ホーチミンTEL:+84-904-201-926 ハノイTEL: +84-24-3926-3594 ダナンTEL: +84-70-317-4369 シェムリアップTEL: +855-60-965-835 (各国からの番号) お問い合わせはこちら
menu bar
閉じる

シェムリアップ近郊の遺跡群(市内中心部より車で45分程度)

タ・プロムTa Prohm

タ・プロム Ta Prohm

アンコール(クメール)王朝の国王ジャヤヴァルマン7世により建立された仏教寺院です。

ロリュオス遺跡群Roluos temples

ロリュオス遺跡群 Roluos temples・Lolei・Preah Ko・Bakong

ロリュオス遺跡群は、ロレイ、プリア・コー、バコンの3つの遺跡からなります。

プリヤ・カーンPreah Khan

プリヤ・カーン Preah Khan

ダーラニンドラヴァルマン2世王の菩提寺として建設されたのがプリヤ・カーンです。

バンテアイ・サムレBanteay Samre

バンテアイ・サムレ Banteay Samre

バンテアイ・サムレとは「サムレ(ソムラエ)族の砦」という意味です。

ニャック・ポアンNeak Pean

ニャック・ポアン Neak Pean

「北バライ(ジャヤタターカ)」と呼ばれる貯水池(バライ)の中に作られた仏教寺院です。

バンテアイ・クデイBanteay Kdei

バンテアイ・クデイ Banteay Kdei

「バンテアイ」は砦、「クデイ」は僧房、「僧房の砦」という意味の名前を持ちます。

タ・ソムTa Som

タ・ソム Ta Som

ダーラニンドラヴァルマン2世に捧げるために12世紀末に建てられました。

プノン・バケン寺院Phnom Bakheng

プノン・バケン寺院 Phnom Bakheng

アンコールに遷都を行ったヤショーヴァルマン1世によって建設されました。

プノン・クロムPhnom Krom

プノン・クロム Phnom Krom

プノン・クロムは、実際には大きな山ではなく高さ140メートルほどの丘です。

プレ・ループPre Rup

プレ・ループ Pre Rup

アンコール・ワットができる150年ほど前の壮大なピラミッド式寺院で、火葬場の役割も果たしていました。

スラ・スランSrah Srang

スラ・スラン Srah Srang

ジャヤヴァルマン7世が作った王のための沐浴池です。一見すると大きな湖のよう。

トマノンThommanon

トマノン Thommanon

アンコール・トム東方「勝利の門」よりさらに東側に建つ小規模寺院です。

西バライWest Baray

スピアン・プラプトス Spean Praptos

これはクメール王朝の時代に人工的に造られた貯水池で「バライ」と呼ばれています。

ワット・アトヴィアWat Athvea

ワット・アトヴィア

アンコール・ワットを創建したスーリヤヴァルマン2世が造った寺院です。

チャウサイテヴォーダChau Say Tevoda

チャウ・サイ・テヴォーダ Chau Say Tevoda

スーリヤヴァルマン2世によって「トマノン」と対になるように建てられました。

バクセイ・チャムクロンBaksei Chamkrong

バクセイ・チャムクロン Baksei Chamkrong

ピラミッド寺院建築において、今までの建築様式とは違う変化が見られます。。

タ・ケウTa Kev

タ・ケウ Ta Kev

タ・ケウとは「クリスタルの古老」という意味です。その名のとおり、結晶のように積み上がった石材が要塞のようです。

タ・ネイTa Nei

タ・ネイ Ta Nei

アンコール・トムの北東に位置する、仏教寺院です。12世紀末、アンコールを統治したジャヤーヴァルマン7世が築きました。

東バライEast Baray

東バライ East Baray

西暦900年前後にヤショヴァルマン1世により造られたので「ヤショダラタターカ」とも呼ばれます。

東メボンEast Mebon

東メボン East Mebon

西暦900年前後にヤショヴァルマン1世により造られたので「ヤショダラタターカ」とも呼ばれます。

プラサット・クラヴァンPrasat Kravan

プラサット・クラヴァン Prasat Kravan

「クラヴァン」とは香りの良い花の名前という意味です。つまりプラサット・クラヴァンとは「香りの良い花の名前の寺院」ということになります。

クオル・コーKrol Ko

クオル・コー Krol Ko

「雄牛の小屋」という意味を持つクオル・コーは、周囲の樹々に埋もれるようにひっそりと建っています。

西メボンWest Mebon

西メボン West Mebon

「西バライ」の中には小さな島があり、そこに西メボン寺院の遺跡があります。

アック・ヨムAk Yum

アック・ヨム Ak Yum

アンコール王朝が始まる前の、7世紀頃に建築されたと推測されるヒンドゥー教の寺院遺跡です。

閉じる

シェムリアップから少し離れた遺跡(市内中心部より車で約2時間以内)

バンテアイ・スレイBanteay Srei

バンテアイ・スレイ Banteay Srei

アンコール遺跡群の中でも、群を抜いて美しく精巧な壁画が残るバンテアイ・スレイは「クメール美術の至宝」と呼ばれています。

プノン・クーレンPhnom Kulen

プノン・クーレン Phnom Kulen

アンコール発祥の地と言われるプノン・クーレンは、アンコール・ワットから約30キロの場所にある山岳地帯の総称です。

クバール・スピアンkbal Spean

クバール・スピアン kbal Spean

シェムリアップ川を源流とするストゥン・クバール・スピアン川の水中や川岸の水中遺跡です。

ベン・メリアBeng Mealea

ベン・メリア Beng Mealea

シェムリアップ郊外の森の中に建つベン・メリアは、「天空の城ラピュタ」のモデルの一つと言われています。

スピアン・プラプトスSpean Praptos

スピアン・プラプトス Spean Praptos

シェムリアップ郊外の森の中に建つベン・メリアは、「天空の城ラピュタ」のモデルの一つと言われています。

コー・ケーKoh Ker

コー・ケー Koh Ker

ジャヤーヴァルマン4世が王位につき遷都された後、わずか928年~944年まで都であった遺跡です。

閉じる

シェムリアップから離れた遺跡(市内中心部より車で2時間以上)

サンボープレイクックPrasat Sambor

サンボー・プレイ・クック Prasat Sambor

アンコール・ワットより500年前も前に造られていた王都の遺跡があります。

プレア・ヴィヒアPreah Vihear

プレア・ヴィヒア Preah Vihear

プレア・ヴィヒアはタイとの国境に面する仏教寺院です。

バンテアイチュマールBanteay Chhmar

バンテアイチュマール Banteay Chhmar

ジャヤーヴァルマン7世が創建した寺院です。

目 次 目 次

目 次

目 次 目 次

目 次

アンコールワット遺跡群大特集 アンコールワット遺跡群大特集
ワット・アトヴィア遺跡 Wat Athvea ruins ワット・アトヴィア遺跡 Wat Athvea ruins

ワット・アトヴィア遺跡とは

About Wat Athvea Remains

アンコール・ワットを創建したスーリヤヴァルマン2世が造った寺院です。アンコール・ワットと同じ12世紀前半に建てられました。 ワット・アトヴィアはちょうどアンコール・ワットとトンレ・サップ湖の中間、それぞれに約12キロの距離に位置しています。

メコン川から続くトンレ・サップ川を北上し、トンレ・サップ湖を渡ってアンコール・ワットへ参拝する各地からの人々が、最初にたどり着いた寺院だったと言われており、休憩所の役割もあったようです。
かつて道路の整備もまだそれほどは進んでいなかった時代に、徒歩や牛車でアンコール・ワットまでの道のりは遠く、船を降りて中間となるワット・アトヴィアまででも3時間以上はかかったに違いありません。

寺院の名前は「トヴィア」=「扉」という意味に由来し、アンコール・ワットへの扉として重要な役割の寺院であったという説と、石碑に刻まれていた「アトヴィア」=「長い道のり」が、まさにアンコール・ワットまで長い道を歩く必要があったから、という説があるようです。 アンコール王朝のクメール文化には紙がなく、動物のなめし革や植物の葉を加工したものに文字を書いていました。

そのため、すでに記録は失われ、わずかに残る石碑の文字や中国の外交官や貿易商などによる記述によってアンコール時代の謎が少しずつ研究されていることが実情です。
このワット・アトヴィアについても、創建の目的や寺院の名前の由来など、多くの謎がまだ残されています。

現代のワット・アトヴィアでは、遺跡の横に仏教寺院のアトヴィア・パゴダと墓地が併設して造られており、生活の中の信仰の場として近隣の人々に親しまれています。

ワット・アトヴィアの歴史と見所

ワット・アトヴィア 外観

ワット・アトヴィアを創建したスーリヤヴァルマン2世はアンコール王朝18代目の王で、ヒンドゥー教寺院の建設に熱心だった人物です。 アンコール・ワット、トマノン、バンテアイ・サムレなども建てています。

アンコール王朝では、新しい王が即位すると前王よりも豪華な寺院を建立して権力を象徴する文化があり、隣国との戦争に次々勝利し領土を拡大していったスーリヤヴァルマン2世が、その偉大さを表すために大型寺院を次々に造ったのだと考えられます。 中でも最も有名なアンコール・ワットは、1113年に王が即位した後から約30年かけて建造されました。

その建設目的はスーリヤヴァルマン2世自身の霊廟とするためであり、また王がヒンドゥー教の最高神 ヴィシュヌと交信する儀式の場として、王の神格化を象徴する寺院にするためだったと言われています。

当時の王都の10分の1にあたる6万人が建設に携わったと推測され、この護国寺建設は国家の一大プロジェクトであったに違いありません。 ワット・アトヴィアの建造年は定かではありませんが、同じ建築様式から12世紀前半と言われ、アンコール・ワットの建造事業と並行して建造されたことがわかっています。

  • ワット・アトヴィア 外観
  • ワット・アトヴィア 外観
  • ワット・アトヴィア 外観
  • ワット・アトヴィア 外観
  • ワット・アトヴィア 外観

アンコール・ワットの中央祠堂は高さ65メートルもあり、神々が住むというメール山を模して造られました。
全部で5つの塔と3つの回廊があり、その周りを東西1,500メートル、南北1,300メートルの環濠で囲んでいる大規模な寺院です。
その回廊や塔門、壁のあらゆるところに、古代インド神話やヒンドゥー教の物語や植物の葉、つるや花をモチーフにしたレリーフが彫られており、クメール美術の傑作と称賛されています。

ワット・アトヴィア 外観

遺跡に通じる門

ワット・アトヴィア 外観

ヴィシュヌが祀られた寺院

ワット・アトヴィア 外観

ワット・アトヴィアの夕方

寺院はあまり例のない西向きに建てられ、ヒンドゥー教の最高神の一人、ヴィシュヌが祀られました。
ヒンドゥー教ではトリムールティ(三神一体)という考え方によって、宇宙の創造、維持、破壊・再生がブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの3柱で表現されており、ヴィシュヌは世界の混沌や危機を救う守護者(維持者)です。

実力主義で常に内戦が続いていた当時にしては、スーリヤヴァルマン2世は長く在位についた王で、クメール王国をタイ中部、マレー半島、ベトナム南部までの広範囲に拡大した有力者でした。

しかし、次々に行われる寺院の建設や装飾にかかる労力や費用は相当なものであったことが推測され、国民は徴税や労働力の奉仕に疲弊していたに違いありません。 結果として在位中には全て完成できず、アンコール・ワットも、ワット・アトヴィアも未完のまま放置されました。

ワット・アトヴィア 外観

この時代、農業や商業が栄えた

ワット・アトヴィア 外観

スーリヤヴァルマン2世は強大な権力者

ワット・アトヴィア 外観

遺跡の外観の壁

その後もアンコール・ワットには長い歴史があります。
スーリヤヴァルマン2世の没後、数代の王を経てジャヤーヴァルマン7世が12世紀後半にアンコール・トムへ王都を遷都します。この時代はインフラ整備により農業や商業が栄え、国内は平穏で領土も最も広くなったアンコール王朝の最盛期です。

しかし、その後の後継者争いや近隣の王国発祥により再び戦争が頻発し、最後にはシャム(タイ)のアユタヤ王朝によって1431年にアンコール・トムは陥落し、幾多の戦乱によって首都もプノンペンに遷り、アンコール・ワットは忘れられていきます。

ワット・アトヴィア 外観

棟の天辺に円盤のようなものが

ワット・アトヴィア 外観

壊された外壁

ワット・アトヴィア 外観

地元の子供達がよく遊んでいます

16世紀半ばにアン・チェン1世がアンコール・ワットに再度注目し、建造に手を加えたのです。第一回廊北面などの未完成だった部分へ彫刻を施し、再びアンコール・ワットに光が当たるかのように見えました。

しかし彼の孫であるサター1世は内部のヴィシュヌ像などを取り払い、アンコール・ワットを仏教寺院へ改修してしまいます。
1632年に日本人の侍、森本右近太夫一房が訪れた時にもアンコール・ワットは仏像が安置された寺院で、森本は壁にその仏像への驚嘆と訪問について記すのです。

それは現代では、世界遺産への落書きと言われ話題になったことも記憶に新しいでしょう。 1887年カンボジアは仏領インドシナとなり、1907年にはアンコール地域の領土をシャムから奪い返すと、フランス極東学院がアンコール遺跡の修復・保存に着手しました。

ワット・アトヴィア 外観

休憩所の役割もあった遺跡

ワット・アトヴィア 外観

のどかな雰囲気

ワット・アトヴィア 外観

未完成のまま建設が終わった遺跡

しかし1979年に武装組織クメール・ルージュが強堅な造りのアンコール・ワットを本拠地に据えると、宗教的な象徴は共産主義勢力に標的にされ、アンコール・ワットの多くの仏像は破壊されたのです。
こうしてヴィシュヌ神に捧げられたヒンドゥー教寺院のアンコール・ワットは、長い歴史の中で何回も仏教やヒンドゥー教に改修されていき、破壊と修復、改修が繰り返されました。

苦難の歴史を重ねたアンコール・ワットに比べ、史実上は脚光を浴びることが少ないワット・アトヴィアですが、ここでもきっとヒンドゥー教の彫像が壊されて仏像と替えられたり、政治的組織により宗教の象徴が破壊されたこともあったのではないでしょうか。

ワット・アトヴィア 外観

写真のとうり、少し傾いている

ワット・アトヴィア 外観

寺院の名前は「トヴィア」=「扉」

ワット・アトヴィア 外観

1部は補強されている状態

ワット・アトヴィアは、アンコール遺跡群の中では数少ない西向きに建てられた寺院で、アンコール・ワットと同じようにヴィシュヌ神へ捧げられたと考えられています。
シェムリアップ市街から車で5分ほどの場所に位置し、ワット・アトヴィアとシェムリアップを結ぶ緑豊かでのどかな道を、馬に乗って散策するアクティビティも人気です。

寺院は中央祠堂を囲むように四隅に経蔵があり、アンコール王朝の寺院では他に例を見ない構成になっています。
アンコール・ワットと同じ12世紀前半に建築されており、その主な材料は同様にラテライトと砂岩です。建物の一部は破損していますが、1960年代初頭に修復された周壁や塔門・まぐさ石のレリーフを間近で見ることができます。
また、アンコール・ワットのデヴァターに良く似た彫刻も見どころの1つです。

ワット・アトヴィア 外観

スーリヤヴァルマン2世の建造物

ワット・アトヴィア 外観

地物の方もよく訪れます

ワット・アトヴィア 外観

日中はかなり暑くなります

ワット・アトヴィアでは全部で4体見ることができますが、壁の一部はレリーフが途中で終わっています。
本来はもっと多くのデヴァターや壁の装飾を予定したところ、何らかの理由によって未完成のまま建設が終わったということがわかります。
ワット・アトヴィアのデヴァターは比較的保存状態がよく、周囲のレリーフからくっきりと浮き彫りになっています。

デヴァターの顔と胸は、アンコール・ワットのデヴァターと同じように磨かれたように光っていますが、大勢の人々が触って磨かれただけではなく、苔や劣化から保護するために石に加工をしたからという説もあるようです。

ワット・アトヴィア遺跡の場所(Google MAP)

シェムリアップ市街から約6キロ、アンコール・ワットとトンレ・サップ湖との中間に位置するワット・アトヴィアは、現代の仏教寺院アトヴィア・パゴダに併設しています。

アトヴィア・パゴダは葬式や火葬、結婚式などの儀式の場はもちろん、普段の祈りの場としても人々に利用されていて、遺跡内にも寺院の参拝客や周辺に住んでいる人が来ています。

観光スポットとしてはあまりポピュラーではなく遺跡見学者の数はまばらですが、アンコール・パスの検札は実施されているので、ホテルの部屋にパスを忘れないよう注意してください。

オススメのアンコール遺跡のご紹介

タ・プロムTa Prohm

タ・プロム Ta Prohm

アンコール(クメール)王朝の国王ジャヤヴァルマン7世により建立された仏教寺院です。

ロリュオス遺跡群Roluos temples

ロリュオス遺跡群 Roluos temples

ロリュオス遺跡群は、ロレイ、プリア・コー、バコンの3つの遺跡からなります。

プリヤ・カーンPreah Khan

プリヤ・カーン Preah Khan

ダーラニンドラヴァルマン2世王の菩提寺として建設されたのがプリヤ・カーンです。

ニャック・ポアンNeak Pean

ニャック・ポアン Neak Pean

「北バライ(ジャヤタターカ)」と呼ばれる貯水池(バライ)の中に作られた仏教寺院です

バンテアイ・クデイBanteay Kdei

バンテアイ・クデイ Banteay Kdei

「バンテアイ」は砦、「クデイ」は僧房、「僧房の砦」という意味の名前を持ちます。

タ・ソムTa Som

タ・ソム Ta Som

ダーラニンドラヴァルマン2世に捧げるために12世紀末に建てられました。

TNKトラベルJAPAN その他サービス

パッケージツアー・ゴルフツアー・格安Wifiレンタル・ホームステイなど現地に密着したサービスも取りそろえています!
まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーチミン・ハノイのパッケージツアーについて
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン ゴルフツアー
格安 WIFIレンタルサービス 実施中!
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン カンボジア シェムリアップでホームスティ

現地在住スタッフがオススメするベトナム・カンボジアのお役立ち情報満載!!

人気レストラン、ローカル屋台、スパ、マッサージ、雑貨店、観光スポットなど、最新のベトナム・カンボジア情報はこちら。

ホーチミンのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ハノイのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ダナン・ホイアン・フエ(ベトナム中部)のオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
シェムリアップのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ面白ブログ
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ紹介ページ
ホーチミンブログ 旅はデタムから
ハノイブログ HANOI 365 Days
ダナン・フエ・ホイアン ベトナム中部ブログ
笑顔系で。メコンデルタツアー集合写真
シェムリアップブログ アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!
黒ブログ ベトナム在住8年目の女子ブログ
back to top