ホーチミンTEL:+84-904-201-926 ハノイTEL: +84-24-3926-3594 ダナンTEL: +84-70-317-4369 シェムリアップTEL: +855-60-965-835 (各国からの番号) お問い合わせはこちら
menu bar
閉じる

シェムリアップ近郊の遺跡群(市内中心部より車で45分程度)

タ・プロムTa Prohm

タ・プロム Ta Prohm

アンコール(クメール)王朝の国王ジャヤヴァルマン7世により建立された仏教寺院です。

ロリュオス遺跡群Roluos temples

ロリュオス遺跡群 Roluos temples・Lolei・Preah Ko・Bakong

ロリュオス遺跡群は、ロレイ、プリア・コー、バコンの3つの遺跡からなります。

プリヤ・カーンPreah Khan

プリヤ・カーン Preah Khan

ダーラニンドラヴァルマン2世王の菩提寺として建設されたのがプリヤ・カーンです。

バンテアイ・サムレBanteay Samre

バンテアイ・サムレ Banteay Samre

バンテアイ・サムレとは「サムレ(ソムラエ)族の砦」という意味です。

ニャック・ポアンNeak Pean

ニャック・ポアン Neak Pean

「北バライ(ジャヤタターカ)」と呼ばれる貯水池(バライ)の中に作られた仏教寺院です。

バンテアイ・クデイBanteay Kdei

バンテアイ・クデイ Banteay Kdei

「バンテアイ」は砦、「クデイ」は僧房、「僧房の砦」という意味の名前を持ちます。

タ・ソムTa Som

タ・ソム Ta Som

ダーラニンドラヴァルマン2世に捧げるために12世紀末に建てられました。

プノン・バケン寺院Phnom Bakheng

プノン・バケン寺院 Phnom Bakheng

アンコールに遷都を行ったヤショーヴァルマン1世によって建設されました。

プノン・クロムPhnom Krom

プノン・クロム Phnom Krom

プノン・クロムは、実際には大きな山ではなく高さ140メートルほどの丘です。

プレ・ループPre Rup

プレ・ループ Pre Rup

アンコール・ワットができる150年ほど前の壮大なピラミッド式寺院で、火葬場の役割も果たしていました。

スラ・スランSrah Srang

スラ・スラン Srah Srang

ジャヤヴァルマン7世が作った王のための沐浴池です。一見すると大きな湖のよう。

トマノンThommanon

トマノン Thommanon

アンコール・トム東方「勝利の門」よりさらに東側に建つ小規模寺院です。

西バライWest Baray

スピアン・プラプトス Spean Praptos

これはクメール王朝の時代に人工的に造られた貯水池で「バライ」と呼ばれています。

ワット・アトヴィアWat Athvea

ワット・アトヴィア

アンコール・ワットを創建したスーリヤヴァルマン2世が造った寺院です。

チャウサイテヴォーダChau Say Tevoda

チャウ・サイ・テヴォーダ Chau Say Tevoda

スーリヤヴァルマン2世によって「トマノン」と対になるように建てられました。

バクセイ・チャムクロンBaksei Chamkrong

バクセイ・チャムクロン Baksei Chamkrong

ピラミッド寺院建築において、今までの建築様式とは違う変化が見られます。。

タ・ケウTa Kev

タ・ケウ Ta Kev

タ・ケウとは「クリスタルの古老」という意味です。その名のとおり、結晶のように積み上がった石材が要塞のようです。

タ・ネイTa Nei

タ・ネイ Ta Nei

アンコール・トムの北東に位置する、仏教寺院です。12世紀末、アンコールを統治したジャヤーヴァルマン7世が築きました。

東バライEast Baray

東バライ East Baray

西暦900年前後にヤショヴァルマン1世により造られたので「ヤショダラタターカ」とも呼ばれます。

東メボンEast Mebon

東メボン East Mebon

西暦900年前後にヤショヴァルマン1世により造られたので「ヤショダラタターカ」とも呼ばれます。

プラサット・クラヴァンPrasat Kravan

プラサット・クラヴァン Prasat Kravan

「クラヴァン」とは香りの良い花の名前という意味です。つまりプラサット・クラヴァンとは「香りの良い花の名前の寺院」ということになります。

クオル・コーKrol Ko

クオル・コー Krol Ko

「雄牛の小屋」という意味を持つクオル・コーは、周囲の樹々に埋もれるようにひっそりと建っています。

西メボンWest Mebon

西メボン West Mebon

「西バライ」の中には小さな島があり、そこに西メボン寺院の遺跡があります。

アック・ヨムAk Yum

アック・ヨム Ak Yum

アンコール王朝が始まる前の、7世紀頃に建築されたと推測されるヒンドゥー教の寺院遺跡です。

閉じる

シェムリアップから少し離れた遺跡(市内中心部より車で約2時間以内)

バンテアイ・スレイBanteay Srei

バンテアイ・スレイ Banteay Srei

アンコール遺跡群の中でも、群を抜いて美しく精巧な壁画が残るバンテアイ・スレイは「クメール美術の至宝」と呼ばれています。

プノン・クーレンPhnom Kulen

プノン・クーレン Phnom Kulen

アンコール発祥の地と言われるプノン・クーレンは、アンコール・ワットから約30キロの場所にある山岳地帯の総称です。

クバール・スピアンkbal Spean

クバール・スピアン kbal Spean

シェムリアップ川を源流とするストゥン・クバール・スピアン川の水中や川岸の水中遺跡です。

ベン・メリアBeng Mealea

ベン・メリア Beng Mealea

シェムリアップ郊外の森の中に建つベン・メリアは、「天空の城ラピュタ」のモデルの一つと言われています。

スピアン・プラプトスSpean Praptos

スピアン・プラプトス Spean Praptos

シェムリアップ郊外の森の中に建つベン・メリアは、「天空の城ラピュタ」のモデルの一つと言われています。

コー・ケーKoh Ker

コー・ケー Koh Ker

ジャヤーヴァルマン4世が王位につき遷都された後、わずか928年~944年まで都であった遺跡です。

閉じる

シェムリアップから離れた遺跡(市内中心部より車で2時間以上)

サンボープレイクックPrasat Sambor

サンボー・プレイ・クック Prasat Sambor

アンコール・ワットより500年前も前に造られていた王都の遺跡があります。

プレア・ヴィヒアPreah Vihear

プレア・ヴィヒア Preah Vihear

プレア・ヴィヒアはタイとの国境に面する仏教寺院です。

バンテアイチュマールBanteay Chhmar

バンテアイチュマール Banteay Chhmar

ジャヤーヴァルマン7世が創建した寺院です。

目 次 目 次

目 次

目 次 目 次

目 次

アンコールワット遺跡群大特集 アンコールワット遺跡群大特集
プレアヴィヒア(Preah Vihear) プレアヴィヒア(Preah Vihear)

プレアヴィヒア(Preah Vihear)とは

About Roluos temples・Lolei・Preah Ko・Bakong Remains

カンボジアとタイの国境にあるダンレック山地に建つ山岳遺跡で、寺院の断崖絶壁からの絶景に「天空の世界遺産」と呼ばれるヒンドゥー教寺院です。 プリア・ヴィヘアはクメール語で「神聖な寺院」を意味しており、タイ側では同じ意味ではあるものの「プラーサート・プラウィハーン」と呼ばれています。国境線上に位置しており、長年その領有権を巡って両国の間で争われてきました。 リア・ヴィヘアは9世紀末にヤショーヴァルマン1世によって、ヒンドゥー教寺院として造られました。その後増改築が続けられ、11世紀前半にはスーリヤヴァルマン1世が、12世紀前半にはスーリヤヴァルマン2世がそれぞれ大幅な改築を行ったそうです。

標高625メートルの断崖となる山頂に中央祠堂が造られ、山の斜面に参道と5つの塔門が配置されています。この第一塔門はカンボジア紙幣の図柄にも採用されている美しい造りで、破風のレリーフも見事です。しかし、なんといっても一番の見どころは山頂から見下ろす絶景でしょう。ジャングルが遠くまで続く雄大なカンボジアの大地に、誰もが感激するスポットです。

シェムリアップから車で約3~4時間もかかる郊外にあり、山の麓の駐車場からはバイクや四輪駆動のトラックに乗り換えて山岳遺跡へ向かいます。今は落ち着いているとはいえ紛争地帯にあり、山の中には地雷も残る場所もあるため、観光ツアーを利用して訪問することを強くおすすめします。尚、かつてはタイ側からカオプラウィハーン国立公園から伸びている道も使われていましたが、現在は国境封鎖のために通行止めです。プリア・ヴィへアには常にカンボジア軍の兵隊が駐在し、国境を監視しています。

プレアヴィヒアの歴史と見所

プレアヴィヒア

アンコールの地に首都ヤショーダラブラを造営したヤショーヴァルマン1世によって、プリア・ヴィヘアは9世紀末に造られました。アンコール王朝の創始より、まだ100年も経っていない頃のことです。 当時はヒンドゥー教シヴァ派の寺院として建立されましたが、現存する寺院の建物は11世紀前半~12世紀前半に増築されたものがほとんどであると言われています。 プレア・ヴィヘアは現在のカンボジアとタイの国境上にあり、1962年に国際司法裁判所よりカンボジア領と認められましたが、今でもカンボジア軍が防衛のため監視しています。カンボジアとタイの紛争の歴史は古く、アンコール王朝を滅ぼした王国もタイでした。

アンコール王朝は802年の創始より隣国との戦争が続いていました。それ以前のプレ・アンコール時代から、インドと中国の中間地点という立地から貿易が栄え、外国の文化が入り商業や農業も発展していたため、インドシナ半島の諸国と領土の争いが絶えなかったのです。 クメール王国が最も栄えた時代は12世紀後半~13世紀初頭、アンコール・トムを完成させ、国のインフラ整備に最も力を入れたジャヤーヴァルマン7世が統治した時代と言われています。しかし彼の没後は現在のタイでなる、シャムのアユタヤ朝にアンコールが侵略され、1431年頃にアンコール・トムは陥落するのです。

  • プレアヴィヒア
  • プレアヴィヒア
  • プレアヴィヒア
  • プレアヴィヒア
  • プレアヴィヒア

その後に生まれたカンボジア王国も、首都を転々とし、15世紀以降はシャム王国に領土を奪われていきます。18世紀後半には、シャムとベトナムの攻撃によってカンボジア王国の存続時代も危ぶまれることとなるのです。その後、シャムとベトナムによる二重の支配から逃れるため、当時アジアに進出していたフランスに救いを求め、1863年から1953年までフランスの植民地になります。その後、国際世論に訴えたカンボジアは独立することになりますが、再び国内が混乱し、今度はベトナム戦争に巻き込まれていくのです。 プリア・ヴィヘアはカンボジア国内2番目の世界遺産として2008年に認定されますが、それをきっかけに再びタイとカンボジアの緊張が高まります。寺院の周辺では、死傷者が出るほどの銃撃戦が両国間で度々行われました。ようやく紛争解決に向けた正式な話し合いが行われるようになったのは、2011年のことです。現在ではカンボジア軍の国境監視隊のみが駐屯していますが、タイ側から寺院には入れないばかりか、プリア・ヴィヘアにタイ人を入れないためのパスポート検査も行われています。

山の斜面を利用して参道と塔門を造り、山頂に中央祠堂を設置したプリア・ヴィヘアは、アンコール王朝の寺院建設とは異なり東向きではありません。 ダンレック山の北斜面に建つため、南北に建物が造られているのです。南側が中央祠堂と眺めが見事な断崖となり、北側にはタイとの国境線があります。 シャイレーンドラ朝はインドネシアのジャワ島を中心に東南アジアで栄え、真臘国を属国にした約20年後には世界最大級の仏教寺院 ボロブドゥールを創建するほどの高い技術を持った国でした。

プレアヴィヒア

広大な参道

プレアヴィヒア

第三塔門

プレアヴィヒア

野生の猿の群れ

第二塔門から再び参道を上ると、大型の建物が見えてきます。外周の一部が崩れていますが、周壁のレリーフや偽窓の連子もくっきり残っている第三塔門です。表側の破風にはヴィシュヌ神の化身クリシュナが山を持ち上げたという神話が彫られており、裏側には聖牛ナンディンにまたがるシヴァ神の姿がレリーフとなっています。 どちらも精巧に造られた彫刻で、クメール文化の装飾にかける労力と手のこんだ技術が表されたレリーフです。この第三塔門からは、北にタイ側となる山の麓が良く見えます。 次の第四塔門までの距離は長くはありませんが、塔門も建物も崩壊しています。乳海攪拌のクールマが描かれていたそうです。

ナーガの欄干がついた階段を上ると、第一塔門です。ここはカンボジアの紙幣にも図柄が使われている、堂々とした破風とまぐさ石が立派な塔門ですが、壁はすっかり崩壊しています。さらにリンガが並ぶ参道を上ると貯水池が左手に見え、そこを過ぎると第二塔門です。 第二塔門の表側の破風にはインドラ神のレリーフがあり、裏側にはヒンドゥーの古代神話、乳海撹拌が彫られた破風が残っています。表側はかなり風化してしまっていますが、裏側のレリーフでは神々と阿修羅が大蛇ヴァースキを引っ張り合って、海をかき混ぜている姿を見ることができます。その下のまぐさ石には、ヴィシュヌ神が蛇神アナンタの上に横たわり、そのヘソから生えた蓮の花の上にブラフマー神が瞑想する姿のレリーフもあります。

プレアヴィヒア

倒壊した塔門

プレアヴィヒア

貯水池

プレアヴィヒア

断崖絶壁からの絶景

この先を進むとついに最後の第五塔門をくぐります。どっしりとした造りの塔門で、回廊も一部残っています。ここには踊るシヴァ神のレリーフを破風に見ることができます。 こうしてようやく頂上にたどり着くと、中央祠堂の裏側の断崖絶壁から絶景を眺めることができるのです。雄大なカンボジアの風景を見るためだけにも、ここを訪れる価値があると思えるほどです。 ただし、この崖には柵などはありませんので、写真撮影に夢中になって落ちないようにくれぐれも注意をしてください。

プレアヴィヒア寺院を見学出来るツアーのご紹介

プレアヴィヒア寺院

お一人様あたりの価格

料金:$145〜

詳細はこちら

プレアヴィヒア寺院

目の前に見える地平線は一生の思い出!!世界遺産プレアヴィヒア寺院ツアー

【プライベート・貸切ツアー】

ツアーの魅力と見所:
「プレアヴィヒア寺院」は2008年にカンボジア第二の世界遺産として登録されてから、数多くの旅行者が訪れています。タイとの国境にあるダンレック山地の北斜面を利用した標高約600mにそびえ立つ寺院から眺めるカンボジアの大地は絶景です。 5つの塔門が北から南へ水平距離約800mにわたり、一直線上に配置されるように構成されており、参詣の際には山頂へ向けて標高100mを登っていきます。訪問時、最初に見られる第一塔門は2000リエル札の紙幣にの図柄に採用されるほど、美しい構造美となっています。 美しいレリーフなどが残る一方で、世界遺産に登録される前後タイとの間で所有権を巡って争った際の銃痕などを多くの建築物から発見できます。

お一人様あたりの価格

料金:$145〜

詳細はこちら

プレアヴィヒア寺院

お一人様あたりの価格

料金:$170〜

詳細はこちら

プレアヴィヒア寺院

【貸切】断崖絶壁の世界遺産プレアヴィヒア寺院 感動ツアー!

【プライベート・貸切ツアー】

ツアーの魅力と見所:
こちらのツアーはお客様のみのプライベート・貸切ツアーです。シェムリアップの町から北へ約230km。カンボジアとタイの国境をなすダンレック山地に作られたカンボジア第二の世界遺産、プレアヴィヒア寺院を訪れるツアーです。 「天空の寺院」とも呼ばれいるこのプレアヴィヒアは2000リエル札にも描かれています。お手元のお札と実物を比べてみてください。プレアヴィヒアに入るとまず見えてくるのが、5つの塔門が一直線上に並んでおり、参道によってそれらの塔門がつながれています。 各塔門の破風に掘られたレリーフは今なお美しい保存状態を保っております。また、遺跡の奥、カンボジアの大地を見下ろせる絶景は必見です。

お一人様あたりの価格

料金:$170〜

詳細はこちら

プレアヴィヒア寺院

お一人様あたりの価格

料金:$159〜

詳細はこちら

プレアヴィヒア寺院

ベンメリア+プレアヴィヒア2大スポット日帰りツアー!

【グループ・混載ツアー】

ツアーの魅力と見所:
天空の寺院と呼ばれるプレアヴィヒア、そしてラピュタのモデルになったと言われているベンメリア。 この両遺跡を同日に観光しちゃおうという充実度MAXなこのツアーです。 カンボジアとタイの国境にある世界遺産プレアヴィヒア。 625mの断崖の頂上に建っていることが、天空の寺院とも呼ばれる所以です。その絶壁からはカンボジアの緑の大地を一望することができ、果てしなく延びる地平線は訪れた人だけが見ることのできるイチオシの絶景です。 ベンメリアはラピュタのモデルとして人気の遺跡です。 崩壊し苔むした遺跡はとても神秘的で、カメラを向けずにはいられないでしょう。 しかし、肉眼でもしっかりと見て、その歴史的な背景に思いをはせるのも楽しみ方の一つです

お一人様あたりの価格

料金:$159〜

詳細はこちら

プレアヴィヒア寺院

お一人様あたりの価格

料金:$224〜

詳細はこちら

プレアヴィヒア寺院

プレアヴィヒアとサンボー・プレイ・クックの2大世界遺産ツアー

【グループ・混載ツアー】

ツアーの魅力と見所:
カンボジア第二、第三の世界遺産を一度にまとめて訪れることの出来る今までにないツアー行程となっています。サンボー・プレイ・クックはプレアンコール時代7世紀初頭に創建された遺跡です。 アンコール遺跡よりもその歴史は古いため、保存状態はアンコール遺跡ほどよくはないですが、東西6km南北4kmと、かなり大規模で迫力のある遺跡群です。 中心部に点在する各遺跡に特定の名は付けられておらず、北にNグループ、中央がCグループ、そして南側がSグループとなっており、N1やC5などのように呼称されています。 「天空の寺院」とも呼ばれいるこのプレアヴィヒアは2000リエル札にも描かれています。お手元のお札と実物を比べてみてください。プレアヴィヒアに入るとまず見えてくるのが、5つの塔門が一直線上に並んでおり、参道によってそれらの塔門がつながれています。 各塔門の破風に掘られたレリーフは今なお美しい保存状態を保っております。また、遺跡の奥、カンボジアの大地を見下ろせる絶景は必見です。

お一人様あたりの価格

料金:$224〜

詳細はこちら

プレアヴィヒアの場所(Google MAP)

プリア・ヴィへアは、シェムリアップ市街から約250キロ、車では3~4時間もかかる山岳地帯にあります。標高625メートルもの山の斜面に約800メートルにわたって伽藍が建てられており、何段もの階段を上らなくてはいけません。空気も薄く感じられ、日差しもかなり強い場所なので、体力に自信がない人にはあまりおすすめできない場所です。

稀に崩落により通行止めになる場合があるため、個人で訪問する際には入場制限に注意をしてください。遺跡見学のためにはアンコール・パスではなく別途チケットの購入が必要で、ガイドの同行が義務化されています。タイとの紛争が完全に終結したわけではないため、山中にはまだ地雷が埋められている場所もあり、今はのんびりムードとはいえカンボジア軍の兵士も多い場所なので、安全のためにもツアーの利用がおすすめです。

オススメのアンコール遺跡のご紹介

タ・プロムTa Prohm

タ・プロム Ta Prohm

アンコール(クメール)王朝の国王ジャヤヴァルマン7世により建立された仏教寺院です。

ロリュオス遺跡群Roluos temples

ロリュオス遺跡群 Roluos temples

ロリュオス遺跡群は、ロレイ、プリア・コー、バコンの3つの遺跡からなります。

プリヤ・カーンPreah Khan

プリヤ・カーン Preah Khan

ダーラニンドラヴァルマン2世王の菩提寺として建設されたのがプリヤ・カーンです。

ニャック・ポアンNeak Pean

ニャック・ポアン Neak Pean

「北バライ(ジャヤタターカ)」と呼ばれる貯水池(バライ)の中に作られた仏教寺院です

バンテアイ・クデイBanteay Kdei

バンテアイ・クデイ Banteay Kdei

「バンテアイ」は砦、「クデイ」は僧房、「僧房の砦」という意味の名前を持ちます。

タ・ソムTa Som

タ・ソム Ta Som

ダーラニンドラヴァルマン2世に捧げるために12世紀末に建てられました。

TNKトラベルJAPAN その他サービス

パッケージツアー・ゴルフツアー・格安Wifiレンタル・ホームステイなど現地に密着したサービスも取りそろえています!
まずはお気軽にお問い合わせください。

ホーチミン・ハノイのパッケージツアーについて
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン ゴルフツアー
格安 WIFIレンタルサービス 実施中!
ベトナム ホーチミン・ハノイ・ダナン カンボジア シェムリアップでホームスティ

現地在住スタッフがオススメするベトナム・カンボジアのお役立ち情報満載!!

人気レストラン、ローカル屋台、スパ、マッサージ、雑貨店、観光スポットなど、最新のベトナム・カンボジア情報はこちら。

ホーチミンのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ハノイのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
ダナン・ホイアン・フエ(ベトナム中部)のオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
シェムリアップのオススメの飲食店(レストラン・カフェ)・雑貨屋など様々お店をご紹介します
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ面白ブログ
TNKトラベルJAPAN 現地スタッフ紹介ページ
ホーチミンブログ 旅はデタムから
ハノイブログ HANOI 365 Days
ダナン・フエ・ホイアン ベトナム中部ブログ
笑顔系で。メコンデルタツアー集合写真
シェムリアップブログ アンコールワットだけがカンボジアじゃないっ!
黒ブログ ベトナム在住8年目の女子ブログ
back to top