ホーチミンTEL: 84-8-3920-4276 ハノイTEL: 84-4-3926-3594 シェムリアップTEL: 855-60-965-835 (各国からの番号) お問い合わせはこちら
menu bar

【貸切】《世界遺産♪遺跡&古都》ホイアン市内観光+ミーソン遺跡1日観光ツアー(ホイアン発)

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

  • 1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

ご利用料金と概要

商品コード:HUE101
料金:$86〜 お一人様あたりの価格
こちらのツアーは1人様でご予約する場合は2倍の料金になります。
こちらのツアーは大人1人様、子供1〜複数人でご予約する場合は子供1名様分が大人料金で扱われます。

10~12歳の方の料金:$65〜お一人様あたりの価格
3~9歳の方の料金:$43〜お一人様あたりの価格
日程概要:日帰りツアー 8:30〜約16:00 (約7時間半)
出発場所:ホイアン

お客様レビューはこちらから ご予約はこちらから

ツアー内容

【プライベート・貸切ツアー:ホイアンを1日で堪能】
ホイアンといったらここ!
という場所を1日で回る欲張りツアー!
さらにプライベートツアーなので、自分のペースでお楽しみいただけます。
ゆったりとした時間の中で歴史を感じましょう。

♪こんな方におすすめ♪
・1日でホイアンを歩きたい
・時間を忘れてのんびりしたい

~ホイアン~
16世紀末以降には中国人、日本人オランダ人などがこのホイアンに来航し国際貿易のひとつとして栄えた町がホイアンです。
1601年には、徳川家康に書簡を送ったことで正式な国交ができ、約30年間もの長い間朱印船貿易が続きました。
この貿易をきっかけに大規模な日本人街や中国人街が出来上がり、1623年にオランダ東インド会社の商館も設けられベトナム中部を代表する港町となりました。
その後、江戸幕府の鎖国により、日本人の往来が途絶え、オランダの商館も1639年に閉鎖されました。
また、港もトゥボン川の河口だっため流れてきた砂の蓄積により閉鎖せざるを得ず、港町が衰退していき今のホイアンの町が残りました。
1999年ホイアンの古い街並みが価値のあるものとして認められ、ユネスコの世界遺産に登録されました。

~ミーソン遺跡~
ホイアン市内から車で約1時間の場所に位置しており、 1999年にユネスコ世界遺産に登録されました。
ミーソンの由来は「MY:美しい / SON:山」となり、その名前の通り、聖山マハーパルヴァタを見ることができる谷に所在しています。
正式名称はサンスクリット語で「シュリーシャーナバドレーシュヴァラ」と言い、当時のチャンパ王国の宗教「ヒンドゥー教シヴァ派」の聖域となります。

※このツアーで訪問する観光ヶ所の詳しい説明は、
下記【このツアーで訪れる事が出来る場所のご紹介】をご参照ください。

スケジュール

8:30: ホイアン市内のホテルお迎え
無料お迎え可能ホテルリスト(ホイアン主要ホテル)

ミーソン遺跡観光
陸のラピュタと言われているミーソン遺跡を見学。
四方を山々に囲まれたその景色はなんとも神秘的です。
12:30: 昼食
ホイアン3大名物:カオラウ、ホワイトローズ、揚げワンタンをお召し上がりください。
13:30: ホイアン旧市街散策
-福建会館
航海安全の守り神として観光客に人気のある集会所のひとつです。

-日本橋
20,000VND札紙幣にも印刷されてます。

-クアンタンの家
約300年前に建てられた中国家屋のひとつです。

-貿易陶磁博物館(海のシルクロード博物館)
ホイアン周辺で発見された陶磁器など100点以上飾られてます。

-伝統音楽とワークショップ
時間によってはベトナム民族音楽やワークショップなど体験できます。

-Thang Loi(シルク工房など)
蚕からシルクができるまでの様子を見学できます。
16:30: ホテルへお送り

注意事項とその他について

注意事項

・お客様のみのプライベートツアーとなり、2名様からの催行となります。1名様でご希望の場合は2名様料金を頂戴致します。
・お客様の多い時期(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始等)は4名様催行となりますので、ご注意下さい。
・交通機関の状況により時間の変更の場合もございます。
・ツアーの際は動きやすい格好でご参加しまた、歩きやすい靴をご用意下さい。
・雨期の時期には必ず雨具を、乾期の際には熱中症対策を万全にご準備下さい。(雨期:9月-1月頃/乾期:2月-9月頃)
・ホイアン旧市街は車両通行禁止エリアとなりますので、徒歩での移動となります。
・乗り物酔いをしやすい方は、事前に酔い止めをお飲み下さい。
・天候やベトナムの行事、修復等により、一部ツアー内容が変更となる場合がございます。
・無料お迎え可能ホテルは「無料お迎え可能ホテルリスト(ホイアン主要ホテル)」をご参照ください。
※主要ホテルのみ記載しています。下記以外でもホイアン市内のホテルでしたら基本的に送迎可能です。
※リストにない場合は、お申込み時にお問い合わせください。
※ホイアン旧市街内のホテル(Vinh Hung1:143 Tran Phu st/La Tonnelle:44 Nguyen Thi Minh Khai)は車両通行禁止エリアのため、
弊社オフィス集合・解散となります。
※Four Seasons Resort The Nam Hai, Hoi An/Le Belhamy Hoi An Resort & Spaはツアーにより追加料金が異なります。お問い合わせ下さいませ。
・貴重品や所持金は必ずご自身の責任で管理をお願い致します。貴重品、金品の破損、紛失に関しては、責任を負いかねます。
・ツアー前までに旅行約款の注意事項をご確認ください。

プライベート・貸切ツアーとは?

ツアーに含まれるもの

移動車、日本語ガイド、チケット代、昼食

ツアーに含まれないもの

ドリンク代、及び上記以外

キャンセルについて

・出発2日前20時まで: 0%
・出発2日前20時-前日20時迄: 50%
・出発前日20時以降または事前連絡なく参加されない場合: 100%

ベトナムにお越しになる前にコチラをご覧ください。

このツアーで訪れる事が出来る場所のご紹介

ミーソン遺跡

1999年にユネスコ世界遺産に登録されました。
ミーソンの由来は「MY:美しい / SON:山」となり、その名前の通り、聖山マハーパルヴァタを見ることができる谷に所在しています。正式名称はサンスクリット語で「シュリーシャーナバドレーシュヴァラ」と言い、当時のチャンパ王国の宗教「ヒンドゥー教シヴァ派」の聖域となります。チャンパ王国はインドからの影響も色濃く、ヒンドゥー教と仏教の混合した宗教になります。王族を始め限られた人しか入ることができず、山に隠れていたため、20世紀初頭にフランス人により発見されるまでチャム王国消滅後自然に守られていました。

347年にチャム人の国「チャンパ王朝」の王の孫、「バドラヴァルマン王」がヒンドゥー教のシヴァ神を崇拝していたので、元々はチャム芸術を駆使して建てた寺院の聖地として造られました。
4世紀に当時の王がシヴァ神を祀った木造の祠堂(しどう)がこのミーソン遺跡の始まりと諸説がありますが、7世紀火事のため消失してしまいます。そのためその後は、レンガで再建され、今の状態が出来上がりました。
ミーソン遺跡は元々王位を継承するごとに新しい祠堂を建てるため70-60個ほどの遺跡群ではありましたが、アメリカ軍の爆撃により現在残っているのは20個前後になります。
今はA-G群にグループ分けをされていますが保存状態が良いものはB,C群のみになります。
組積造建築は、原則として部材を迫りだして積み上げた一種の疑似アーチを用いて上部構造を支えています。迫りだし積みとは、建築材料である煉瓦や石材を水平に積む際、上層の物を下層の物より少しずつ内側に迫りだして積む工法で、アーチに類似した内部空間を構成する手法です。防水するためにフタバガキの樹液を熱し、牡蠣、かたつむり、ムラサキ貝の貝殻と粉砕した煉瓦を混ぜ合わせて用いたと考えられていますが、今でも建築材料や方法を謎に包まれております。修復した部分は漆などを用いているため、コケが生えています。コケのない部分が当時のそのままになり今も修復との違いを目視することができます。
保存状態の良い、B,C群にはチャンパ王国の崇拝する、シヴァ神の象徴であるリンガ(男性器像)とヨニ(女性器像)のセットがあります。硬い石で作られたヨニなどは殆ど無傷の状態で瓦礫の中に埋もれて残ったため保存状況がよく戦火でも耐え抜きました。
チャンパ王朝では、リンガとヨニが交わるときは新しい生命が誕生するときとされ、子孫繁栄を表して儀式を行っていました。
リンガのてっぺんから水を流しヨニの右側に流れていくのが、雨乞いの儀式のひとつとも判明しています。
遺跡の柱に刻まれた鮮やかな彫刻でも一部の柱は故意的に彫刻が刻まれてないものがあり、 万物みな完璧なものなんてなく、何かが不完全であることが世の中だという意味を表しているので、よく探してみてください。
歴代の王は玉座安泰を祈願して金銀・宝石・奴隷・家畜・神像などを奉納しましたが、現在は盗まれたりと何も残っていません。
また戦争時に持ち帰られた彫刻などは今もフランスの博物館に展示されています。
チャンパ王国やこの周辺の名産である、チャンパ産の沈香(香木(こうぼく):日本では「伽羅(きゃら)のお線香が最高品質の香り」)は、朱印船貿易において重要な交易品目のひとつになっていました。
現在、日本の正倉院に所蔵されている香木蘭奢待は、9世紀頃チャンパから日本に持ち込まれたと考えられ、徳川家康がチャンパ王に宛てた沈香を求める信書も残っています。
日本との関わりは深く、琉球王国の王女もかつてチャンパ王国に嫁いでいて、日本との関わりも多い王国でもあります。
このような、素敵な歴史や建物がある一報で、負の遺産としての一面もあります。
ベトナム戦争時にはここが隠れ家や基地とも利用されていたので、当時の弾痕や爆撃の穴などがそのまま残されています。
また、ミーソン遺跡での爆弾の展示室も見学ができ、爆撃が落ちた穴も未だ残っています。今はもう雑草がたくさん生えておりますが、爆弾の影響もあり大きな草木は生えることがありません。

ホイアン旧市街

1999年に世界遺産として登録され、中華人町を中心とした古い建築の見学が人気のひとつです。
16世紀末以降には中国人、日本人オランダ人などがこのホイアンに来航し国際貿易のひとつとして栄えた町がホイアンです。1601年には、徳川家康に書簡を送ったことで正式な国交ができ、約30年間もの長い間朱印船貿易が続きました。この貿易をきっかけに大規模な日本人街や中国人街が出来上がり、1623年にオランダ東インド会社の商館も設けられベトナム中部を代表する港町となりました。その後、江戸幕府の鎖国により、日本人の往来が途絶え、オランダの商館も1639年に閉鎖されました。また、港もトゥボン川の河口だっため流れてきた砂の蓄積により閉鎖せざるを得ず、港町が衰退していき今のホイアンの町が残りました。

福建會館

1697年に建てられた福建省からの華僑が集まる集会所になります。
この華僑が信仰している天后聖母が祀られており、航海安全の守り神として観光客に人気のある集会所のひとつです。ホイアン旧市街内にある集会所の中でも最大の大きさを誇り、渦巻き線香が頭上に広がっています。奥の祭壇にはホイアンに来越した6家族の家長の像があるなど、福建省からの華僑が多かったことも確認できます。
この会館は元々はホイアンのお寺でした。そのため門には「金山寺」の文字があり、当時は木製でしたが、華僑の方がその後コンクリートで修復をして今の福建会館に変わりました。庭の左側には中国の万里の長城を模した物もあるので、ぜひ探してみて下さい。

日本橋

1593年に日本人がこの屋根付きの橋を建て、当時の日本人街と中華街をつないでいたと言われています。現在の20,000VND札紙幣にも印刷されており、正式名称は「来遠橋(らいおんばし)」になります。この名前の由来は1971年にグエン王朝の皇帝が貿易にぎやかな雰囲気をご覧になって、論語から「朋あり遠方より来たる、また楽しからずや」に由来して名づけました。
当時かなり頑丈な建築形式を用いたのは、日本で多発していた地震にも耐えられるようにと願いも込められており、実際にはベトナム中部に地震がないため、修復されつつつもきれいに残っています。申年に建築が開始され戌年に建築が完了したための両端には申と戌の木像が飾ってあります。また、橋の中央には祠が祀られています。

クアンタンの家

2階建ての古民家をそのまま博物館として利用しているので、建物自体も趣きがあります。
ホイアン周辺で発掘された陶磁器や、沈没船からの遺品など約100点前後展示されています。
当時の生活の展示はもちろん、日本の陶器などもあるので昔の日本の雰囲気も感じ取ることができます。

伝統音楽コンサートと手工芸品ワークショップ

約200年までに建てられた家屋を利用しています。時間によってはベトナム民族音楽やワークショップなど体験できる内容とお土産屋さんになります。

このツアーに対するお客様の声

素敵な対応をありがとうございました。

投稿日 : 2017/05/12
投稿者 : ベトナム大好き
おすすめレベル : ★★★★★

母が足が少し悪いため、自分たちのペースで回ることができるプライベートツアーに参加しました。
ゆっくり歩いてくださったり、要所要所で大丈夫ですかと気にかけてくださったりと
本当に丁寧に対応してくださいました。
また、説明もわかりやすかったです。
ご飯も美味しく景色も最高で、素敵な旅行となりました。


その他のおすすめツアー

冒険家となって2億5千万年の奇跡をこの目に!

料金 $165〜 お一人様あたりの価格

まるで気分は『インディジョーンズ』!?フォンニャ洞窟+ティエンソン洞窟1日ツアー(フエ発)

【グループ・混載ツアー】
中部は世界遺産が豊富!そのひとつがフォンニャ・ケバン・国立公園となります。 鍾乳洞のなかでも観光スポットで有名な3ヶ所のうち、2ヶ所を見学するツアーです。 フエから4時間と長旅ですが、一度鍾乳洞の中に入れば、そこには長い年月を重ねて生み出された幻想的な世界が・・・・・

ご予約・詳細はこちらから

ランタン灯る幻想的な旧市街をご夕食と一緒に散策!

料金 $75〜 お一人様あたりの価格

【貸切でゆったり♪】《ランタンの街、夜のホイアンを満喫》ナイトホイアンツアー(ダナン発)

【プライベート・貸切ツアー】
ダナンまでご送迎可能でございます。プライベートで満喫ツアー! 1999年に世界遺産に登録されたホイアン旧市街は、趣きのある古い木造建築、ベトナム・中国・フランス・日本と4カ国の文化が織り交ぜられた情緒ある街並みです。 昼間とは雰囲気の異なる、きれいに灯ったランタンの景色を楽し・・・・

ご予約・詳細はこちらから

1日でホイアンの観光名所を全て押さえました!

料金 $99〜 お一人様あたりの価格

【貸切】《2つの世界遺産を満喫》ホイアン市内観光+ミーソン遺跡1日観光ツアー(ダナン発)

【プライベート・貸切ツアー】
1999年世界遺産に登録されたミーソン遺跡。 陸のラピュタと称されており、聖山マハーパルヴァタを見ることができる谷に所在しています。正式名称はサンスクリット語で「シュリーシャーナバドレーシュヴァラ」と言い、当時のチャンパ王国の宗教「ヒンドゥー教シヴァ派」の聖域となり・・・・・

ご予約・詳細はこちらから

半日でベトナム最後のグエン王朝の歴代の帝廟をぐるっと観光!

料金 $108〜 お一人様あたりの価格

【貸切】《世界遺産 様々な国が修復に協力したフエ遺産》フエ帝廟巡り 午前半日ツアー(ダナン発)

【プライベート・貸切ツアー】
ダナンのホテルへご送迎可能でございます!グエン王朝の各皇帝の帝廟を午前中でぐるっと周るプライベートツアーです。 1802年から1945年までのベトナム最後の「グエン王朝」を収めていた13代続く皇帝のうち、保存状態のよく特に有名な3人の皇帝の帝廟をご見学頂きます。 それぞれベトナム・中国・・・・・

ご予約・詳細はこちらから

TNKトラベルJAPAN その他サービス

パッケージツアー・ゴルフツアー・格安Wifiレンタル・ホームステイなど現地に密着したサービスも取りそろえています!
まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーチミン・ハノイのパッケージツアーについて
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン ゴルフツアー
格安 WIFIレンタルサービス 実施中!
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン カンボジア シェムリアップでホームスティ

現地在住スタッフがオススメするベトナム・カンボジアのお役立ち情報満載!!

人気レストラン、ローカル屋台、スパ、マッサージ、雑貨店、観光スポットなど、最新のベトナム・カンボジア情報はこちら。

ホーチミンのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ハノイのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ダナン・ホイアン・フエ(ベトナム中部)のオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
シェムリアップのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ面白ブログ
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ紹介ページ
ホーチミンブログ 旅はデタムから
ハノイブログ HANOI 365 Days
ダナン・フエ・ホイアン ベトナム中部ブログ ぅ?クーラムチャム
シェムリアップブログ 楽しく過ごすために必要な7つのこと!
back to top