ホーチミンTEL:+84-904-201-926 ハノイTEL: +84-24-3926-3594 ダナンTEL: +84-70-317-4369 シェムリアップTEL: +855-60-965-835 (各国からの番号) お問い合わせはこちら
menu bar
閉じる

シェムリアップ近郊の遺跡群(市内中心部より車で45分程度)

タ・プロムTa Prohm

タ・プロム Ta Prohm

アンコール(クメール)王朝の国王ジャヤヴァルマン7世により建立された仏教寺院です。

ロリュオス遺跡群Roluos temples

ロリュオス遺跡群 Roluos temples・Lolei・Preah Ko・Bakong

ロリュオス遺跡群は、ロレイ、プリア・コー、バコンの3つの遺跡からなります。

プリヤ・カーンPreah Khan

プリヤ・カーン Preah Khan

ダーラニンドラヴァルマン2世王の菩提寺として建設されたのがプリヤ・カーンです。

バンテアイ・サムレBanteay Samre

バンテアイ・サムレ Banteay Samre

バンテアイ・サムレとは「サムレ(ソムラエ)族の砦」という意味です。

ニャック・ポアンNeak Pean

ニャック・ポアン Neak Pean

「北バライ(ジャヤタターカ)」と呼ばれる貯水池(バライ)の中に作られた仏教寺院です。

バンテアイ・クデイBanteay Kdei

バンテアイ・クデイ Banteay Kdei

「バンテアイ」は砦、「クデイ」は僧房、「僧房の砦」という意味の名前を持ちます。

タ・ソムTa Som

タ・ソム Ta Som

ダーラニンドラヴァルマン2世に捧げるために12世紀末に建てられました。

プノン・バケン寺院Phnom Bakheng

プノン・バケン寺院 Phnom Bakheng

アンコールに遷都を行ったヤショーヴァルマン1世によって建設されました。

プノン・クロムPhnom Krom

プノン・クロム Phnom Krom

プノン・クロムは、実際には大きな山ではなく高さ140メートルほどの丘です。

プレ・ループPre Rup

プレ・ループ Pre Rup

アンコール・ワットができる150年ほど前の壮大なピラミッド式寺院で、火葬場の役割も果たしていました。

スラ・スランSrah Srang

スラ・スラン Srah Srang

ジャヤヴァルマン7世が作った王のための沐浴池です。一見すると大きな湖のよう。

トマノンThommanon

トマノン Thommanon

アンコール・トム東方「勝利の門」よりさらに東側に建つ小規模寺院です。

西バライWest Baray

スピアン・プラプトス Spean Praptos

これはクメール王朝の時代に人工的に造られた貯水池で「バライ」と呼ばれています。

ワット・アトヴィアWat Athvea

ワット・アトヴィア

アンコール・ワットを創建したスーリヤヴァルマン2世が造った寺院です。

チャウサイテヴォーダChau Say Tevoda

チャウ・サイ・テヴォーダ Chau Say Tevoda

スーリヤヴァルマン2世によって「トマノン」と対になるように建てられました。

バクセイ・チャムクロンBaksei Chamkrong

バクセイ・チャムクロン Baksei Chamkrong

ピラミッド寺院建築において、今までの建築様式とは違う変化が見られます。。

タ・ケウTa Kev

タ・ケウ Ta Kev

タ・ケウとは「クリスタルの古老」という意味です。その名のとおり、結晶のように積み上がった石材が要塞のようです。

タ・ネイTa Nei

タ・ネイ Ta Nei

アンコール・トムの北東に位置する、仏教寺院です。12世紀末、アンコールを統治したジャヤーヴァルマン7世が築きました。

東バライEast Baray

東バライ East Baray

西暦900年前後にヤショヴァルマン1世により造られたので「ヤショダラタターカ」とも呼ばれます。

東メボンEast Mebon

東メボン East Mebon

西暦900年前後にヤショヴァルマン1世により造られたので「ヤショダラタターカ」とも呼ばれます。

プラサット・クラヴァンPrasat Kravan

プラサット・クラヴァン Prasat Kravan

「クラヴァン」とは香りの良い花の名前という意味です。つまりプラサット・クラヴァンとは「香りの良い花の名前の寺院」ということになります。

クオル・コーKrol Ko

クオル・コー Krol Ko

「雄牛の小屋」という意味を持つクオル・コーは、周囲の樹々に埋もれるようにひっそりと建っています。

西メボンWest Mebon

西メボン West Mebon

「西バライ」の中には小さな島があり、そこに西メボン寺院の遺跡があります。

アック・ヨムAk Yum

アック・ヨム Ak Yum

アンコール王朝が始まる前の、7世紀頃に建築されたと推測されるヒンドゥー教の寺院遺跡です。

閉じる

シェムリアップから少し離れた遺跡(市内中心部より車で約2時間以内)

バンテアイ・スレイBanteay Srei

バンテアイ・スレイ Banteay Srei

アンコール遺跡群の中でも、群を抜いて美しく精巧な壁画が残るバンテアイ・スレイは「クメール美術の至宝」と呼ばれています。

プノン・クーレンPhnom Kulen

プノン・クーレン Phnom Kulen

アンコール発祥の地と言われるプノン・クーレンは、アンコール・ワットから約30キロの場所にある山岳地帯の総称です。

クバール・スピアンkbal Spean

クバール・スピアン kbal Spean

シェムリアップ川を源流とするストゥン・クバール・スピアン川の水中や川岸の水中遺跡です。

ベン・メリアBeng Mealea

ベン・メリア Beng Mealea

シェムリアップ郊外の森の中に建つベン・メリアは、「天空の城ラピュタ」のモデルの一つと言われています。

スピアン・プラプトスSpean Praptos

スピアン・プラプトス Spean Praptos

シェムリアップ郊外の森の中に建つベン・メリアは、「天空の城ラピュタ」のモデルの一つと言われています。

コー・ケーKoh Ker

コー・ケー Koh Ker

ジャヤーヴァルマン4世が王位につき遷都された後、わずか928年~944年まで都であった遺跡です。

閉じる

シェムリアップから離れた遺跡(市内中心部より車で2時間以上)

サンボープレイクックPrasat Sambor

サンボー・プレイ・クック Prasat Sambor

アンコール・ワットより500年前も前に造られていた王都の遺跡があります。

プレア・ヴィヒアPreah Vihear

プレア・ヴィヒア Preah Vihear

プレア・ヴィヒアはタイとの国境に面する仏教寺院です。

バンテアイチュマールBanteay Chhmar

バンテアイチュマール Banteay Chhmar

ジャヤーヴァルマン7世が創建した寺院です。

目 次 目 次

目 次

目 次 目 次

目 次

アンコールワット遺跡群大特集 アンコールワット遺跡群大特集
タ・ソム遺跡 Ta Proth ruins タ・ソム遺跡 Ta Proth ruins

タ・ソム遺跡とは

About Ta Proth Remains

アンコール遺跡群の中では大回りコースとして観光スポットに組み込まれていることが多いタ・ソムは、バイヨンで名高いアンコール・トムの北西にある小規模な寺院です。 ジャヤーヴァルマン7世によって、彼の父 ダーラニンドラヴァルマン2世に捧げるために12世紀末に建てられました。
ジャヤーヴァルマン7世とはアンコール王朝最盛期の王様で、城塞都市アンコール・トムを造り上げた人物です。

チャンパ軍からクメール王国を開放し、都をアンコール・トムに定め、王都や地方都市への主要道路の整備、宿駅や病院の設置をも行った、軍事・政治的に優れた人格者であったと言われています。 約600年にわたるアンコール王朝時代は、王位継承は世襲制ではなく実力が重視されていたため、王位をめぐって内戦が勃発し、王が次々に交代する時代が続きました。
その中でジャヤーヴァルマン7世は、約40年にわたって王位についていた実力者だったのです。

ジャヤーヴァルマン7世以前のアンコール王朝ではヒンドゥー教が信じられ、ヒンドゥーの神様を祀ったり王様自身が神と一体化するための寺院が建てられていましたが、大乗仏教の信徒であるジャヤーヴァルマン7世の即位後は、仏教に関わる施設が次々と建設されました。その1つがタ・ソムです。

タ・ソムはもともと大乗仏教を学び教える僧侶たちの住まいであったそうで、アンコール・トムのバイヨン寺院に代表されるバイヨン様式と呼ばれる造りでできており、ラテライトの周壁によって囲まれた内部には中央祠堂、経堂、小さいながらも四面仏を乗せた塔門があります。
現在の姿は建物の石組みがずれ、樹木の根が幾重にも塔門に巻き付き、破壊がずいぶんと進んでいるので足元にも注意が必要です。

タ・ソムの歴史と見所

タ・ソムの歴史と見所

タ・ソムは12世紀末、ジャヤーヴァルマン7世によって北バライの東側に建てられた仏教寺院です。

もともとは大乗仏教の僧侶たちの住居だったそうで、北バライの中央には施療院としてニャック・ポアンが、北バライの西側には仏教を学ぶ場であったプリア・カーンが、それぞれ12世紀後半~末にかけて、同じジャヤーヴァルマン7世によって建立されました。

アンコール史上、ジャヤーヴァルマン7世の最大の功績は1113年に城壁都市アンコール・トムを完成させたことでしょう。

アンコール・トムの建造は、王宮のピミアナカスや西バライなどを作ったスールヤヴァルマン1世により1020年に着手され、その後数代の王を経てようやく完成された国家寺院で、アンコール地域に王都を作ることは度々他国軍に脅かされた当時の王たちの長年の夢でした。

  • タ・ソム
  • タ・ソム
  • タ・ソム
  • タ・ソム
  • タ・ソム

アンコール・トムは数代の王により作られたためヒンドゥーの宗教色を濃く残していますが、ジャヤーヴァルマン7世自身は大乗仏教を信仰する仏教徒でした。 そのためアンコール・トムの内部でも、彼が創建させたバイヨンは仏教寺院となっており、数々の彫刻の中でも観世音菩薩の四面塔が特に有名です。

ジャヤーヴァルマン7世が建てたタ・ソムも、その四面仏の塔門を構え、壁で四方を囲んだバイヨン様式の建築物で、プリア・カーンの石碑には「タ・ソムは珠玉の白象寺院である」と彫られていたそうですが、今は破損が激しく城壁はかなり崩れています。
1998年にワールド・モニュメント財団の修復プログラムに登録され、安全に観光ができるよう修復がすすめられている遺跡の1つです。

「ソムおじいさん」という意味の名前を持つタ・ソムは僧院として建てられましたが、ジャヤーヴァルマン7世が父であるダーラニンドラヴァルマン2世に捧げるために建築した寺院です。 北バランのニャック・ポアンを間に挟み、タ・ソムの約5キロ西に建てられた寺院 プリア・カーンが、そのダーラニンドラヴァルマン2世の菩提寺であったと言われています。

タ・ソムの出入り口は西側の塔門です。 塔門の頭上にはバイヨン寺院で見られるものと同じ四面仏が人々を迎えます。 その顔はひび割れ風化が進んでいますが、観世音菩薩の眼差しからタ・ソムは人々を救済する大乗仏教の寺院であることがわかるでしょう。

西門から見学し散策した後には、是非とも東門の先にある東塔門を見学してください。 ここには本来は西塔門と同じ四面仏があるはずですが、リエップという名の根が細い木が巻き付き、塔門を覆いつくしている様は自然の驚異を感じさせます。 樹々に押しつぶされそうな姿で名高いタ・プロームとは、また少し異なる趣で必見です。

東西の門では、美しいデバターのレリーフを何体も見ることができます。 デバターとは一般的には女神と言われますが、インド神話の水の精アプサラスや、ヴィシュヌ神の妻 ラクシュミーであるとも言われており、アンコール遺跡群ではとてもよく見ることができる美しい女性のレリーフです。

タ・ソムのデバターはそれぞれのポーズが異なり、祈る姿や踊る姿などバラエティがたいへん豊富ですが、特に美しいと有名なデバターは髪の毛を絞る姿の女神像です。 また、当時のおしゃれを彷彿させるような、耳に大きなイヤリングを付けたデバターもあります。

門の内部には中央の祠堂を中心に8つの建物と2つの経堂があり、かつては22の神体が安置されていたそうですが、今は見る影もありません。 それぞれの建物は崩れ落ち瓦礫の山となっていて、長い年月放置され、人知れず眠っていた遺跡であったことを感じさせるでしょう。

タ・ソムの場所(Google MAP)

シェムリアップの中心から車で約30分、アンコール・トムも北東に位置するタ・ソムは、北バラン地域の観光で見学しておきたい寺院の1つです。
プリア・カーンの貯水池であった北バランを間にはさみ、プリア・カーンとタ・ソムは約5キロの距離にあります。
この辺りの遺跡は地図上では大変近く感じられますが、徒歩や自転車での散策には不向きであるためトゥクトゥクや観光ツアーの利用をおすすめします。
北バランの中央には、施療院だったことで有名な自然豊かな遺跡ニャック・ポアンがあり、プリア・カーン、ニャック・ポアン、タ・ソムの3つは、まるで一直線上に建てられたかのようです。
ニャック・ポアンの入り口付近の寺院クオル・コーと共に、合計4つの現存する遺跡が同じジャヤーヴァルマン7世によって建てられおり、時間が許せばこれら全てを訪問すると良いでしょう。

オススメのアンコール遺跡のご紹介

タ・プロムTa Prohm

タ・プロム Ta Prohm

アンコール(クメール)王朝の国王ジャヤヴァルマン7世により建立された仏教寺院です。

ロリュオス遺跡群Roluos temples

ロリュオス遺跡群 Roluos temples

ロリュオス遺跡群は、ロレイ、プリア・コー、バコンの3つの遺跡からなります。

プリヤ・カーンPreah Khan

プリヤ・カーン Preah Khan

ダーラニンドラヴァルマン2世王の菩提寺として建設されたのがプリヤ・カーンです。

ニャック・ポアンNeak Pean

ニャック・ポアン Neak Pean

「北バライ(ジャヤタターカ)」と呼ばれる貯水池(バライ)の中に作られた仏教寺院です

バンテアイ・クデイBanteay Kdei

バンテアイ・クデイ Banteay Kdei

「バンテアイ」は砦、「クデイ」は僧房、「僧房の砦」という意味の名前を持ちます。

タ・ソムTa Som

タ・ソム Ta Som

ダーラニンドラヴァルマン2世に捧げるために12世紀末に建てられました。

TNKトラベルJAPAN その他サービス

パッケージツアー・ゴルフツアー・格安Wifiレンタル・ホームステイなど現地に密着したサービスも取りそろえています!
まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーチミン・ハノイのパッケージツアーについて
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン ゴルフツアー
格安 WIFIレンタルサービス 実施中!
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン カンボジア シェムリアップでホームスティ

現地在住スタッフがオススメするベトナム・カンボジアのお役立ち情報満載!!

人気レストラン、ローカル屋台、スパ、マッサージ、雑貨店、観光スポットなど、最新のベトナム・カンボジア情報はこちら。

ホーチミンのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ハノイのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ダナン・ホイアン・フエ(ベトナム中部)のオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
シェムリアップのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ面白ブログ
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ紹介ページ
ホーチミンブログ 旅はデタムから
ハノイブログ HANOI 365 Days
ダナン・フエ・ホイアン ベトナム中部ブログ
笑顔系で。メコンデルタツアー集合写真
シェムリアップブログ アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!
黒ブログ ベトナム在住8年目の女子ブログ
back to top