ホーチミンTEL: 84-8-3920-4276 ハノイTEL: 84-4-3926-3594 シェムリアップTEL: 855-60-965-835 (各国からの番号) お問い合わせはこちら
menu bar

【入場チケット代行手配】ハノイオペラハウスを内部見学!<英語ガイド付き>

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

  • 自分で自由にオペラハウスを内部見学したい方にオススメ!

ご利用料金と概要

商品コード:HAN OPERA TICKET
料金:$29〜 1名様あたりの参加料金

10~12歳の方の料金:$29〜 1名様あたりの参加料金
3~9歳の方の料金:$29〜 1名様あたりの参加料金
日程概要:10:00~12:30 (約2時間半)
出発場所:ハノイ オペラハウス

お客様レビューはこちらから ご予約はこちらから

ツアーの魅力と見どころ

【チケット代行手配】
格安英語ガイドツアーも完全日本語対応でらくらく予約
オペラハウス主催の内部見学ツアー(英語ガイド)の
チケット代行予約となります。
チケットのみの手配なのでお気軽にご利用いただけます。
予約からお渡しまで、完全日本語対応です。

《『近代ベトナムの歴史の証明』として存在するハノイオペラハウス》
現在でもオペラやオーケストラ、数々のショーの公演を
しているオペラハウスは、芸術的な価値だけではなく、
歴史的価値も非常に高い建物です。
一般公開されていないので、普段は中に入ることができません。
オペラハウス主催の内部見学では、旧フランス統治時代の
歴史を集めた展示室や、インドシナ戦争時代に発砲され、
いまだにその跡が残る全身ガラス、ホーチミンさんが演説を
執り行った舞台に立てるなど、激動のベトナム史を感じることが
できるものになっております。

ちょっとオシャレをして、
フランス統治時代の雰囲気を味わいましょう。


※このツアーで訪問する観光ヶ所の詳しい説明は、
下記【このツアーで訪れる事が出来る場所のご紹介】をご参照ください。

スケジュール

お渡し方法: チケットのお渡し方法について
弊社オフィス、またはTNKの他ツアーにご参加中にお渡します。
弊社ハノイオフィスの場所はこちらから
10:00: お客様ご自身でオペラハウスにご集合
英語ガイドがご案内いたします。
10:30: オペラハウス内部へ見学となります。
その美しい内装や迎賓室、劇の鑑賞のほか、
歴史を感じることができる展示室や
3月革命の表舞台となったテラスなど、
様々な芸術と歴史をお楽しみください。
12:00: オペラハウス見学終了です。
ハノイ オペラハウス前にて解散です。

オペラハウス周辺は高級ホテルやフレンチレストランが多いので散策もお勧めです。

注意事項とその他について

注意事項

・オペラハウス入場チケットの代行手配となります。
・英語ガイドでのお手配となります。(オペラハウスの英語ガイドが案内します)
・月曜日並びに金曜日のみの開催となります。
・オペラハウスの内部見学のみになります。
・ベトナムの行事により、一部ツアー内容が変更となる場合がございます。
・貴重品や所持金は必ずご自身の責任で管理をお願い致します。貴重品、金品の破損、紛失に関しては、責任を負いかねます。
・ツアー前までに旅行約款の注意事項をご確認ください。

料金に含まれるもの

オペラハウス入場チケット、チケット代行手数料

料金に含まれないもの

上記以外の全て

キャンセルチャージ

チケット手配後100%
ベトナムにお越しになる前にコチラをご覧ください。

このツアーで訪れる事が出来る場所のご紹介

オペラハウス

1911年から10年かけて作られたオペラハウスは、近代ベトナム史の証人とも言える、建造物となっています。
元々はフランス統治初期の、初めての租借地の一部として、近代発展のモニュメントとされていました。
日本が世界に全面降伏した1945年には、インドシナ共産党による八月革命が執り行われ、
その革命の中心地として、このオペラハウスが選ばれました。
その当時の集会ではホーチミンさんが2階から演説を執り行うなど、ベトナム近代史は常にオペラハウスがあります。

このツアーに対するお客様の声

迫力満点

投稿日 : 2018/06/19
投稿者 : みよこ
おすすめレベル : ★★★★★

オペラを見たかったですが不定期公演で旅行中にみることができなかったので内部が見れてよかったです。英語ガイドさんは一生懸命説明されていて、とても気品のある女性でした。いつか実際にオペラがみたいです。


その他のおすすめツアー

現代的な設備で歴史を描く。幻想的な姿が水上に映るショー

料金 $49〜 お一人様あたりの価格

【話題の水上人劇】ハノイ北部1000年の歴史を水上で描くトンキンショー<ガイドなし>

【ナイトツアー・ガイドなし】
<トンキンショーチケット・夕食・往復バス付き>

ベトナムの歴史上、最も古い時代からの"当時の本物の生活"を、モチーフにしたこのトンキンショーは、現代的な音響・照明機材と古典的な背景を描くキャストが組み合わさり、これぞまさに幻想的、という雰囲気を纏って・・・・・

ご予約・詳細はこちらから

ハノイの夜を、日本語ガイドと安心して楽しみましょう♪

料金 $60〜 お一人様あたりの価格

【貸切】《米国でも上映した1000年の歴史 伝統文化》ナイトハノイ水上人形劇ツアー

【プライベート・貸切ツアー】
特に初日にお勧め!混み合う道路の渡り方テクニックなどを伝授! 少し不安な旧市街での街歩きも、日本語ガイドが夜のハノイをご案内いたします。 夕食では本格ベトナム料理をお楽しみ下さい。 ラストを飾るのはハノイで大人気のエンターテイメント水上人形劇。貸切プランなら出来る限りご要望・・・・・

ご予約・詳細はこちらから

ハノイをより深く、歴史を辿る旅へご案内いたします。

料金 $39〜 お一人様あたりの価格

《世界文化遺産 》タンロン遺跡半日ツアー<タンロン=昇龍 ハノイのタンロン皇城の中心区域>

【グループ・混載ツアー】
ハノイに首都が建都され城を建設した遺跡をご案内。知名度は低いですが歴史的な価値は非常に高いハノイの穴場スポットです。その他ハノイのルーツを探る上で欠かせない、場所へご案内します。メインスポットではないですが確かにハノイの歴史をより深く辿ることのできる場所で、ハノイをもっと好きになる旅をお楽しみ下さい。・・・・・

ご予約・詳細はこちらから

ベトナム体験!お料理教室でベトナム料理を作ってみましょう!

料金 $49〜 お一人様あたりの価格

ハノイ旧市街のカフェで料理教室ツアー<世界中で人気のベトナム料理を本場ハノイで!>

【グループ・混載ツアー】
日本でも人気のベトナム料理。お時間が空いてしまった方など是非この半日プランでベトナム文化体験をお楽しみください。午前開始の半日ツアー、日本語ガイドがつき、料金の中に材料費が含まれております。スタッフと一緒にベトナムのローカル市場で食材を購入し、旧市街にある施設で地元の専門シェ・・・・・

ご予約・詳細はこちらから

TNKトラベルJAPAN その他サービス

パッケージツアー・ゴルフツアー・格安Wifiレンタル・ホームステイなど現地に密着したサービスも取りそろえています!
まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーチミン・ハノイのパッケージツアーについて
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン ゴルフツアー
格安 WIFIレンタルサービス 実施中!
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン カンボジア シェムリアップでホームスティ

現地在住スタッフがオススメするベトナム・カンボジアのお役立ち情報満載!!

人気レストラン、ローカル屋台、スパ、マッサージ、雑貨店、観光スポットなど、最新のベトナム・カンボジア情報はこちら。

ホーチミンのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ハノイのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ダナン・ホイアン・フエ(ベトナム中部)のオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
シェムリアップのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ面白ブログ
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ紹介ページ
ホーチミンブログ 旅はデタムから
ハノイブログ HANOI 365 Days
ダナン・フエ・ホイアン ベトナム中部ブログ
笑顔系で。メコンデルタツアー集合写真
シェムリアップブログ アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!
黒ブログ ベトナム在住8年目の女子ブログ
back to top