥ教におけるメール山(宇宙の中心にそびえる須弥山)を象徴化しています。 長い間使われていた都市ですので、戦争の歴史があり、戦闘の名残や兵のための施設が多いのが特徴です。

アンコール・ワットの3倍の大きさを誇り、10万人もの人々が生活していたと言われる古の王都をご案内します。
宇宙の中心のシンボルとして作られた巨大寺院には、それ自体にみどころがたくさんあります。

タプローム

タプロームはジャヤヴァルマン七世が自身の母親のために建てた仏教僧院だったが、仏教色の強い彫刻の多くが削りと取られていたことから、その後にヒンドゥー教の寺院に改造されたものとみられています。
その広大な敷地は東西に1000m、南北に700mにもわたり、建設当時には5000人あまりの僧侶と、600人ほどの踊り子が住んでいたといわれています。
タプロームはありのままを示すために、樹木の除去や遺跡の積みなおしなどの修復作業をあえてしないまま残されていましたが、この方法は限界に達しつつあります。寺院は以前と変わらずの姿を保っていますが、巨大に成長した木によっていつ潰されてもおかしくない状態にあります。
タプロームには鑑賞スポットが多くあり、その一つが自然のまま残された巨大な樹木たちです。まるで遺跡を壊そうとしているかのように成長した樹木たちは、自然の力をわたしたちにまざまざと見せつけています。

Viroth's Restaurant

シェムリアップ市内にある観光客に人気のレストランです。カンボジア料理の中でも食べやすい料理を独自のアレンジを加えて提供します。
カンボジアの定番料理であるアモックやロックラックはもちろん、家庭料理風の鍋料理やトンレサップ湖で取れた新鮮なシーフードも定評があります。

約100席ある店内は清潔感に溢れ、屋外のテラス席は開放感があります。屋内席は空調が備わっており、涼しく快適な空間で食事を楽しむことができます。

このツアーに対するお客様の声

その他のおすすめツアー

歩くガイドブックBunさんと周るディープなアンコールツアー!

料金 $79〜 お一人様あたりの価格

遺跡マニア!人気ガイドBunさんと行くアンコールワット+アンコールトム+タプローム+夕日鑑賞1日ツアー

【グループ・混載ツアー】
カンボジアの日本語ガイドの中でも、ずば抜けて遺跡の知識が豊富なBunさんと行くアンコールワット定番遺跡1日ツアーです。アンコールワット観光の本当の価値は、1000年以上の歴史ある遺跡についての知識があって初めて分かります。ガイドブックにも載っていないディープな遺跡情報を、今も熱心に勉強を続けるベテランガイドが惜しみなく・・・

ご予約・詳細はこちらから

涼しい午前中に見どころ遺跡を一挙に制覇します!

料金 $39〜 お一人様あたりの価格

半日にギュッと濃縮!アンコールワット朝日鑑賞+アンコールトム+タプローム午前半日ツアー

【グループ・混載ツアー】
アンコールワット観光最大の敵、それは乾季には体感40度を優に超える気温と、文字通り刺さるような強烈な日差しです。それをなるべく避けながら、比較的涼しい午前の間に主要な見どころ遺跡を巡るツアーです。短期滞在でなるべく詰め込みたい方、午後からはホテルでまったり過ごしたい方にもおすすめです・・・

ご予約・詳細はこちらから

定番遺跡をじっくり遺跡を楽しみたいあなたにオススメ!

料金 $60〜 お一人様あたりの価格

おいしいランチ付!ゆったり楽しむアンコールワット+アンコールトム+タプローム+夕日鑑賞1日ツアー

【グループ・混載ツアー】
1年を通して気温が高く、容赦ない日差しが降りそそぐカンボジア。アンコールワット観光は徒歩移動も多く体力勝負となります。そんなアンコールワット観光の定番遺跡を効率よく周りながらも、ゆったりしたペースで観光できるツアーです。昼食はガイドブックにも取り上げらてれるViroth'sというレストランのおすすめカンボジア料理セットランチ・・・

ご予約・詳細はこちらから

朝日鑑賞から定番遺跡観光、夕日にディナーショーまで!

料金 $75〜 お一人様あたりの価格

朝から夜まで盛り沢山!昼夜2食付きの格安アンコールワット詰め込みツアー アンコールワット見学・朝日鑑賞・アンコールトム(バイヨン)見学・タプローム見学・カンボジア料理のセットランチ・プレループ夕日鑑賞・アプサラダンスディナーショー

【グループ・混載ツアー】
滞在が短い方におすすめ!朝日から夕食まで、最低限の見どころを全て押さえた大満足のツアーです。 遺跡観光は疲れすぎないよう、シェムリアップ市内でゆっくり休みながらの昼食をはさんで午前と午後に分けています。体力に自信のない方でも楽しめる充実のアンコールワット観光をお楽しみいただけるツアーです・・・

ご予約・詳細はこちらから

TNKトラベルJAPAN その他サービス

パッケージツアー・ゴルフツアー・格安Wifiレンタル・ホームステイなど現地に密着したサービスも取りそろえています!
まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーチミン・ハノイのパッケージツアーについて
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン ゴルフツアー
格安 WIFIレンタルサービス 実施中!
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン カンボジア シェムリアップでホームスティ

現地在住スタッフがオススメするベトナム・カンボジアのお役立ち情報満載!!

人気レストラン、ローカル屋台、スパ、マッサージ、雑貨店、観光スポットなど、最新のベトナム・カンボジア情報はこちら。

ホーチミンのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ハノイのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ダナン・ホイアン・フエ(ベトナム中部)のオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
シェムリアップのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ面白ブログ
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ紹介ページ
ホーチミンブログ 旅はデタムから
ハノイブログ HANOI 365 Days
ダナン・フエ・ホイアン ベトナム中部ブログ
笑顔系で。メコンデルタツアー集合写真
シェムリアップブログ アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!
黒ブログ ベトナム在住8年目の女子ブログ
back to top